※画像はイメージです/PIXTA

事業承継で後継者に株式を移転するにあたって、譲渡、相続、贈与、どの方法をとる場合でも、お金の問題は必ずついてまわります。今回は、株式移転にかかるコストを抑えるためのポイントについて解説します。

「いい会社」ほど、事業承継時の株式移転コストは高い

次に、2点目は、好業績・好財務の優良企業であればあるほど、自社株の評価額が高騰しているという点です。

 

創業経営者のなかには、会社を起ち上げるときに資本金として出資した金額や、現在の資本金額でイメージなさっている方もいます。例えば、起業時に1000万円の出資でスタートした会社で、その後も増資をせずに資本金1000万円のままなら、なんとなく、自社株式の価値は1000万円、というイメージでとらえているということです。

 

しかし、現在の株式の評価額は、あくまで現在の会社の価値をベースとして計算されるものであり、出資金額はほとんど関係ありません。そして、長く続いてきて事業承継を迎える会社は、ほぼ例外なく企業価値が大きく向上しているため、株価も高騰しています。

 

基本的には、会社の価値が高くなればなるほど株価も高くなるので、経営者が必死で努力して事業を拡大して、会社を良くすれば良くするほど、株式の評価額も高くなります。つまり、1株ごとの財産権が大きくなり、ひいては、事業承継に際しての相続税・贈与税などの移転コストが高額になります。

 

逆に、放漫経営で万年赤字体質、倒産寸前のような企業はどうでしょうか? この場合、株式評価額は相対的に低くなり、株式移転に際しての障害は小さくなります。

 

端的にいえば、「いい会社になればなるほど、株価が高騰して株式移転コストが大きくなる一方、赤字会社や債務超過の会社ほど株価が低くなり、移転コストが小さくなる」ということです。

 

しかし、万年赤字体質、倒産寸前のような会社であれば、そもそも後継者に承継する価値があるのでしょうか? あるいは、後継者が承継したくなるのでしょうか? 疑問が生じます。

 

そんなわけで、多くの経営者は「じゃあ、どうすればいいんだ……」と悩んでしまうのです。

自社株評価が一時的に下がるタイミングでの移転がカギ

そこで、対策のポイントとなるのは、本来的な企業の価値や成長性は維持したまま、自社株の評価が一時的に下がるタイミングで株式を移転することです。

 

ただし注意しなければならないのは、タイミングを逸すると効果が得られませんし、それにより、事業に悪影響が生じるような対策をすることは本末転倒だということです。そのため、タイミングとバランスとに十分配慮して計画・実施されなければなりません。

 

また、自社株の移転コストが下がる方法は、必ずしも自社株評価対策だけではありません。暦年贈与、相続時精算課税など、以前からある課税の特例制度を適切に用いることが効果を発揮する場合もあるので、その点も解説しています。

 

さらに、相続税・贈与税をかけずに移転することができる「事業承継税制」も、条件や期限の制限はありますが、適用が受けられれば、非常に大きな効果を発揮します。

 

 

税理士法人 チェスター

 

関連記事

 

 

【関連記事】

税務調査官「出身はどちらですか?」の真意…税務調査で“やり手の調査官”が聞いてくる「3つの質問」【税理士が解説】

 

年収600万円「家賃20万円タワマン暮らし」の36歳男性…住まいに関する「2つの悩み」

 

夫婦合わせて収入「月48万円」だが…日本人の「平均的な暮らしぶり」の厳しい現実

 

恐ろしい…銀行が「100万円を定期預金しませんか」と言うワケ

 

親が「総額3,000万円」を子・孫の口座にこっそり貯金…家族も知らないのに「税務署」には“バレる”ワケ【税理士が解説】

 

「儲かるなら自分がやれば?」と投資セミナーで質問すると

あなたにオススメのセミナー

    オーナー社長の悩みを解決! 事業承継成功の秘訣52

    オーナー社長の悩みを解決! 事業承継成功の秘訣52

    税理士法人チェスター

    幻冬舎メディアコンサルティング

    帝国データバンクによると、2020年の社長の平均年齢は過去最高で60歳、後継者不在率が65%となりました。社長平均年齢の上昇は、第一線で活躍し続ける社長の多さを示唆する反面、事業承継の課題が浮き彫りにしています。 し…

    人気記事ランキング

    • デイリー
    • 週間
    • 月間

    メルマガ会員登録者の
    ご案内

    メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

    メルマガ登録
    TOPへ