高学歴でも「仕事ができない社員」が共通して嫌っていたこと

高学歴でも「仕事ができない」と言われる人がいる一方で、学歴関係なく大いに活躍・貢献する人がいます。この差がどこから生まれるのかを、K&P税理士法人の香川晋平氏の書籍『東大卒でも赤字社員 中卒でも黒字社員―会社が捨てるのは、利益を出せない人』(株式会社経済界)より、編集・抜粋して解説します。

医師の方はこちら
無料メルマガ登録はこちら

周囲の時間を「効率化する」か「ムダにする」の差

組織に属する会社員であれば、「効率的」に業務を進めるためにも、周囲に配慮しながら仕事をする必要があります。しかし残念なことに、一緒に働く周囲のことを意識していない赤字社員がいます。

 

たとえば、上司とのコミュニケーションを怠り、上司の意図とまったく違うものを堂々と出す「的ハズレさん」。または、上司に叱られるのを恐れ、いつも終業時間前や締め切りの直前に提出してくる「ギリギリくん」。そして、自分一人で仕事をしているつもりの「一匹狼ちゃん」。

 

このような人たちの仕事は、ほとんどがムダで、その尻拭いを周囲の人がさせられることになってしまいます。一方で、常に周囲のことを意識しながら仕事をしている黒字社員もいます。では実際に、2人の会話を見てみましょう。

 

・管理部の風景 上司と赤字社員との会話

 

上司:明日から、どの業務内容にどれだけの時間がかかったのかの業務管理をするために、みんなに業務日報を出してもらおうと思ってるんだ。とりあえず、君の今日の業務内容を入れて、フォーマットを作ってもらえるかな?

赤字社員:わかりました。

※終業時間前ギリギリに、上司にメール送信(CCで同僚に一斉送信)

 

****************************************************************

「お疲れさまです。ご指示頂きました業務日報を送信しますので、ご確認ください。皆さん、明日から業務日報の提出が必要になりました。とりあえず、本日の業務日報を各自A部長に提出してください」

****************************************************************

 

同僚:(営業から戻り、メールをチェック)ゲッ、この業務日報って何? (赤字社員の業務日報を見ながら)こんなに細かいことまで書かないといけないの? 今日は思いっきり残業だな……。

上司:(メールをチェック)あっちゃー。あいつ、まったく意図を理解してなかったのか~。こんなフォーマットじゃあ、全然、時間の管理ができないじゃないか。あいつ、もう帰っているし……、困ったな~。

 

・管理部の風景 上司と黒子社員との会話

 

上司:残業になって悪いんだけど、ちょっと仕事頼めるかな?

黒字社員:はい! どのような仕事でしょうか?

上司:さっき、みんなにメールがあった業務日報の件なんだけど、あんなフォーマットではなく、無理なく作れるようなフォーマットを考えて欲しいんだ。

黒字社員:わかりました。何がわかるといいんですか?

上司:簡単な業務内容と時間がわかれば、いいんだけど。

黒字社員:(手書きで)それじゃあ、こんな感じのフォーマットで、時間集計できるようにしておけばいいですか?

上司:おっ、このフォーマットはシンプルでいいね。じゃあ、こんな感じで頼むよ。

黒字社員:わかりました。では、このフォーマットで、みんなに今日の業務日報を提出してもらえばよろしいでしょうか?

上司:いや、明日からでいいよ。このフォーマットだけみんなにメール送信しておいてくれるかな?

黒字社員:わかりました。

※すぐに同僚にメール一斉送信

 

****************************************************************

「お疲れさまです。先ほどのメールにもありましたように、明日から業務日報の提出が必要となりましたが、本日の業務日報の提出は不要です。業務日報のフォーマットは、これから私が作成しますので、出来上がり次第、本日中にメールさせて頂きます。」

****************************************************************

 

同僚:ホッ、良かった。とりあえず、今日はいらないんだな。

黒字社員:※数十分後、上司にメール送信(CCで同僚に一斉送信)

 

****************************************************************

「お疲れさまです。明日から提出が必要となる業務日報のフォーマットを送信します。入力例として、私の本日の業務内容を入れておりますので、参考にしてください。」

****************************************************************

 

同僚:な~んだ。A部長が言ってる業務日報って、こんなシンプルなものだったのか。これなら全然手間もかからずに作成できそうだ。

 

\ 注目!対話型セミナー/

会社員は給与だけでは老後資金は築けない…副収入を増やすために何をすべきか? 複数日開催

K&P税理士法人 代表社員/公認会計士/税理士/行政書士

1995年 関西大学卒業後、公認会計士2次試験に合格。センチュリー監査法人(現 EY新日本有限責任監査法人)入社。
1999年 公認会計士3次試験に合格。
2001年 グロービスマネジメントスクールに入学。
2003年 リフォームの株式会社オンテックスに入社。3ヵ月後、経営管理本部取締役に就任。
2005年 香川会計事務所に入所、ベンチャー企業などの会計顧問や、非常勤役員を務める。
2008年 関西大学非常勤講師に就任し、就活支援会社のセミナー講師を務める。
2009年 12士業、約100名による「尼崎商工会議所サムライ研究会」の初代会長に就任。
2010年 処女作『東大卒でも赤字社員 中卒でも黒字社員』を出版。
2011年 『「デキるつもり」が会社を潰す』を出版。
2012年 『もっと仕事は数字で考えなきゃ!』を出版。
2013年 『リーダーならもっと数字で考えなきゃ!』、『会計のプロがやっている<A4一枚>決算書速読術』を出版。
2014年 香川会計事務所の所長に就任。『営業ならもっと数字で考えなきゃ!』を出版。
2015年 『起業するならもっと数字で考えなきゃ!』を出版。
2017年 神戸新聞NEXT(電子版)でコラム『数字を使って夢実現!「人生黒字化計画」』の連載をスタート。
2018年 香川会計事務所をK&P税理士法人に組織変更し、代表社員に就任。

著者紹介

連載東大卒でも「赤字社員」原因は数字を見ないこと

東大卒でも赤字社員 中卒でも黒字社員―会社が捨てるのは、利益を出せない人

東大卒でも赤字社員 中卒でも黒字社員―会社が捨てるのは、利益を出せない人

香川 晋平

リュウ・ブックス アステ新書

高学歴なのに、「仕事ができない」と言われる人がいます。 最難関大学を突破した「東大卒」社員も、例外ではありません。 一方、「中卒」や「高卒」などでも、会社に必要とされる人がいます。 つまり、「学歴」と「会社で…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧