社員1人を採用・教育するため「会社が費やす」莫大な金額

K&P税理士法人の香川晋平氏の書籍『東大卒でも赤字社員 中卒でも黒字社員―会社が捨てるのは、利益を出せない人』(株式会社経済界)より、会社に利益をもたらす「黒字社員」はいくら稼いでいるのかを解説します。

【期間限定/参加特典付】
医師だけしか買えない「不動産投資物件」ご紹介WEBセミナー 

会社があなたに投資する金額は「約2億円」

あなたを採用するために、会社はどれだけのコストをかけたのかを考えてみましょう。

 

まず、会社にとって社員1人の採用は、どれくらいの投資になるのでしょうか? 国税庁のレポート『令和元年分 民間給与実態統計調査』によると、正規社員の平均給与は約503万円です。

 

仮に、新卒で会社に採用してもらい、定年まで40年間働くとすると、

 

・40年×503万円=2億120万円

 

これが、あなたに対する会社の投資金額になるわけです。もちろん個々の会社によって、給与の差はありますし、新卒で入った方、中途で入った方などさまざまだと思いますが、次のような公式が成り立ちます。

 

・入社から定年までの年数×予想できる平均給与=あなたに対する会社の投資金額

 

会社にとってあなたの採用は、これだけの投資案件なのです。ですから、第1のポイントは、会社はあなたに2億円以上の価値があるだろうと期待して、採用していることを理解しなければいけません。

 

(写真はイメージです/PIXTA)
(写真はイメージです/PIXTA)

 

次に押さえておきたいのは、そんなあなたを見つけ出すために、どれくらいのコストをかけたかということです。2億円を超える投資案件になるわけですから、会社としてはより多くの候補者から採用を決めようとします。

 

特に、新卒採用を行なっている大手企業では、

 

・リクナビやマイナビなどの就職サイトへの求人広告費

・会社パンフレットや採用ホームページなど、採用ツールの制作費

・会社説明会を運営するための会場費

・エントリー者に対する電話やハガキなどの通信費

 

など、多額のコストをかけて応募者をたくさん集めています。新卒採用を行なっている大都市圏の企業では、平均すると1人当たり100万円くらいかけていると考えられます。中途採用の場合でも、転職サイトへの求人広告費や、人材紹介会社への紹介手数料(初年度年収の約30%)など、やはり100万円くらいかけているケースがほとんどです。

 

ですから第2のポイントは、会社はあなたを見つけ出すために、100万円以上かけているということです。

 

それだけではありません。大企業だと、採用募集枠に対して何十倍という学生がエントリーしてきます。たった1人採用するのに、その何十倍の人たちを選考することになるわけです。

 

その選考に当たる面接官には、短い面接時間で適性を判断する必要があるので、会社は優秀な従業員(=黒字社員)を選んでいます。

 

もし、この黒字社員が面接官をしなければ、その時間にほかの仕事をすることで、会社に利益貢献しているはずです。つまり、あなたを採用するために、黒字社員の機会損失まで発生しているのです。

 

これも、会社の事情によって異なるでしょうが、100万円くらいの機会損失が発生しているケースが多いのではないでしょうか。これが第3のポイントです。

 

さらに入社後は、会社の仕事内容を理解していないあなたのために、会社は研修をしたり、現場では、先輩社員が仕事を教えてくれます。この研修コストや、先輩社員が指導のために費やした時間コストもかかります。

 

おまけに会社は、この仕事を教えている研修期間でさえも、給与を支払ってくれるのです。これが学校であれば授業料を支払わなければいけませんが、逆に給与を支払ってくれるのです。

 

会社で仕事の要領を覚え、黒字社員として会社に利益貢献できるようになるまでの期間。これが研修期間であり、この間に、あなたに支払われた給与、先輩社員が指導してくれた時間コストなどが、あなたへの教育コストです。

 

新卒で入社した方であれば、平均すると3年くらいでしょうか。その間の教育コストは、約1000万円になるでしょう。これが第4のポイントです。

 

これらをまとめると、あなたが新卒で入社した場合には、

 

1.会社があなたに期待している価値→2億円

2.会社があなたを見つけ出すためにかけたコスト→100万円

3.会社があなたを選考するためにかけたコスト→100万円

4.会社があなたに活躍してもらうためにかけたコスト→1000万円

 

会社は、あなたにこれだけのコストをかけて、利益に貢献してくれるだろうと期待していることを理解しましょう。

 

\\11/2(火)開催//
2023年3月末日まで 投資金額4,200万円 ⇒ 2,900万円の 「一括償却」 “コインランドリー事業”

K&P税理士法人 代表社員/公認会計士/税理士/行政書士

1995年 関西大学卒業後、公認会計士2次試験に合格。センチュリー監査法人(現 EY新日本有限責任監査法人)入社。
1999年 公認会計士3次試験に合格。
2001年 グロービスマネジメントスクールに入学。
2003年 リフォームの株式会社オンテックスに入社。3ヵ月後、経営管理本部取締役に就任。
2005年 香川会計事務所に入所、ベンチャー企業などの会計顧問や、非常勤役員を務める。
2008年 関西大学非常勤講師に就任し、就活支援会社のセミナー講師を務める。
2009年 12士業、約100名による「尼崎商工会議所サムライ研究会」の初代会長に就任。
2010年 処女作『東大卒でも赤字社員 中卒でも黒字社員』を出版。
2011年 『「デキるつもり」が会社を潰す』を出版。
2012年 『もっと仕事は数字で考えなきゃ!』を出版。
2013年 『リーダーならもっと数字で考えなきゃ!』、『会計のプロがやっている<A4一枚>決算書速読術』を出版。
2014年 香川会計事務所の所長に就任。『営業ならもっと数字で考えなきゃ!』を出版。
2015年 『起業するならもっと数字で考えなきゃ!』を出版。
2017年 神戸新聞NEXT(電子版)でコラム『数字を使って夢実現!「人生黒字化計画」』の連載をスタート。
2018年 香川会計事務所をK&P税理士法人に組織変更し、代表社員に就任。

著者紹介

連載東大卒でも「赤字社員」原因は数字を見ないこと

東大卒でも赤字社員 中卒でも黒字社員―会社が捨てるのは、利益を出せない人

東大卒でも赤字社員 中卒でも黒字社員―会社が捨てるのは、利益を出せない人

香川 晋平

リュウ・ブックス アステ新書

高学歴なのに、「仕事ができない」と言われる人がいます。 最難関大学を突破した「東大卒」社員も、例外ではありません。 一方、「中卒」や「高卒」などでも、会社に必要とされる人がいます。 つまり、「学歴」と「会社で…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧