新卒で人気産業の会社に入ることが「失敗」かもしれない理由

近未来の消費者洞察データを基軸にイノベーション支援を展開する、株式会社SEEDATA代表取締役社長の宮井弘之氏は、周知の事実や世の中の常識に囚われずに成功するための思考法を説いています。

【期間限定/参加特典付】
医師だけしか買えない「不動産投資物件」ご紹介WEBセミナー 

「何をやるか」よりも、「いつやるか」が大切な理由

2018年、日本で最初のユニコーン企業(時価総額1000億円以上)といわれているメルカリの上場前後の時期からベンチャーブームといえるほど、ベンチャー起業は盛り上がりを見せています。

 

私も起業には昔からそこはかとなく憧れていましたが、学生起業なんて特別な人のやることだろうと感じて、就職してサラリーマンをしていました。しかし、心の奥でやりたいと思っていることはいつかやることになるらしく、社内起業が成功して、現在は子会社の社長として毎日を忙しく過ごしています。

 

起業家支援やエンジェル投資なども行っているので、起業家の方ともしょっちゅう会う機会があります。メディアによく登場する一部の起業家の方のイメージなどから、一般的に起業家といえば、皆さん雄弁で自信に満ち溢れている印象がありますが、実際に成功している起業家はそのような方ばかりではありません。

 

起業計画に対しては臆病なほどに慎重な方が多いですし、性格も謙虚で物静かな方も多いのです。例えば、誰もが知っているSNS企業の創業者の方は「自分が成功したのは運が良かったからだ」と話してくれました。

 

その方の言によれば「自分はそれほど特別な人間ではない。ちょうどSNSが流行る直前に良いタイミングで始められたから成功できた。もしSNS以外で起業していたら、自分の能力的に失敗していた可能性が高い」と冷静に分析されていました。

 

実際に、私もさまざまな起業家の方とお話しして感じるのは、起業に成功するために必要なのは、起業家本人の資質や人間力はもちろんですが、どんなに本人の能力が高くてもそれだけでは不足で、ビジネスモデルと起業のタイミングがそろわなければならないということです。

 

しかし、起業家の資質やビジネスモデルが大切というのはよくいわれていますが、起業のタイミングについてはあまり語られることがありません。なぜかといえば、起業のタイミングを計ることは難しく、それはほとんど運という言葉で片付けられるからです。

 

市場は気紛れなものです。どんなに革新的なサービスであっても、起業が早過ぎれば世の中に受け入れられることなく終わってしまいますし、逆に市場が成熟してからでは競争相手が多過ぎて事業を伸ばすことが難しくなります。

 

ちょうど市場ができあがってきた頃に、他社よりも先駆けてサービスを開始することができればよいのですが、それを達成するのは半ば運頼みのところがあります。

 

\\11/2(火)開催//
2023年3月末日まで 投資金額4,200万円 ⇒ 2,900万円の 「一括償却」 “コインランドリー事業”

株式会社SEEDATA 代表取締役社長

1979年生まれ。慶応義塾大学商学部卒。2002年博報堂入社。
情報システム部門を経て、博報堂ブランド・イノベーションデザイン局に在籍。新商品・新サービス・新事業の開発支援に従事。幅広い業界のリーディングカンパニーと300を超えるプロジェクトを経験。働きながら筑波大学でMBA(経営学修士)と博士号(経営学)を取得。
社内公募ベンチャー制度で採用され、近未来の消費者洞察データを基軸にイノベーション支援を展開するSEEDATAを起業、博報堂子会社として分社。現在は、SEEDATA代表取締役社長。法政大学や相模女子大学等で非常勤講師を歴任。

著者紹介

連載「洞察力」の専門家が指南~限界をラクに超える思考法

バカにされたら「ありがとう」 あなたの限界をラクに超える最強の洞察思考

バカにされたら「ありがとう」 あなたの限界をラクに超える最強の洞察思考

宮井 弘之

幻冬舎MC

アイデアを生み出す秘訣は、「洞察力」にあり! 普通の人が考える“常識"をずらして、新しい視点、着想、アイデアを提示する思考法を、目的ごとに紹介。 本書では、世間一般でいわれている“常識"を、著者が一つひとつ覆し…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧