王貞治氏の笑顔と謙虚…なぜ成功している人ほど「謙虚」なのか

50年生きていると、自分の好きなこと、嫌いなことは明確になってきます。嫌いなことを辛抱するのはやめ、好きなこと、楽しいことを率先することが「実る人」になるためには不可欠。また、実る人ほど「謙虚」「素直」です。エゴを感じさせない「実る」大人について、筆者が出会った大物野球選手の実例も挙げながら解説します。※本連載は松尾一也著『50代から実る人、枯れる人』(海竜社)の一部を抜粋し、再編集したものです。

【医師限定】節税、開業、資産形成…全部叶える!
資産家ドクターになる「不動産投資」講座 開催中>>

好きなこと、楽しいことを選んでいい!と自分に認証

【50代から枯れる人=つまらないままでいる

 

私の周りで活躍している人、実っている人を見つめてみたとき、浮かび上がる共通のキーワードは「いつも楽しそう!」です。

 

それなりに陰で努力は重ねているのでしょうが、憂鬱そうでもなく、不満タラタラでもありません。

 

作家であれば、自分のテーマのことをイキイキと語ります。会うと、いつも次の本のアイデアが溢れています。たとえ同じ話をする場合でも本人が退屈することなく次々と言葉が継がれます。

 

事業家であれば、夢やビジョンを口にすることが多いです。ある人物はひとつの会社を大成功させたにもかかわらず、あらたに電子楽譜のビジネスに乗り出して仲間と模索していることを楽しそうに話します。

 

弁護士、税理士もそうです。自分のかかえていた案件の様子を守秘義務契約以外のことは上手に再現させて教えてくれます。そしてさすがと思わせる深い専門知識のもと、楽しそうに解説します。

 

長年の友人、日本で唯一博士号を持つゴルフレッスンプロの安藤秀(あんどうしゅう)さんもゴルフ理論を語り出したら誰か止めて〜というくらい熱くなります。

 

恐らく、そのことが好きで好きでたまらず、また自身の関心が高い領域の仕事を選んだのでしょうが、まさにライフワークというにふさわしい天職になっています。

 

50年も生きてくると、自分の好きなこと、嫌いなことが明確になってきます。

 

若い頃は、嫌いな人や苦手な仕事でも我慢して対応していましたが、もう辛抱するのには疲れました。これからは自分が好きなこと、楽しみになることを率先して選んで実践していいのです。

 

(※写真はイメージです/PIXTA)
(※写真はイメージです/PIXTA)

 

人からなんと言われようとかまいません。そのためには自分の心の中で埋もれてしまっている好きなこと、楽しみなことリストを一気に20個は書き出してみましょう。

 

まずは「人生は好きなこと、楽しいことを選んでいい!」という認証を自分に出すことをオススメします。

株式会社ルネッサンス・アイズ 

1961年東京都生まれ。大学時代より安岡正篤、中村天風のセミナーを受講、あわせて世界各地を旅して「人間教育」に目覚める。富士通を経て、株式会社ルネッサンス・アイズを設立。

26歳で起業以来、「人間学の探求」をライフワークに、日本をリードする人物の講演会などを数多くプロデュース、現在では800名を超える講師陣ネットワークを築く。

また、自身も本物の人物から薫陶を受けた英知をわかりやすく伝え、人間力・リーダーシップ・モチベーション・コミュニケーションなど「人と組織の成長」にフォーカスしたテーマで日本各地を講演している。次世代リーダー育成スクール「Nexting」を展開中。

著書に、『出逢い力─あなたに逢えてよかったと言われる人生』(明日香出版社)、『トップリーダーが実践している奇跡の人間育成─大差を微差に縮め、微差を大差に広げる技法』(きずな出版)がある。

著者紹介

連載人生100年時代で差がつく!50代からの人生マネジメント

50代から実る人、枯れる人

50代から実る人、枯れる人

松尾 一也

海竜社

50代というのは、仕事においても家庭においてもこれまでと違うことが噴出します。 責任ある大きな仕事を仕切る/子供の教育の総仕上げ/親の介護、看病、見送り…といったライフイベントが迫るかと思えば、一方では、別会社…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧