若い人は「正直過ぎる」…仕事で成果を挙げる人のエグい共通点 (写真はイメージです/PIXTA)

近未来の消費者洞察データを基軸にイノベーション支援を展開する、株式会社SEEDATA代表取締役社長の宮井弘之氏は、仕事で、自分の評価を上げるためには、右肩上がりになるように計画して働くべきだと説いています。

【医師限定】節税、開業、資産形成…全部叶える!
資産家ドクターになる「不動産投資」講座 開催中>>

人の期待を集めるには、常に「右肩上がり」を演出する

いうまでもありませんが、自分をどのように見せるかは意外と大事です。ファッションでいうならば、どんなに仕事のできる人でも、やはりスーツがよれよれで、無精ひげをはやしていて、靴に穴があいていたら、ビジネスで信用を得るのは大変になります。

 

それと同じことで、ビジネスでは何をするときにも見せ方を考えたほうがいいのです。分かりやすいのはプレゼンテーションです。どんなにスペックの高い商品やサービスでも、プレゼンが下手であれば、とてもつまらない商品やサービスに見えてしまいますし、相手の興味をひくことはできません。

 

まれに、プレゼンの内容には惑わされずにデータを見て興味をもってくれるお客さまもいないわけではありませんが、たいていの人は見た目と売り込みの言葉のほうに興味をひかれます。

 

プレゼンの話し方であったり、見せ方であったりはいろいろな細かいテクニックがほかの本にも書かれていますので、ここでは最も大切な心構えについてお話しします。それは、「ビジネスにおける報告は、常に右肩上がりで成長しているように見せること」です。

 

私が若い人によく感じるのは「正直過ぎる」ということです。真面目で正直なのは良いことですが、ビジネスで成果を挙げていくのであれば、もっとズル賢く、ときには「お化粧」をするテクニックも覚えていってほしいと思います。

 

この「お化粧」には洞察力を高める意味もあります。自分がどのように成果をプレゼンテーションするかによって、その後の展開をどのように有利にしていくか、将来の展望に関する洞察がうまくなります。

 

例えば、私たちはベンチャー企業の資金調達のお手伝いをしています。資金調達とは、ベンチャーキャピタルなどの投資家に対して「私たちはこれからどんどん利益を上げることができます。そのためには事業への投資資金が必要なので、ぜひお金を出してください」とお願いすることです。

 

そのときに大切なのが、「このベンチャー企業は右肩上がりに成長している」と投資家に思わせることです。そのために必要なのが「情報を出す順番のコントロール」です。

 

\\9/25(土)開催//
【相続税対策】人気不動産小口化商品「セレサージュ」シリーズ新商品、情報解禁!

株式会社SEEDATA 代表取締役社長

1979年生まれ。慶応義塾大学商学部卒。2002年博報堂入社。
情報システム部門を経て、博報堂ブランド・イノベーションデザイン局に在籍。新商品・新サービス・新事業の開発支援に従事。幅広い業界のリーディングカンパニーと300を超えるプロジェクトを経験。働きながら筑波大学でMBA(経営学修士)と博士号(経営学)を取得。
社内公募ベンチャー制度で採用され、近未来の消費者洞察データを基軸にイノベーション支援を展開するSEEDATAを起業、博報堂子会社として分社。現在は、SEEDATA代表取締役社長。法政大学や相模女子大学等で非常勤講師を歴任。

著者紹介

連載「洞察力」の専門家が指南~限界をラクに超える思考法

バカにされたら「ありがとう」 あなたの限界をラクに超える最強の洞察思考

バカにされたら「ありがとう」 あなたの限界をラクに超える最強の洞察思考

宮井 弘之

幻冬舎MC

アイデアを生み出す秘訣は、「洞察力」にあり! 普通の人が考える“常識"をずらして、新しい視点、着想、アイデアを提示する思考法を、目的ごとに紹介。 本書では、世間一般でいわれている“常識"を、著者が一つひとつ覆し…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧