無関心だった認知症父、PCR検査後はコロナ情報に敏感反応

つい最近まで、新型コロナにあまり興味を示さなかった認知症父は、39度の熱を出し、コロナ疑惑からPCR検査をして以来、新型コロナ関連の新聞記事やニュースに敏感になったという。大好きなにごり酒を飲みながらニュースを見ていた認知症父は妄想はどんどん広がって…。連載「見つめてひらめく介護のかたち『楽しむ介護』実践日誌」の著者の黒川玲子さんに認知症の父を在宅で介護する取り組みを現場報告する連載特別編をお届けします。

【医師限定】節税、開業、資産形成…全部叶える!
資産家ドクターになる「不動産投資」講座 開催中>>

「お前、総理になれ」じーじワールド全開で

昨年の今頃、我が家のじーじは、コロナをコロリだと勝手に思い込んでいて、「コロリはな、大昔ヨーロッパで流行して大変な騒ぎになったんだ。俺に言わせれば何をいまさら大騒ぎをしているのかわからん」と言っていた。つい最近まで、コロナウイルスにはあまり興味がなかったようで、デイサービスで行われる定時の換気を、「まったく、最近の若いもんは、無断で窓を開けるから寒くてたまらん」と文句を言っていた。

 

しかし、先日、39度の熱を出し、コロナ疑惑からのPCR検査をして以来、コロナウイルス関連の新聞記事やニュースにやけに敏感に反応するようになった。新聞に掲載されているコロナ関係の雑誌の広告記事見つけては、この本を買ってくれと言うほどである。

 

何かをたくらんでいる表情の認知症父のじーじ。写真提供=黒川玲子
何かをたくらんでいる表情の認知症父のじーじ。写真提供=黒川玲子

 

ある晩、テレビを見ながら大好きなにごり酒を飲み、大変ご機嫌なご様子のじーじ。ニュースで首相がコロナウイルスの話しているのを見ながら

 

「コロナは困ったもんだ」と言っていたところまでは良かったのだが、

 

「しかし、あいつは、しゃべるのが下手だなあ~。主語と述語がひっくりかえってるなあ」

 

とテレビに向かって呟いている。何のことやら訳がわからないが、黙ってじーじの話を聴いてみることにした。

 

「あれはなあ、軍隊で使う言い回しだな、俺の時もそうだった」

 

じーじは、軍隊には入隊してない。しかし、「軍隊に入隊してないでしょう」などと言おうものならきっと「怒りん坊星人」に変身し、攻撃をくらって面倒くさいことになるのでここはひとまずスルーすることにした。

 

「軍隊にいたわりには、話し方に元気がないなあ」

 

あらまあ、菅さんが軍隊に入隊していたことになっている。

 

「あと、表情が変わらんのもいかんな。もしかすると病気かあ? 顔色が良くないな。熱があるんじゃないか? PCR検査したほうがいいぞ」

 

などと言いたい放題なのである。

 

しばらくテレビを見ながら、ブツブツ言っていたじーじだが、突然、

 

「おい! お前、選挙に出て総理になれ!!」

 

へ? あっけにとられる私に向かって

 

「だから、いいか、お前、選挙に出て総理になれ!!と言っているんだ」

「今すぐ、二階堂(二階幹事長だと思われる)に電話しろ」

 

へ!!! 二階堂という焼酎は知っているが、私が二階幹事長と知り合いのはずがない。

 

「お前は、中国のちょんぎょどん(釣魚台国賓館、だと思われる)で、二階堂(二階幹事長)と飯を食っただろ」

医療福祉接遇インストラクター
東京都福祉サービス評価推進機構評価者

埼玉県生まれ。博報堂勤務を経て、埼玉県内の介護事業会社勤務。医療福祉接遇インストラクター、東京都福祉サービス評価推進機構評価者。2001年より成長期の大手介護事業会社において、広告宣伝室室長として、社外向けの広報誌の作成、入居者促進業務に携わる。
2015年、株式会社ケー・アール・プランニング設立。編集プロダクションとして介護・福祉を専門とした雑誌の編集を行う傍ら、接遇マナーインストラクターとして、介護付有料老人ホームやデイサービス等で介護の現場に即した研修を行っている。

著者紹介

連載見つめてひらめく介護のかたち「楽しむ介護」実践日誌

認知星人じーじ「楽しむ介護」実践日誌

認知星人じーじ「楽しむ介護」実践日誌

黒川 玲子

海竜社

わけのわからない行動や言葉を発する前に必ず、じーっと一点を見据えていることを発見! その姿は、どこか遠い星と交信しているように見えた。その日以来私は、認知症の周辺症状が現れた時のじーじを 「認知症のスイッチが入っ…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!