職場で「変わり者」を演じることが「成功」につながるワケ

近未来の消費者洞察データを基軸にイノベーション支援を展開する、株式会社SEEDATA代表取締役社長の宮井弘之氏は、仕事とプライベートが一つであるという考え方のワークライフブレンドという考え方を説いています。

【医師限定】節税、開業、資産形成…全部叶える!
資産家ドクターになる「不動産投資」講座 開催中>>

自分のブランディングをする際に意識すること

人間関係の始まりは、自意識です。自意識とは、自分が他人からどう見られているかを意識することで、人は見た目が9割ともいわれるように、人間関係をつくるためのスタート地点になります。

 

まずは自分自身のブランディングを行い、次に具体的に、会社での上司や先輩、同僚をはじめ、あらゆる対人関係を良好にするための洞察思考へと考えを巡らせていきます。

 

■自分の見られたいペルソナを意識する

 

人間はとても複雑な存在で、いろいろ矛盾した面があります。仕事では鬼部長だと思われている人が、家庭では非常に子煩悩だったり、その逆に部下には優しい仏の部長が子どもの教育には厳しかったりします。

 

よく「あの人はああいう人だ」と人を決めつけるような発言をする人がいますが、それはその人の一面であってすべてではありません。人間はそんなに単純な存在ではなく、時と場合と状況に合わせたさまざまなペルソナ(仮面)をもっています。

 

ワークライフブレンドのように、ワークとライフをブレンドすると、仕事でもプライベートでも同じようなペルソナ(仮面)をかぶることになります。

※仕事とプライベートを一つだと考える働き方

 

もちろん、厳密にいえば仕事のときと遊びのときとでは顔は違うのですが、どちらにも「自分」という一貫性をもたせているように見えます。もちろん、ワークライフブレンドで遊びのなかにある自分を洞察し、仕事へプラスの影響を与えていくことで殻を破ることはできます。

 

しかし、慣れてきたら今度は、仕事用の自分というものをデザインしようと考えてみるとさらに自分自身を洞察することにつながっていきます。

 

そこで、ある程度仕事に慣れてきた方はいつもの「自分」とは別に、「仕事用のペルソナ」を一つつくってみることをおすすめします。

 

あえて「仕事用のペルソナ」と表現したのは、そうしておかないと、つい地が出てきてしまう人が多いからです。もちろん「地を出す」ことで、堅苦しい仕事の壁を打ち破って一皮むける人もいるのですが、それよりも最初から明るく外向的な「仕事用のペルソナ」をつくっておくほうが、話が早くなります。

 

\\9/25(土)開催//
【相続税対策】人気不動産小口化商品「セレサージュ」シリーズ新商品、情報解禁!

株式会社SEEDATA 代表取締役社長

1979年生まれ。慶応義塾大学商学部卒。2002年博報堂入社。
情報システム部門を経て、博報堂ブランド・イノベーションデザイン局に在籍。新商品・新サービス・新事業の開発支援に従事。幅広い業界のリーディングカンパニーと300を超えるプロジェクトを経験。働きながら筑波大学でMBA(経営学修士)と博士号(経営学)を取得。
社内公募ベンチャー制度で採用され、近未来の消費者洞察データを基軸にイノベーション支援を展開するSEEDATAを起業、博報堂子会社として分社。現在は、SEEDATA代表取締役社長。法政大学や相模女子大学等で非常勤講師を歴任。

著者紹介

連載「洞察力」の専門家が指南~限界をラクに超える思考法

バカにされたら「ありがとう」 あなたの限界をラクに超える最強の洞察思考

バカにされたら「ありがとう」 あなたの限界をラクに超える最強の洞察思考

宮井 弘之

幻冬舎MC

アイデアを生み出す秘訣は、「洞察力」にあり! 普通の人が考える“常識"をずらして、新しい視点、着想、アイデアを提示する思考法を、目的ごとに紹介。 本書では、世間一般でいわれている“常識"を、著者が一つひとつ覆し…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧