50代を「人生で一番愉快な黄金期」にできる人は何が違うのか (※画像はイメージです/PIXTA)

50代から実る人の特徴は、「エリート、金持ち、有名」ではなく、「いい人間関係、元気、心の平安」の3つのポイントの実現できる人。そのためには、人生の思考、感情、言葉、行動を自分で整えていくことが大切だというが。※本連載は松尾一也著『50代から実る人、枯れる人』(海竜社)の一部を抜粋し、再編集したものです。

【期間限定/参加特典付】
医師だけしか買えない「不動産投資物件」ご紹介WEBセミナー 

アンチエージングではなくウエルカムエージング

▼枯れる人=自分の種を信じていない

 

人は生まれてきたからには花を咲かせて、実をならせたいものです。

 

実った人生にしたいものです。

 

私も30年間、教育事業にいそしんできましたが、年々ハッキリと思うことがあります。

 

それは誰でも、いつか、必ず、その人なりの花が咲く! という感覚です。

 

その花というのもバラやヒマワリのような目立つ花じゃないかも知れませんが、野に咲くスミレやレンゲのような花も味わいが深いし、心を奪われることがあります。

 

花にはトゲや毒を持つものまでありますがそれも個性です。

 

人も、咲く時期が早い人、遅い人、また長く咲く、瞬時に咲いて閉じるなどの違いはありますがその人なりの花を必ず咲かせていることがわかります。

 

室町時代に能狂言を完成させた世阿弥の『風姿花伝』にもありますが、その道を極めるには心に秘めること。それは志を持つこと。

 

そして日々の水やり、日を浴びる、風雪に耐えるなどの精進、工夫のみが「まことの花を咲かせる奥義」と教えてくれています。

 

ぜひ、ご安心ください。

 

私たちは生きているだけで花を咲かせ、実を結ぶ生命活動を行っているのです。

 

枯れること、散ることを恐れずにアンチエージングではなくウエルカムエージングの気概を持って、これからまだまだ長いこの人生を謳歌しないことには神様にも申し訳ありません。

 

なによりもこの自分という唯一無二の花に出逢えた感動と感謝を大切に生きていきたいものです。

 

【オンライン(LIVE配信)】10/16(土)開催
安易な先延ばしは厳禁!工事費大幅増の危険も
マンション大規模修繕「信頼できる施工会社」の選び方 
詳しくはこちら>>>

株式会社ルネッサンス・アイズ 

1961年東京都生まれ。大学時代より安岡正篤、中村天風のセミナーを受講、あわせて世界各地を旅して「人間教育」に目覚める。富士通を経て、株式会社ルネッサンス・アイズを設立。

26歳で起業以来、「人間学の探求」をライフワークに、日本をリードする人物の講演会などを数多くプロデュース、現在では800名を超える講師陣ネットワークを築く。

また、自身も本物の人物から薫陶を受けた英知をわかりやすく伝え、人間力・リーダーシップ・モチベーション・コミュニケーションなど「人と組織の成長」にフォーカスしたテーマで日本各地を講演している。次世代リーダー育成スクール「Nexting」を展開中。

著書に、『出逢い力─あなたに逢えてよかったと言われる人生』(明日香出版社)、『トップリーダーが実践している奇跡の人間育成─大差を微差に縮め、微差を大差に広げる技法』(きずな出版)がある。

著者紹介

連載人生100年時代で差がつく!50代からの人生マネジメント

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧