いよいよ今週末【8/7(土)開催】大人気セミナー「フィリピン永住権」取得術…さらに株式・不動産など最新投資機会を一挙紹介

夢の田舎暮らしで「蕎麦屋」を開業も挫折、さらに妻とは離婚…60代元会社員の悲惨な末路 (※写真はイメージです/PIXTA)

定年前後はお金に関する様々な誘惑があり、危険な罠にはまって老後破綻に陥る人もいます。しかし、50歳を過ぎたらするべきこと、してはいけないことを知っておけば、老後のお金の不安は解消できます。今回は、定年後に安易に地方移住し、蕎麦屋を開業して失敗したケースを基に注意点を見ていきます。※本連載は、山中伸枝氏の著書『50歳を過ぎたらやってはいけないお金の話』(東洋経済新報社)より一部を抜粋・再編集したものです。

医師の方はこちら
無料メルマガ登録はこちら

妻の反対を押し切り、田舎で1人で「蕎麦屋」を開業

Gさんは田舎暮らしを夢見て、会社員生活を続けてきました。

 

「田舎の人は人情もあるし、何よりも素晴らしい自然がたくさんある。生活費も安そうだし、中古の一軒家なら退職金で何とか買えそうだし、夏休みや冬休みに孫たちに田舎に行くことを楽しみにしてもらえる」というのが、Gさんのかねてからの考え方でした。

 

ちなみにGさん、実家が地方にあって大学入学時に上京し、そのまま東京の会社に就職したという人ではなく、東京生まれの東京育ちで、大学も東京、就職も東京という人です。

 

東京というと、多くの企業が集まり、高層ビルや大型商業施設が林立しているイメージですが、Gさんが住んでいたところは昔、生活している人がけっこういて、ご近所付き合いもあったそうです。

 

しかし、最近はめっきり生活感が失われるのと同時に商業圏、ビジネス圏としての色彩が強まり、一軒家はほとんど見当たらなくなりました。Gさんが生まれ育った実家もなく、両親はすでに他界しています。

 

こうして60年間、東京以外の土地は旅行で行った程度ですが、徐々に定年が近づいてくるなか、家族で旅行に行った楽しい思い出と共に、Gさんの地方移住に対する気持ちはどんどん強まっていきました。妻に相談したら、けんもほろろでした。

 

「そんな縁もゆかりもない土地に行ってどうするの? 私はこっちに友達もいるし、住み慣れた街を離れるのは嫌。行きたいなら自分一人でどうぞ」

 

妻の強い反対で一時は収まったかのように見えたGさんの地方移住熱ですが、Gさんの元同僚が地方と東京の二拠点生活を始めたという話を耳にした途端、再び地方移住したい病が再発してしまいました。

 

「だったら、自分一人で行ってやろうじゃないか」

 

Gさんは妻と離婚はしないまでも、卒婚という形にして、とりあえず自分は地方で暮らすと宣言しました。妻は「どうぞ、どうぞ」と大歓迎。定年になって毎日、家でゴロゴロされ、メシだ、風呂だと言われるくらいなら、地方でもどこへでも行って頂戴というのが、妻の偽らざる思いです。

 

ただ条件がありました。移住先で仕事を見つけて生活費を稼ぐこと、退職金にはいっさい手を付けないことの2つで、これさえ守ってくれれば、あとは好きにやってもらってかまわないということでした。Gさんは大喜びで準備を始めました。

 

まず住む場所が必要ですが、Gさんには1つ大きな野望がありました。それは、「田舎で蕎麦屋を開くこと」です。そのため密かに定年前から蕎麦打ち教室に通い、蕎麦打ちの技術に磨きをかけていました。

 

資金面も、実は妻に内緒でお金を貯めていました。Gさんは株式投資の経験が長く、3000万円程度の運用資金を持っていたのです。場所は住むところを改築すればいいという考えで、空き家を無償譲渡してもらいました。3000万円のうち2500万円をリフォーム代にして、残りの500万円で什器類などを揃えました。

 

お店は古民家を改造したもので雰囲気満点。什器類もセンスのいいものを取り揃えて、いよいよ営業開始。妻は「どこにそんなお金があったの」と厳しい顔で問い詰めましたが、「退職金に手を付けない」という条件を出したのは妻のほうで、それがきちんと守られている以上、さらに踏み込んで詰問するようなことはしませんでした。

 

\\8/7開催WEBセミナー//
投資すべき国NO.1「フィリピン」を活用した資産防衛&永住権取得術

株式会社アセット・アドバンテージ 代表取締役

1993年、米国オハイオ州立大学ビジネス学部卒業後、メーカーに勤務し、人事、経理、海外業務を担当。留学経験や海外業務・人事業務などを通じ、これからはひとりひとりが、自らの知識と信念で自分の人生を切り開いていく時代と痛感し、お金のアドバイザーであるファイナンシャルプランナーを目指す。

2002年にファイナンシャルプランナーの初級資格AFPを、2004年に同国際資格であるCFP資格を取得した後、どこの金融機関にも属さない、中立公正な独立系FPとしての活動を開始。金融機関や企業からの講演依頼の他、マネーコラムの執筆や書籍の執筆も多数。
個人相談も多く手がけ、年金、ライフプラン、資産運用を特に強みとしており、具体的なソリューション提供をモットーとする。

著書に、『「なんとかなる」ではどうにもならない定年後のお金の教科書』(クロスメディア・パブリッシング)、『ど素人が始めるiDeCoの本』(翔泳社)、『50歳を過ぎたらやってはいけないお金の話』(東京経済新報社)、『会社も従業員もトクをする! 中小企業のための「企業型DC・iDeCo+」のはじめ方』(同文舘出版)などがある。

確定拠出年金の相談ができる全国のFPネットワーク
「FP相談ねっと」代表
https://fpsdn.net/


公的保険のプロアドバイザーを育成する
「一般社団法人 公的保険アドバイザー協会」理事
https://siaa.or.jp/

著者紹介

連載50歳からの「お金の付き合い方」のコツ

50歳を過ぎたらやってはいけないお金の話

50歳を過ぎたらやってはいけないお金の話

山中 伸枝

東洋経済新報社

定年前後の5年間、お金との付き合いには罠がいっぱいあります。老後の生活が始まる前に破綻してしまう人もいるくらい、とっても危険な罠です。この本では、その危険な罠にはまらないよう、筆者自身が実際に本人たちから聞いた…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧