年金を60歳から「繰上げ受給」してはいけない、納得の理由

定年前後はお金に関する様々な誘惑があり、危険な罠にはまって老後破綻に陥る人も多いです。しかし、50歳を過ぎたらするべきこと、してはいけないことを知っておけば、老後のお金の不安は解消できます。今回は、通常は65歳から受け取る年金を60歳から「繰上げ受給」することのデメリットについて解説します。※本連載は、山中伸枝氏の著書『50歳を過ぎたらやってはいけないお金の話』(東洋経済新報社)より一部を抜粋・再編集したものです。

【期間限定/参加特典付】
医師だけしか買えない「不動産投資物件」ご紹介WEBセミナー 

年金を60歳から「繰上げ受給」すると、30%も減額

(※写真はイメージです/PIXTA)
(※写真はイメージです/PIXTA)

 

公的年金は65歳になると受給資格が生じるのですが、実は受給開始年齢を繰り上げることができます。つまり60歳からでも受給できるのです。実は1割近い方が繰上げ受給を選んでいるという数字もあるくらいです。

 

でも、繰上げ受給を選ぶと、60歳から年金を受け取ることはできますが、反面、受け取れる額は少なくなります。どのくらい減るのかということですが、60歳になった時点から受け取った場合で、30%も減額されます

 

これだけ減額されるのに、繰上げ受給を選択する人の言い分は、「年金財政が今後どうなるかわからないので、取れるうちに取っておきたい」ということのようです。

 

しかし、そもそも年金の仕組みは、自分が払ってきた保険料がどこかにストックされていて、そこから取り崩していくものではなく、現役世代が払っている保険料を年金として受け取る賦課方式が採られています。

 

つまり、「取れるうちに取っておきたい」という発想自体が間違っているのです。

 

ちなみに一度、繰上げ受給を選んでしまうと、途中から「繰上げ受給をいったん止めて、65歳から受け取れるようにしたい」と申し出ても、修正は利きません。繰上げ受給を選んだ時点で生涯、30%も減額された年金を受け取り続けるしかないのです。

 

また、繰上げ受給をすると、重い障害を負っても障害年金の受給ができません。障害年金は繰上げ受給の老齢年金より金額が多いのですが、その受給権を失うのです。

 

この選択は、本当に年金が必要になったときの収入源として、非常に心許ないものです。筆者は、繰上げ受給は「絶対に」やってはいけないことだとさえ思っています。

 

60歳だったらまだまだ十分に働くことができます。60歳で働かずに隠居するなどという選択肢はないものと思ってください。

 

そして実際に65歳になったら、今度は「65歳から年金を受給する必要があるのかどうか」を考えてみてください。

 

もちろん、これまでのハードワークで身体はボロボロ。もう働く意欲も気力もないし病気がちだから、一刻でも早く年金を受け取れるようにして、少なくとも金銭面は安心したいと思う人もいらっしゃるはずです。

 

このように、どうしても65歳から年金を受給しなければならない明確な理由、諸事情がある人は、65歳から受け取ればいいでしょう。

 

\\11/2(火)開催//
2023年3月末日まで 投資金額4,200万円 ⇒ 2,900万円の 「一括償却」 “コインランドリー事業”

株式会社アセット・アドバンテージ 代表取締役

1993年、米国オハイオ州立大学ビジネス学部卒業後、メーカーに勤務し、人事、経理、海外業務を担当。留学経験や海外業務・人事業務などを通じ、これからはひとりひとりが、自らの知識と信念で自分の人生を切り開いていく時代と痛感し、お金のアドバイザーであるファイナンシャルプランナーを目指す。

2002年にファイナンシャルプランナーの初級資格AFPを、2004年に同国際資格であるCFP資格を取得した後、どこの金融機関にも属さない、中立公正な独立系FPとしての活動を開始。金融機関や企業からの講演依頼の他、マネーコラムの執筆や書籍の執筆も多数。
個人相談も多く手がけ、年金、ライフプラン、資産運用を特に強みとしており、具体的なソリューション提供をモットーとする。

著書に、『「なんとかなる」ではどうにもならない定年後のお金の教科書』(クロスメディア・パブリッシング)、『ど素人が始めるiDeCoの本』(翔泳社)、『50歳を過ぎたらやってはいけないお金の話』(東京経済新報社)、『会社も従業員もトクをする! 中小企業のための「企業型DC・iDeCo+」のはじめ方』(同文舘出版)などがある。

●確定拠出年金の相談ができる全国のFPネットワーク
「FP相談ねっと」代表
https://fpsdn.net/


●公的保険のプロアドバイザーを育成する
「一般社団法人 公的保険アドバイザー協会」理事
https://siaa.or.jp/

著者紹介

連載50歳からの「お金の付き合い方」のコツ

50歳を過ぎたらやってはいけないお金の話

50歳を過ぎたらやってはいけないお金の話

山中 伸枝

東洋経済新報社

定年前後の5年間、お金との付き合いには罠がいっぱいあります。老後の生活が始まる前に破綻してしまう人もいるくらい、とっても危険な罠です。この本では、その危険な罠にはまらないよう、筆者自身が実際に本人たちから聞いた…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧