大ヒットゲーム制作者が「子どもを夢中にさせる」驚きの方法

ファイナルファンタジー、キングダムハーツ、スーパーマリオシリーズなどの制作に携わった菱沼寛章氏は書籍『ゲームは子育てを助けられる ゲーム制作から考える子育て攻略本』のなかで、ゲームと教育の意外な関連性を指摘しています。

医師の方はこちら
無料メルマガ登録はこちら

「ゲーム」と「子育て」の奇妙な共通点

奇妙に思われるかもしれませんが、ゲームをつくっている側の目線で見ますと、意外とシンプルなところでゲーム制作と子育ては似ています。それは、ゲームはユーザーに、○×(勉強であれ、遊びであれ)はお子さんに、「やってもらう」という点です。自ら「やる」のではなく、誰かに「やってもらう」ということは、自分でコントロールをすることがより難しくなるものです。

 

(※写真はイメージです/PIXTA)
(※写真はイメージです/PIXTA)

 

ゲームのことがよくわからない親御さんでも、子育てで考えれば思い当たる節があるかと思います。

 

自分で「やる」ほうが早いですし、簡単だと感じることが多いのは明白です。一生懸命「やってほしい」のになかなか夢中になってやってくれない、お子さんに手伝ってほしいと思いながらも説明が面倒だから親御さん自らでやってしまう、なんてことは日々の生活で普通によくあることです。

 

ゲームも同じで、つくっている側がプレイする分には支障も少なくスムーズに進められます。

 

内容を知っているので当たり前のことですが、「やってもらう」側はその当たり前を知りませんし、理解を深めたり上達することが求められるので、より難しさを感じてしまいます。

 

「やってもらう」障害を乗り越えて、数多くある娯楽のなかから選んでもらうためには、大きな工夫が必要です。そのため、技術の進歩や流行りに合わせる以外にも、ゲーム制作には多岐にわたる試行錯誤が求められ行われています。

 

ではなぜ、そんな「やってもらう」ゲームが人を夢中にさせ、娯楽として飽きられずに「やる」を促すことができるのか?

 

その理由はシンプルに、ゲームは「面白い」からだと考えます。

 

ただ、この「面白い」という言葉は深い意味や多様性を持っていて、一筋縄ではいきません。何をもって「面白い」と思うのか、娯楽をつくっている人の多くが明確に仕組みを説明することができないと思います。それができれば、ヒットしか生み出さない錬金術師のようなクリエイターがいることになります。近い方は、ごくまれにおられますが……。

 

では、ゲームがお子さんたちに「面白い」と受け入れられているのはなぜでしょう?

 

\ 7/29(木)開催/

コロナ禍でも「高賃料×空室ゼロ」24時間楽器演奏可能・防音マンション『ミュージションの全貌

日本には1億2000万の「LIFE」がある――。幻冬舎ゴールドライフオンラインは、その一つひとつのLIFEに光を当てる、市井(しせい)の人々が主役のWEBメディアです。
掲載ジャンルは、論説、小説、仕事、お金、文化、食、エッセイ、健康など。毎日15本以上の記事をお届けしています。

著者紹介

連載幻冬舎ゴールドライフオンライン人気記事

本記事は幻冬舎ゴールドライフオンラインの連載の書籍『ゲームは子育てを助けられる ゲーム制作から考える子育て攻略本』より一部を抜粋したものです。最新の税制・法令等には対応していない場合がございますので、あらかじめご了承ください。

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧