相手が上司でも…「他人の言うことを鵜呑みにする」のは超危険

近未来の消費者洞察データを基軸にイノベーション支援を展開する、株式会社SEEDATA代表取締役社長の宮井弘之氏は、周知の事実や世の中の常識に囚われずに成功するための思考法を説いています。

【期間限定/参加特典付】
医師だけしか買えない「不動産投資物件」ご紹介WEBセミナー 

「認知的不協和の解消」直感を信じてはいけない理由

ここで私がまずお伝えしたいことは、「直感」は必ずしも正しいわけではないということです。

 

もちろん「直感」が常に間違っているわけでもなく、「直感」に従って良かったという場合もあるので補足をしておきます。

 

私の見るところ「直感」が正しいのはたいてい「不安」を覚えたケースです。「直感」というのは、自分がまだ意識化や言語化できていないけれども、確実に受け取っているなんらかの「情報」に対する身体的反応のことですから、リスクに対しては非常に敏感です。ですから、「不安」を感じた場合は「直感」に従ったほうがいいのです。

 

逆に、希望的観測の方向性で「直感」に従うことは、往々にして危険を伴います。「この人は良さそうだから付き合ってみよう」と軽々とOKして失敗した人は数えきれません。

 

「誕生日と同じ番号の銘柄の株(宝くじ、馬券)を買ってみよう」で成功するのはただの偶然です。「とても反応がいいので受注できます」と上司に報告して裏切られたことだってあるはずです。なぜ「直感」による希望的観測が失敗するのかといえば、そこには「直感」だけでなく、あなた自身の「希望」や「欲望」が紛れこんでいるからです。

 

心理学的には、「認知的不協和の解消」と呼ばれていて、人間の認知がもっている一つのクセのようなものです。

 

「とにかく株式投資をしてみたい」と思っていれば「卵を一つのカゴに盛るな」を鵜呑みにして株式投資を始めます。「とにかくラーメン屋を開業したい」と思っていれば、バラ色の繁盛店ばかりをイメージして足元の落とし穴に落ちます。「達成しなければ」と焦っていれば、焦ったぶんだけ見落としが多くなります。

 

例えば、海外の企業を買収したが、経営がうまくいかず巨額の損失を計上した、というようなニュースをよく見ると思います。買収のゴーサインが出たときには、黒字の会社で業績も伸びているから大丈夫ということだったのですが、とにかく買いたいという気持ちが先行すれば業績向上の原因をきちんと精査できずに、「あれもいい、これもいい、問題ない」という「直感」に騙されてしまうのです。

 

\\12/4開催//
「フィリピン×シンガポール」世界の富裕層が実践する資産保全術

株式会社SEEDATA 代表取締役社長

1979年生まれ。慶応義塾大学商学部卒。2002年博報堂入社。
情報システム部門を経て、博報堂ブランド・イノベーションデザイン局に在籍。新商品・新サービス・新事業の開発支援に従事。幅広い業界のリーディングカンパニーと300を超えるプロジェクトを経験。働きながら筑波大学でMBA(経営学修士)と博士号(経営学)を取得。
社内公募ベンチャー制度で採用され、近未来の消費者洞察データを基軸にイノベーション支援を展開するSEEDATAを起業、博報堂子会社として分社。現在は、SEEDATA代表取締役社長。法政大学や相模女子大学等で非常勤講師を歴任。

著者紹介

連載「洞察力」の専門家が指南~限界をラクに超える思考法

バカにされたら「ありがとう」 あなたの限界をラクに超える最強の洞察思考

バカにされたら「ありがとう」 あなたの限界をラクに超える最強の洞察思考

宮井 弘之

幻冬舎MC

アイデアを生み出す秘訣は、「洞察力」にあり! 普通の人が考える“常識"をずらして、新しい視点、着想、アイデアを提示する思考法を、目的ごとに紹介。 本書では、世間一般でいわれている“常識"を、著者が一つひとつ覆し…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!