「ダメな社員」から仕事を教わると「ダメな社員」になるリスク

K&P税理士法人の香川晋平氏は書籍『東大卒でも赤字社員 中卒でも黒字社員―会社が捨てるのは、利益を出せない人』(株式会社経済界)で、転職がうまくいく黒字社員とうまくいかない赤字社員の差について解説しています。

【期間限定/参加特典付】
医師だけしか買えない「不動産投資物件」ご紹介WEBセミナー 

給与と仕事能力の相関関係…20代はみんな赤字社員?

テレビでお馴染みの池上彰氏は、著書『会社のことよくわからないまま社会人になった人へ』(海竜社)で、会社からもらう給与について、次のように説明しています。

 

「二十代新入社員は能力がほとんどゼロでも、初任給は二十万円を超えます。最初は、働き以上のたくさんの給料をもらうのです。やがて仕事を覚え、ベテランになるにつれて、能力と、その対価としての給料が一致するときがきます。三十代前半でしょうかね」

 

20代の方であれば、現段階で赤字社員というのは、ある程度仕方がありません。池上氏の解説にもあるとおり、大半の20代は能力が給与に見合わない、会社にとっての赤字社員なのです。会社も長期的なスタンスで採用し、将来のための投資と考えています。

 

しかし、ここで赤字社員が認識しておかなければならないのは、会社から「今までずっと給与をもらい過ぎていた」という事実です。会社への利益貢献という観点からは、「給与を前払いでもらっていた」ということです。

 

ですから早く黒字社員になって、会社にもらい過ぎていた分まで返さなければならないのです。そして、少しでも周囲の役に立てることがあれば、進んでやらないといけないのです。

 

たとえば、仕事を頼んだときに、「はい、わかりました!」と返事を速く、明るく言えるAさん。そこで、「はあ」とため息をついてから、低いテンションで「わかりました」と言うBさん。

 

返事の仕方ひとつの違いだけでも、会社への利益貢献額は雲泥の差となります。上司は何か手伝って欲しいときに、Aさんになら悩まず瞬時に仕事を頼めます。

 

一方のBさんには、上司は頼みたくありません。しかし、ほかに頼める人がいないとき、仕方なく頼みます。上司がBさんに頼む前後数分間、明らかに上司の仕事の生産性が落ちるのです。

 

上司の給与が50万円、月に20日、1日8時間働くとすると、

 

50万円÷160時間(20日×8時間)=3125円

 

これが1時間当たりの給与となります。そして、

 

3125円÷60分=約52円

 

これが1分当たりの給与となります。仮に、Bさんに何かを頼む前後の10分間に生産性が落ちると、Bさんのその返事ひとつが520円の損失を生むのです。これが毎日続いたら、一体、会社はどれだけの損失になるのでしょうか?

 

一方のAさんは、こういう損失を発生させずに会社に利益貢献していきます。雑用でも何でも、明るい返事で、進んでやる人は、多くの人から仕事を頼まれるようになるので、今は赤字社員であっても時間が経てば「人財」になっていきます。

※会社の財産。自ら進んで何事にも取り組み、会社の宝となる人

 

したがって、今は赤字社員だったという人は、まずは仕事を頼んでもらえるように心がけることが大切なのです。もちろん20代であっても、すでに立派な黒字社員で、会社にとって「人財」と期待されている方もいるでしょう。

 

そんな方の中には、「自分はもっと給与をもらってもいいのでは?」と不満に感じている黒字社員もいるかも知れません。しかし、そのような方は、その差額分は会社に貯金していると解釈しましょう。会社に「信頼」という「残高」を預けていると。

 

この「信頼残高」が積み上がると、後に大きなリターンが得られます。自分のやりたいプロジェクトの提案をしやすくなったり、仕事がやりやすくなったり……。

 

「仕事の報酬は仕事である」という有名な言葉がありますが、黒字社員は、社内で徐々に大きな仕事を任されるようになり、そこでまた利益貢献していくことによって、必然的に給与にも跳ね返ってきます。そのときまで貯金をしているつもりで、さらなる会社への利益貢献を目指しましょう。

 

\\12/18開催//
【緊急開催】“小口の好立地不動産投資”で実現する賃貸経営リスクを抑えた「相続対策」講座
シリーズ第6弾「セレサージュ目黒ウェスト」の全貌をいち早く公開!

K&P税理士法人 代表社員/公認会計士/税理士/行政書士

1995年 関西大学卒業後、公認会計士2次試験に合格。センチュリー監査法人(現 EY新日本有限責任監査法人)入社。
1999年 公認会計士3次試験に合格。
2001年 グロービスマネジメントスクールに入学。
2003年 リフォームの株式会社オンテックスに入社。3ヵ月後、経営管理本部取締役に就任。
2005年 香川会計事務所に入所、ベンチャー企業などの会計顧問や、非常勤役員を務める。
2008年 関西大学非常勤講師に就任し、就活支援会社のセミナー講師を務める。
2009年 12士業、約100名による「尼崎商工会議所サムライ研究会」の初代会長に就任。
2010年 処女作『東大卒でも赤字社員 中卒でも黒字社員』を出版。
2011年 『「デキるつもり」が会社を潰す』を出版。
2012年 『もっと仕事は数字で考えなきゃ!』を出版。
2013年 『リーダーならもっと数字で考えなきゃ!』、『会計のプロがやっている<A4一枚>決算書速読術』を出版。
2014年 香川会計事務所の所長に就任。『営業ならもっと数字で考えなきゃ!』を出版。
2015年 『起業するならもっと数字で考えなきゃ!』を出版。
2017年 神戸新聞NEXT(電子版)でコラム『数字を使って夢実現!「人生黒字化計画」』の連載をスタート。
2018年 香川会計事務所をK&P税理士法人に組織変更し、代表社員に就任。

著者紹介

連載東大卒でも「赤字社員」原因は数字を見ないこと

東大卒でも赤字社員 中卒でも黒字社員―会社が捨てるのは、利益を出せない人

東大卒でも赤字社員 中卒でも黒字社員―会社が捨てるのは、利益を出せない人

香川 晋平

リュウ・ブックス アステ新書

高学歴なのに、「仕事ができない」と言われる人がいます。 最難関大学を突破した「東大卒」社員も、例外ではありません。 一方、「中卒」や「高卒」などでも、会社に必要とされる人がいます。 つまり、「学歴」と「会社で…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!