つい最近まで、新型コロナにあまり興味を示さなかった認知症父は、39度の熱を出し、コロナ疑惑からPCR検査をして以来、新型コロナ関連の新聞記事やニュースに敏感になったという。大好きなにごり酒を飲みながらニュースを見ていた認知症父は妄想はどんどん広がって…。連載「見つめてひらめく介護のかたち『楽しむ介護』実践日誌」の著者の黒川玲子さんに認知症の父を在宅で介護する取り組みを現場報告する連載特別編をお届けします。

「ソ連からコロナに効果がある血清を取り寄せる」

数十年前、その頃お世話になっていた会社のご厚意で、中国の介護現場の視察に行ったことはある。たしか、視察の最終日に、釣魚台国賓館で行われていた自民党の二階派のパーティみたいのに参加をしたのは事実だ。

 

しかし、パーティの主催者が二階幹事長だっただけで、一緒にご飯を食べたわけではないのだが。じーじの頭の中では「俺の娘は、中国のちょんぎょどん(釣魚台国賓館)で、二階堂(二階幹事長)と飯を食った。だから知り合いである」になっているらしい。

 

「中国のちょんぎょどん(釣魚台国賓館)に行けるってだけですごいんだぞ」

 

いつものことだが話は、どんどんあらぬ方向へ向かい、「釣魚台国賓館に入れたことはとてつもなく凄いことで、自分も一度は行きたかった」と何度も言うじーじ。満州生まれのじーじにとっては憧れの場所なのかもしれない。

 

そういえば、釣魚台国賓館で買ってきてあげたお土産を今も大切にしているし、認知症になる前、誰かが家に来るとそのお土産を自慢げに見せていたことを思い出した。しかし、数十年も前の話である。認知症は、短期記憶はなくなるが、長期記憶はあるというのは本当だと実感しながら、このまま、「二階幹事長に電話しろ」の話しを忘れてくれればいいなあと思っていたら……。

 

「中国のちょんぎょどん(釣魚台国賓館)で二階堂(二階幹事長)と飯を食ったんだからな、お前は、選ばれたすごいやつなんだ」

 

げ! 忘れてなかった!!

 

そりゃあ、なん百人もいる社員の中から中国の介護現場の視察に行けた一人だが、選ばれた理由は勤続年数が長かったからで、私がすごかったわけではない。

 

「いいから、早く二階堂(二階幹事長)に電話をしろ!」

 

とますますヒートアップの様相。

 

「知り合いなんだから、電話して私が総理になります! って言えばいいじゃないか」

 

「私、総理なんかになりたくないからいいよ」と言うと

「お前のように弁の立つやつが、今の日本には必要なんだ」

「お前が総理になったら、俺は総理の父だ」

 

そりゃそうだ。

 

「そして、お前が総理になったら、ソ連から、コロナに効果があるらしい、血清を取り寄せてやるから」

 

コロナに効く血清があるとは初耳である。吹き出しそうになったのを堪えながら、

 

「残念だけどさあ、二階堂(二階幹事長)さんの電話番号知らないよ」と言うと。

 

一瞬、オヤ? という表情をしたものの

 

「俺が、お前を首相にしてやる。二階堂(二階幹事長)に推薦状書いてやるから、レター用紙(便箋らしい)を持ってこい!」

 

相変わらず、話が壮大なじーじなのである。

 

黒川 玲子
医療福祉接遇インストラクター
東京都福祉サービス評価推進機構評価者

 

【関連記事】

■税務調査官「出身はどちらですか?」の真意…税務調査で“やり手の調査官”が聞いてくる「3つの質問」【税理士が解説】

 

■親が「総額3,000万円」を子・孫の口座にこっそり貯金…家族も知らないのに「税務署」には“バレる”ワケ【税理士が解説】

 

■恐ろしい…銀行が「100万円を定期預金しませんか」と言うワケ

 

■47都道府県「NHK受信料不払いランキング」東京・大阪・沖縄がワーストを爆走

 

認知星人じーじ「楽しむ介護」実践日誌

認知星人じーじ「楽しむ介護」実践日誌

黒川 玲子

海竜社

わけのわからない行動や言葉を発する前に必ず、じーっと一点を見据えていることを発見! その姿は、どこか遠い星と交信しているように見えた。その日以来私は、認知症の周辺症状が現れた時のじーじを 「認知症のスイッチが入っ…

人気記事ランキング

  • デイリー
  • 週間
  • 月間

メルマガ会員登録者の
ご案内

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

メルマガ登録