パートの妻「年収103万円」を超えて「夫の扶養」から外れると

定年前後はお金に関する様々な誘惑があり、危険な罠にはまって老後破綻に陥る人も多いです。しかし、50歳を過ぎたらするべきこと、してはいけないことを知っておけば、老後のお金の不安は解消できます。今回は、妻が働くときに夫の扶養から外れる「103万円の壁」を取り上げ、妻の働き方について考えます。※本連載は、山中伸枝氏の著書『50歳を過ぎたらやってはいけないお金の話』(東洋経済新報社)より一部を抜粋・再編集したものです。

医師の方はこちら
無料メルマガ登録はこちら

妻が働くことで「手元の資金」が増えるかどうかが重要

もし夫の収入の範囲内で生活するのが困難というのであれば、妻が働きに出ることも考える必要があります。

 

専業主婦の場合、「そんなこといっても、いままで働いたことがないから」などと言う人もいらっしゃいますが、現実問題として生活費が足りないという緊急事態に、「いままで働いたことがないから……」という理由は通用しません。

 

別に正社員になれというわけではなく、パートでもアルバイトでもいいので、夫の収入以外に、もう1つ収入を増やしましょう。

 

あるいは、すでにパートに出ている奥様もいらっしゃると思いますが、妻が働くときに問題になるのが、「103万円の壁」です。

 

※写真はイメージです/PIXTA
(※写真はイメージです/PIXTA)

 

簡単に言うと、妻のパートで得ている年収が103万円以内なら、税金を支払う必要がないというものです。給与所得控除が55万円、基礎控除が48万円なので、合わせて103万円までなら課税所得が0円となり、所得税がかかりません。

 

また年金や健康保険などの社会保険料を負担しなくても同等の保障が受けられるのですから、あえて103万円を超えて働こうとは考えなくなります。「夫の扶養のままでいたほうが絶対得ですね」というわけです。これが「103万円の壁」です。

 

では、月20万円、年収にして240万円で正社員になった場合はどうでしょうか。

 

年収が130万円を超えると、社会保険への加入義務が発生します(お勤め先の規模などにより年収106万円超より社会保険加入となる場合があります)。健康保険、介護保険、雇用保険、年金の各保険料は給与の約15%ですから、年収240万円だと36万円になります。

 

また給与所得控除80万円、基礎控除48万円を合わせて年収から差し引くと、課税所得は76万円ですから、支払うべき所得税は3万8000円になります。

 

妻の働き方は、夫の税金にも影響します。妻の年収が150万円以内であれば、夫が受けられる配偶者特別控除は38万円ですが、妻の年収が240万円になると、その恩恵が受けられません。

 

たとえば、夫の年収が700万円で課税所得が330万円を超える場合、配偶者特別控除がなくなることによる増税額は7万6000円です。

 

 

「配偶者特別控除がなくなる」「夫が増税になる」ことばかり目が行きがちですが、よく考えてみてください。妻が正社員として働くことにより、収入は約97万円増えます。家計全体でも約90万円のプラスになります。

 

もちろん収入が103万円から240万円と倍以上になったとしても、実際に家計に入ってくるお金が2倍になるわけではありません。しかし、妻が働くことによって100万円近い資金が手元で増えるのであれば、悪くはないと思います

 

\ 注目!対話型セミナー/

会社員は給与だけでは老後資金は築けない…副収入を増やすために何をすべきか? 複数日開催

株式会社アセット・アドバンテージ 代表取締役

1993年、米国オハイオ州立大学ビジネス学部卒業後、メーカーに勤務し、人事、経理、海外業務を担当。留学経験や海外業務・人事業務などを通じ、これからはひとりひとりが、自らの知識と信念で自分の人生を切り開いていく時代と痛感し、お金のアドバイザーであるファイナンシャルプランナーを目指す。
2002年にファイナンシャルプランナーの初級資格AFPを、2004年に同国際資格であるCFP資格を取得した後、どこの金融機関にも属さない、中立公正な独立系FPとしての活動を開始。金融機関や企業からの講演依頼の他、マネーコラムの執筆や書籍の執筆も多数。
個人相談も多く手がけ、年金、ライフプラン、資産運用を特に強みとしており、具体的なソリューション提供をモットーとする。
著書に、『「なんとかなる」ではどうにもならない定年後のお金の教科書』(クロスメディア・パブリッシング)、『ど素人が始めるiDeCoの本』(翔泳社)などがある。

確定拠出年金の相談ができる全国のFPネットワーク
「FP相談ねっと」代表
https://fpsdn.net/


公的保険のプロアドバイザーを育成する
「一般社団法人 公的保険アドバイザー協会」理事
https://siaa.or.jp/

著者紹介

連載50歳からの「お金の付き合い方」のコツ

50歳を過ぎたらやってはいけないお金の話

50歳を過ぎたらやってはいけないお金の話

山中 伸枝

東洋経済新報社

定年前後の5年間、お金との付き合いには罠がいっぱいあります。老後の生活が始まる前に破綻してしまう人もいるくらい、とっても危険な罠です。この本では、その危険な罠にはまらないよう、筆者自身が実際に本人たちから聞いた…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧