「怪しい儲け話」には乗らない…詐欺師が使う3つのテクニック (※画像はイメージです/PIXTA)

年齢を重ねていくと、周期的に「怪しい儲け話」がやってくるという。そもそもそんなにうまい話がゴロゴロ転がっているわけはなく、本当にうま味があれば当事者だけで儲けを独り占めにします。とにかく、50歳過ぎての博打は身を滅ぼすから気をつけたほうがいいというが…。※本連載は松尾一也著『50代から実る人、枯れる人』(海竜社)の一部を抜粋し、再編集したものです。

【期間限定/参加特典付】
医師だけしか買えない「不動産投資物件」ご紹介WEBセミナー 

50代になったらサボり名人になる

▼枯れる人=サボり下手

 

花が咲き、実をならせるコツはふたつです。

 

つまり「コツ・コツ」なのです。

 

「こつこつ こつこつ 書いてゆこう
こつこつ こつこつ 歩いてゆこう
こつこつ こつこつ 掘ってゆこう」
詩人 坂村真民

 

若い頃の微差はやがて大きな差となって成果が変わってきます。

 

勤勉にまさるスキルはないとも言えますが、中年を過ぎてきたらある意味「サボり」を覚えるのも大事な人生のコツです。

 

ちょっとしたすきに、休憩したり、昼寝をしたり、本を読んだり、コーヒーを飲んだりして一服する習慣は素敵なものです。

 

昔からのクセで、つい親や上司から怒られそうな気がしてしまいますが、そんな強迫観念ともオサラバです。

 

私の父は、若い頃は会社経営に追われて、ほぼ365日働きづめでした。

 

還暦を過ぎた頃によくソファに寝転がっては、「寝るより楽はなかりけり、浮世のバカは起きて働く」と笑いながら言っていました。

 

私は20代の頃から、ちょっと時間が空くと「足裏マッサージ」や「図書館」などで一息入れる習慣がありました。

 

通常の就業規則からしたら問題児なのでしょうが、幸い自営業だったもので、一日を充実させる「積極的なサボり」だったのです。

 

私は仕事柄、企業研修を多くしますが、その合間に会場周辺を散歩するのが大好きです。とある研修所周辺は桜、タンポポ、桃、紫陽花、ヒマワリ、紅葉とどの季節に行っても感動します。

 

休憩時間の散歩が楽しみで講義に行くようなものです。


 
50歳を超えたら、もうこそこそしないで「サボりの名人」を目指しましょう。

 

お金に困らないシステムをつくる

▼枯れる人=退職後にお金が入ってくる流れがない

 

周りで経済的に実っている人を観察してみると、

 

①元々の資産家
②サラリーマンだけど企業で出世して高い報酬を得ている
③親からのビジネスを継承して、潰さず伸ばしている
④自分で起業して成功させている
⑤株式、為替などの運用で成果をあげている

 

こんな感じです。

 

お金がすべてではありませんが、やはりお金があるのとないのではメンタリティや行動に差がでてきてしまいます。

 

邪魔にならないくらいのお金を携えて人生の後半生に臨みたいものです。

 

まさに人生に必要なものはチャップリンの『ライムライト』での名言「勇気と想像力」と「SOME MONEY(少しのお金)」です。

株式会社ルネッサンス・アイズ 

1961年東京都生まれ。大学時代より安岡正篤、中村天風のセミナーを受講、あわせて世界各地を旅して「人間教育」に目覚める。富士通を経て、株式会社ルネッサンス・アイズを設立。

26歳で起業以来、「人間学の探求」をライフワークに、日本をリードする人物の講演会などを数多くプロデュース、現在では800名を超える講師陣ネットワークを築く。

また、自身も本物の人物から薫陶を受けた英知をわかりやすく伝え、人間力・リーダーシップ・モチベーション・コミュニケーションなど「人と組織の成長」にフォーカスしたテーマで日本各地を講演している。次世代リーダー育成スクール「Nexting」を展開中。

著書に、『出逢い力─あなたに逢えてよかったと言われる人生』(明日香出版社)、『トップリーダーが実践している奇跡の人間育成─大差を微差に縮め、微差を大差に広げる技法』(きずな出版)がある。

著者紹介

連載人生100年時代で差がつく!50代からの人生マネジメント

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧