同僚異動も「後任補充ナシ」…人事部が語った驚愕の理由

中山てつや氏は著書『なぜ職場では理不尽なことが起こるのか?』のなかで、職場における諸問題について語っています。当記事では、中山氏のキャリアコンサルティングとしての実務経験をもとに、日本の企業における問題点を考察していきます。

【期間限定/参加特典付】
医師だけしか買えない「不動産投資物件」ご紹介WEBセミナー 

枠組みを飛び越えて社内異動する仕組み「社内公募」

人事評価のシステムではありませんが、普段行われる人事異動の枠組みを飛び越えて、社内異動する仕組みが、「社内公募」と呼ばれる制度です。導入している会社もあれば、そうでない会社もあるというのが実情ですが、直属の上司や部門の意向とは関係なく実行されますので、部下にとっては、まさに夢のような仕組みです。

 

「希望と違う仕事をやらされている」あるいは、「とりあえず満足はしているが、もっと違うことにチャレンジしてみたい」と考える社員は、多いのではないでしょうか。

 

しかし、普段の職場では、上司の意向に反して異動することは、まずありません。自分の意思に従って、「希望通りの業務に就く」などという離れ業は、通常の職場では、よほどのことがない限り実現できません。

やる気のある社員、人事部から見ると魅力的な制度だが

上司にとって、仕事ができる部下は、相性の良し悪しにかかわらず、都合の良い社員として、そばに置きたいと考えます。場合によっては、際どい「ウソ」をついて、部下の栄転をもみ消してしまうこともあります。

 

職場における実態を考慮すると、「社内公募」という飛び道具は、やる気のある社員にとって、実に「魅力的」な制度に映ります。

 

人事部の立場からも、人材の活性化を促進して、社内の活性化につながるのであれば、これまた「魅力的」となるわけです。対外的にも、良いイメージがあるので、会社として、洗練された「最先端の施策」をやっているような気分になるのも否めません。

 

以前在籍した日系企業でも、社内公募制度が、新たに導入されることになりました。全社を挙げた「画期的な施策」として登場したので、おそらく、多くの社員がこぞって応募したのではないかと思います。

 

何を隠そう、著者もそのひとりでした。でも、応募の理由はこの制度を使って異動するため、ということではなく、制度の抱える「問題点」を、直接人事部に伝えることにありました。

 

当時、この仕組みを使って、優秀な先輩が他の部署に移ったのですが、後任の補充がありません。この制度、何と「補充なし」を前提として導入されていました。

 

「精鋭」だったかどうかはさて置き、「少数」で切り盛りしていた部署にいたので、補充がないことで、現場はしばし、混乱した状態が続くことになったのです。

 

他の部署で挑戦してみたい仕事も、当然ありましたので、一旦エントリーしました。しかし、日々ノルマを抱えて、悪戦苦闘の最中に起きたあの混乱は、どうにも納得できず、何とか直訴の機会を得たい一心で、行動に移したと記憶しています(まだ若かった、ということも影響したのでしょうが)。

 

無事応募書類が通過して、指示通り隠密裏に人事部を訪れると、いきなり、事業部長クラスの幹部との面接です。冒頭、エントリーしたポストの志望理由を伝え、いろいろな質問に答えた後で、かねてからの疑問をぶつけてみました。

 

「どうして異動した社員の補充がないのですか? 優秀な人材を抜かれた現場は、とても大変な状況になってしまうんです」

 

人事幹部から返ってきた答えは、実に単純明快なものでした。

 

「この仕組みは、全社的な観点で業績を挙げ、成果を出すのが目的である。従って、一営業部門が混乱することになっても、大した問題ではない。現場レベルで解決すべき事柄と認識している」

 

「人員不足は現場で解決すべきだろう」(画像はイメージです/PIXTA)
「現場レベルで解決すべき事柄だろう」(画像はイメージです/PIXTA)

 

この回答に、当時は驚きを隠し切れませんでした。冷静に思い返すと、まったく理解できないわけではないのですが、仮にも、本社中枢の人事部が、仕事のできる人材を直接引っこ抜いておいて、「できた穴を埋めるのは、お前たちの仕事だ!」と言われたら、さすがにカチンとくるのではないでしょうか。

 

\\12/4開催//
「フィリピン×シンガポール」世界の富裕層が実践する資産保全術

日本には1億2000万の「LIFE」がある――。幻冬舎ゴールドライフオンラインは、その一つひとつのLIFEに光を当てる、市井(しせい)の人々が主役のWEBメディアです。
掲載ジャンルは、論説、小説、仕事、お金、文化、食、エッセイ、健康など。毎日15本以上の記事をお届けしています。

著者紹介

連載幻冬舎ゴールドライフオンライン人気記事

本記事は幻冬舎ゴールドライフオンラインの連載の書籍『なぜ職場では理不尽なことが起こるのか?』より一部を抜粋したものです。最新の税制・法令等には対応していない場合がございますので、あらかじめご了承ください。

改訂版 認知症に負けないために知っておきたい、予防と治療法

改訂版 認知症に負けないために知っておきたい、予防と治療法

梶川 博、森 惟明

幻冬舎メディアコンサルティング

「脳梗塞・認知症・運動器症候群」 三大疾患 徹底解説シリーズの改訂版! 三大疾患「脳梗塞・認知症・運動器症候群(ロコモ)」を治療・予防することで「寝たきり」と「認知機能低下」を防ぎ、高齢者が自立して健やかな老後…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!