「患者数を確保してください」病院の公共性と差別化のジレンマ (※写真はイメージです/PIXTA)

英国国立ウェールズ大学経営大学院にて「医療経営学修士号」を取得した臨床医である角田圭雄氏の著書『MBA的医療経営』より一部を抜粋・再編集し、医療経営についての見解を紹介します。

【医師限定】節税、開業、資産形成…全部叶える!
資産家ドクターになる「不動産投資」講座 開催中>>

今、医療に経営学が必要な6つの理由

なぜ今、医療者が経営学を学ぶ必要があるのでしょうか。

 

第一に、日本において医療マネジメントが未発達であることが挙げられます。マネジメントの欠如は、病院に限りません。日本の組織(企業)では「足りないリソース(資源)を気持ちで補わせる」「全体的問題を個人の努力に押し付ける」という日本的精神論が根付いています。最近のブラック企業における社員の過労自殺などもその一表現型かもしれません。

 

病院の会議でも「患者数を確保してください」「救急患者をとにかく全例診療してください」と一方的に戦術的な指示・命令が繰り返され、真に戦略的な会議に直面した経験はほぼ皆無です。

 

「なぜ患者数が確保できないのか?」「救急患者を全例診療するにはどのような課題があり、どのように克服できるのか?」

 

そのような問いに関して議論されることは少ないのが現状です。

 

特に、病院は医師、看護師など専門的知識を有した人々の集合体であり、経営学やマネジメントを専門とした人材は希少であることが原因の一つにあると思います。医学部の教育に経営やマネジメントといった授業は存在しません。むしろ管理栄養士の教育などには既に取り入れられ、国家試験にも出題されています。

 

日本では病院の管理者が医師でなければなりませんが、米国や英国では病院の管理者は医師とは限らず、経営学修士号(Master of Business Administration:MBA)や公衆衛生学修士号(Master of Public Health:MPH)などの学位取得者が担う場合もあります。また欧州では看護部長や事務長、医師の三頭制を基本にしています。国内での三頭制の成功事例としては総合病院聖隷浜松病院などが有名です。

愛知医科大学 内科学講座肝胆膵内科学准教授

愛知医科大学内科学講座肝胆膵内科学准教授(特任)。一般社団法人日本医療戦略研究センター(J-SMARC)代表理事。医師、博士(医学)、MBA(医療経営学修士)。

1970年大阪府生まれ。1995年京都府立医科大学卒業、2002年京都府立医科大学大学院で博士号(医学)を取得。市立奈良病院消化器科部長、京都府庁知事局知事直轄組織給与厚生課健康管理医(総括)、京都府立医科大大学院医学研究科消化器内科学講師を経て2016年10月から現職。2015年英国国立ウェールズ大学経営大学院でMBA in Healthcare Management(医療経営学修士号)を取得。立命館大学医療経営研究センター客員研究員を兼任。日本肝臓学会評議員・指導医。日本消化器病学会評議員・指導医。日本医療経営実践協会医療経営士3級。

著書に『最新・C型肝炎経口薬治療マニュアル』(2016年4月、編集および共著)『症例に学ぶNASH/NAFLDの診断と治療|臨床で役立つ症例32』(2012年4月、編集および共著)、『最新!C型肝炎治療薬の使いかた』(2012年10月、編集および共著)、『見て読んでわかるNASH/NAFLD診療かかりつけ医と内科医のために』(2014年8月、編集および共著)

著者紹介

連載幻冬舎ゴールドライフオンライン人気記事

※本記事は幻冬舎ゴールドライフオンラインの連載の書籍『MBA的医療経営』(幻冬舎MC)より一部を抜粋したものです。最新の法令等には対応していない場合がございますので、あらかじめご了承ください。

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧