東大合格の長男…子どものときに親を驚かせた「想定外の発言」

長男は東京大学に現役合格、次男は京都大学に現役合格、長女はロンドン大学UCLに現役合格……母学アカデミー代表の河村京子氏は書籍『東大・京大に合格する子は毎朝5時半に起きる』(実務教育出版)のなかで「生産的な大人」になる方法を説明しています。

【無料】メルマガ登録こちら

子どもに「もの」を買い与えてはいけない理由

「お菓子買って」「おもちゃ買って」子どもの「買って買って攻撃」に困っていらっしゃるお母さんは多いことでしょう。子どもが赤ちゃんのときには、欲しい「もの」はありません。欲しいのは、おいしいおっぱいとお母さんの笑顔だけです。

 

でも、だんだん成長して、世の中のことが見えてくると、欲しい「もの」が出てきます。お菓子だったり、ガチャガチャのおもちゃだったり。親やおばあちゃんが買い与えると、子どももそれはそれは嬉しそうな笑顔を見せてくれます。

 

そうすると、親もおばあちゃんも幸せな気分になります。だから、もっともっと買い与えたくなります。お菓子やガチャガチャのおもちゃは、たかだか百円か数百円のものだからです。数百円で子どものあふれんばかりの笑顔が見られるのですから、安いものです。

 

でも、そのあとのことを考えたことがありますか? さて、子どもは何を得るのでしょうか? そうです、「ものが手に入る達成感」「満足感」です。

 

それを「笑顔」だけで手に入れることができるのです。子どもが満足して喜んだら、それでよいのでしょうか。それは何か違うとわかってもらえると思います。同じ満足して喜ぶでも、積み木で大きなお城をつくった、砂場で大きな山をつくったであれば、そんな違和感はないはずです。なぜでしょうか。

 

・できる子は自分でつくりだす

 

私は子育ての基本として、「生産と消費」という考え方をもっています。「生産と消費」というと、経済の言葉で子育てとは関係ないと思われるかもしれません。しかし、そうではありません。

 

「生産は、自分でつくりだすもの」「消費は、与えられるもの」と考えたとき、あなたは自分の子どもに「生産的な子ども(大人)」になってほしいですか? それとも「消費的な子ども(大人)」ですか? 親であれば、ほとんどの方が前者ではないでしょうか? 

 

「生産と消費」を子育てで言い換えると、「自分でつくりだす」と「与えられたものを受け取るだけ」ということになります。先ほどの例では、おもちゃやお菓子を買うことは「消費」、積み木や砂場遊びは「生産」です。

 

親からお菓子やおもちゃなど自分の欲しいものを何でも与えられただけの子どもが、将来大人になって「自分でつくりだす」楽しみを見出せるでしょうか。

 

\ 注目セミナー/

第1期、第2期完売の三軒茶屋・人気不動産小口化商品「第3期販売」解禁 5/14(金)開催

母学アカデミー学長

長男は東大、次男は京大に、長女はイギリスのロンドン大学UCLにそれぞれ現役合格。

結婚後、子どもを持つことに踏み出せない時期を過ごすが、一念発起し、国内外の育児書、教育書を2000冊以上読破。

自身の子育ての成功経験・失敗経験をもとに「母学アカデミー」を開校。

「子どもの能力を伸ばしたい」「頭のいい子に育てたい」と願うお母さんたちから圧倒的な支持を得、受講者数は3000人を超える。

著者紹介

連載東大・京大に現役合格した息子を持つ母の子育て法

東大・京大に合格する子は毎朝5時半に起きる

東大・京大に合格する子は毎朝5時半に起きる

河村 京子

実務教育出版

長男は、東京大学理科Ⅰ類に現役合格 次男は、京都大学理学部に現役合格 長女は、英国のロンドン大学UCLに現役合格 そんな河村家の「子育ての秘密」とは? 悪戦苦闘しながら3人の子どもを育てた河村さんは、こう語ります…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧