不動産投資、泣くに泣けない「やらかし」を防ぐ物件購入の作法

不動産投資は、やみくもに物件を買えばいいというものではありません。大きなお金が動くのですから、失敗を防ぐためにも、基本的なステップに沿ってミスなく進めることが大切です。本記事では、物件見極めから購入までの手順のほか、投資家として最低限知っておくべき指標もあわせて解説します。※本連載は『いつの時代も不動産投資 ゼロからの成功メソッド』(総合法令出版株式会社)より一部を抜粋・再編集したものです。

【医師限定】節税、開業、資産形成…全部叶える!
資産家ドクターになる「不動産投資」講座 開催中>>

①まずは目標を立て、予算を決める

不動産投資は物件を所有することがスタートになりますが、その前に、「なんのために不動産投資を行うのか」、目的を明確にすることが重要です。

 

 

目的やご自分の年収、年齢、今後のマネープランを考えて、不動産投資にかけられる予算を決めます。その次に、区分から始めるのか、1棟もののアパートから始めるのか、新築か中古か、エリアは都心か地方か、など、購入する物件の条件を決めます。

②いい物件が目についたら、現地調査へ

不動産会社に相談に行き、あなたの属性に合ったいい物件が見つかったら、いよいよ現地調査に出かけましょう。

 

不動産の世界では、「千三つ(せんみつ)」という言葉があります。これは「1000件の物件を見ても、購入すべき、いい物件はわずか3つしかない」という意味です。つまり、1000件ほどの物件を見て、ようやく購入すべき候補の物件が3つ見つかるというくらい、優良な不動産を目利きすることは難しいと言われています。

 

昨今では、インターネットで手軽に物件探しができるようになりました。みなさんもまずは1000件とは言わなくても、10件、20件、気になる物件の情報を取り寄せ、自分の目と足を使って現地調査をしてみましょう。

 

現地調査をしていくうちに、どんな物件が自分に合っているのか、わかるようになります。

 

(※写真はイメージです/PIXTA)
(※写真はイメージです/PIXTA)

③買い付け、融資申し込み、売買契約へ

現地調査を経て、いよいよ「これだ」と思える物件に出会えたら、不動産会社の営業マンとともに、『不動産投資「恐ろし過ぎる6つのリスク」を回避・解決する方法』でも紹介したリスクを踏まえて、様々な観点からシミュレーションをしていきましょう。

 

市場調査を綿密に行い、無理のない計画かどうかを吟味していきます。そのうえで購入を決意したら、購入申し込み(買い付け)を行い、金融機関にローンの申込みを行います。

 

ローンの審査には通常2週間ほど要します。無事にローンの許可が下りたら、売買契約へとコマを進めます。そのあとは、融資を受けて決済となります。そして管理会社を決めます。空室があれば、管理会社と対策を練って、入居者募集を行います。

 

これが不動産投資の基本のステップです。アパート経営が安定して、次の物件購入の融資を受ける目途が立ち、融資を受けられるだけの適した物件が見つかったら、また同じことを繰り返していき、物件を増やしていきます。基本はこの繰り返しです。

 

\\10/2(土)開催//
フィリピン・シンガポールを活用した資産防衛術…世界の富裕層が実践する資産保全術を公開!

オスカーキャピタル株式会社 代表取締役

1982年愛知県生まれ。
不動産投資家&コンサルタント。

28才から1棟アパート投資へ挑戦し、
2年で5棟・7,000万の売却益を上げ起業に至る。
相続市場の格安物件に特化し、購入・売却を連続して成功させる。

◆累計取引500棟以上
◆累計融資サポート500億以上 
◆顧客リピート購入率80%以上
◆セミナー累計参加5,000人以上

企業理念「買った瞬間に勝てる」「負けない投資」


著者紹介

連載超高齢化日本の資産形成術「相続市場」不動産投資という新メソッド

いつの時代も不動産投資 ゼロからの成功メソッド

いつの時代も不動産投資 ゼロからの成功メソッド

金田 大介

総合法令出版

カリスマ不動産投資家4名のアドバイス掲載! サラリーマン向けの資産形成法としてすでに定着した不動産投資であるが、遅ればせながらこれから始めたいという層もまだまだ多い。しかし、書店に置かれている本の大半は、いた…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!