寝たきり患者の同居家族「胃瘻をつくるべきか…」葛藤の末に

麻酔科医から在宅医へと転身した矢野博文氏は書籍『生きること 終うこと 寄り添うこと』のなかで、「最期までわが家で過ごしたい」という患者の願いを叶えるために、医師や家族ができることは何か解説しています。

無料メルマガ登録こちら
医師の方はこちら

認知症患者家族の当初の意向「胃瘻による治療はなし」

堀田さんには二月の寒い日に初めてお目にかかりました。

 

初診時、外は寒いのに室内は快適に保たれ、家族の愛情を感じました。認知症がかなり進んでおり、コミュニケーションはまったく取れません。そのうえ寝たきりです。堀田さんには若いころから関節リウマチがありましたが、病院嫌いで通院はしませんでした。八〇歳になってリウマチの専門病院を受診しましたが、もう治療できる余地はないと言われました。

 

初診時、手や足の指は著しく変形し、少しでも医学的知識があれば関節リウマチだとすぐにわかるような状態でした。変形した足指の突出部と仙骨部には褥瘡がありました。

 

介護は娘さん夫婦が行っていました。娘さんは堀田さんに似て華奢な体つきでおとなしそうな印象の人でした。仕事を持っていたため、日中の介護は娘婿の太郎さんが担っていました。

 

太郎さんは元トラックの運転手で、退職後は娘さんに代わって堀田さんの世話を長い間続けてきました。立派な体格で、顔はいかつく、声は大きく、突然声をかけられたら萎縮してしまいそうな迫力がありましたが、本当は気さくな優しい人でした。

 

娘さん夫婦には子どもがなく、ずっと三人家族で生活されてきたようで、元気だったころの堀田さんは気難しい性格であったようですが、認知症が進行してからは娘さん夫婦の子どものような存在になっていたようです。

 

初診時すでに堀田さんの経口摂取量は低下傾向にあり、認知症の進行に伴う摂食障害と考えられました。いずれはまったく食べられなくなることを見越し、今後の栄養管理については初診時から家族と相談をしていました。

 

初診時の家族の希望は、胃瘻や経鼻経管による人工栄養法や中心静脈栄養法は導入しないということでした。

 

初診時の希望「胃瘻や経鼻経管は使わない」
初診時の希望「胃瘻や経鼻経管は使わない」

「日々痩せ細り弱っていく義母を見るに忍びなくて…」

初診以後の堀田さんの経過は穏やかでした。

 

普通の食事はすでに食べられなくなっていましたが、経管栄養用の栄養剤を口から飲むことは可能でした。意味不明、とんちんかんな発声で皆を笑わせたり、四月には近所に花見にも出かけました。

 

しかし六月に突然の発熱が出現し、誤嚥性肺炎で病院に入院しました。そして入院中、家族は栄養管理について再考を迫られることとなりました。

 

従来の希望どおり人工的なものは何もせず、自然な形で看るのか……、あるいは、人工的な手段があるのなら、それを選択するのか……。堀田さんの身体状態が変化するたびに、この問題が浮上してきます。特に認知症で自分のことが自分で決断できない患者の家族には、その重圧が本人をスルーして直接押し寄せてきます。

 

\ 注目セミナー/

第1期、第2期完売の三軒茶屋・人気不動産小口化商品「第3期販売」解禁 5/14(金)開催

たんぽぽクリニック 医師

1957年7月徳島市生まれ。1982年川崎医科大学を卒業。以後病院で麻酔科医として勤務。

2005年3月よりたんぽぽクリニックで在宅医療に取り組む。休日は釣りなどをして海で過ごすことが多い。

著者紹介

連載幻冬舎ゴールドライフオンライン人気記事

本記事は幻冬舎ゴールドライフオンラインの連載の書籍『生きること 終うこと 寄り添うこと』より一部を抜粋したものです。最新の税制・法令等には対応していない場合がございますので、あらかじめご了承ください。

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧