「お尻が垂れる原因を改善」簡単エクササイズで後ろ姿美人へ!

うまくダイエットをしなければ、キレイに痩せることはできません。これまで2000人以上もの美容の悩みに向き合ってきた医療法人健美会理事長の長谷川守正氏が、エクササイズによる桃のように自然な丸みのあるお尻の作り方を紹介します。

【期間限定/参加特典付】
医師だけしか買えない「不動産投資物件」ご紹介WEBセミナー 

お尻を鍛えてヒップアップ

お尻が上がれば見た目年齢が若返り、脚も長く見えます。後ろ姿美人を目指すなら、ヒップアップを意識しましょう。

 

エクササイズの詳しい説明は後半で!
エクササイズの詳しい説明は後半で!

 

①長時間、座りっぱなしの姿勢はお尻が垂れる原因になる

 

お尻の形には、丸尻、平尻、垂れ尻、四角尻、ピーマン尻の5タイプがあります。理想は、桃のように自然な丸みのある丸尻ですが、日本人はのっぺりとして厚みのない平尻が多いです。

 

また、四角尻は出産後、骨盤が開いてしまった人に多いのが特徴。ピーマン尻は、お尻の下に脂肪がついて垂れ下がった、加齢で変化したタイプです。

 

お尻が垂れ下がる原因は、加齢以外の要因だと、座りっぱなしの姿勢が挙げられます。長時間座っていると、お尻の筋肉が衰え、骨盤が後ろに傾くため、お尻の形が崩れて垂れてくるのです。

 

また、反り腰の人は、腰の筋肉を使って、お尻の筋肉を使わないので、お尻が垂れがちです。プリッと弾力のある、上がったお尻をつくるには、大殿筋と中殿筋、ハムストリングスを鍛えることがポイントとなります。お尻の筋肉は体の中でも大きい部分なので、ここを鍛えると筋肉量が全体的に増え、痩せやすい体質にもなるのです。

 

②骨盤の歪みはお尻が大きくなる原因に

 

姿勢が悪く、骨盤の歪みが大きいことも、お尻が大きくなる原因になります。お尻は骨盤周りに大きな筋肉がついているので、骨盤が歪むと、筋肉が緩み、お尻が垂れるのです。

 

骨盤が後傾していると、ヒップのトップの位置が下がり、お尻が垂れて見えます。骨盤が前傾していると、腹筋と大殿筋の筋力が低下しやすくなり、やはりお尻は垂れます。

 

脚を組む、重いかばんをいつも同じ手で持つ、片脚に重心をかけて立つ、ハイヒールをはくといった生活習慣は、骨盤の歪みの原因になり、お尻の垂れ下がりが加速するので、注意しましょう。

 

③普段歩くときにもお尻に力を入れる

 

普段、お尻の筋肉を使わずに歩いていることも、お尻が垂れる原因になります。歩くときにはお尻の穴をキュッと締めることを意識すると、インナーマッスルが鍛えられ、ヒップアップが期待できます。

 

また、背筋を伸ばして歩くと腹筋とお尻に力が入ります。頭を上から引っ張られている感覚で背筋を伸ばし、お腹とお尻に力を入れて歩きましょう。

 

お尻が揺れることも垂れる原因になります。脂肪を支えている結合組織が弱まり、お尻の形が変化してしまうのです。そのため、ガードルなど、サポート力のある下着をつけるのもおすすめです。

 

\\11/2(火)開催//
2023年3月末日まで 投資金額4,200万円 ⇒ 2,900万円の 「一括償却」 “コインランドリー事業”

医療法人健美会 理事長

1984年、名古屋大学医学部を卒業し、名古屋第二赤十字病院整形外科に赴任。

その後、名古屋大学付属病院、岡崎市民病院(形成外科部長)を経て、1999年に「はせがわ整形外科・形成外科(現:元八事整形外科・形成外科)」を開業する。

整形外科、形成外科を専門にこれまで2000人以上の女性の美容の悩みに向き合い、医学的な裏付けに基づいた健康的なダイエットの提案を行っている。

併設している鍼灸院では、鍼灸師たちがダイエットに効果のある美容鍼の施術と、姿勢改善指導も行っている。

著者紹介

連載美ボディメイキングで大人女子に

我慢しない ツラくない 時間をかけない 痛くない わがまま大人女子のための360°美ボディメイキング

我慢しない ツラくない 時間をかけない 痛くない わがまま大人女子のための360°美ボディメイキング

長谷川 守正

幻冬舎MC

360°美ボディは、メリハリが重要! お腹とお尻にピンポイントでアプローチする、「瘦せる」とは違う大人のボディメイク。 大人女子には医療ダイエット! 食事制限を行えば、一時的に体重は減ります。 しかし、やみく…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧