電気設備、洗濯機…なぜトヨタ「保全マン」は何でも直せるのか

2020年、新型コロナの感染拡大で世界の自動車産業も大きな打撃を受けたが、トヨタ自動車は2021年3月期の連結決算は、売上高27兆円、純利益は2兆2452億円と急回復させた。この危機で命運を分けた最大の理由はトヨタ自動車の優れた危機対応力にあった。本連載は野地秩嘉著『トヨタの危機管理 どんな時代でも「黒字化」できる底力』(プレジデント社)より一部を抜粋し、再編集したものです。

【期間限定/参加特典付】
医師だけしか買えない「不動産投資物件」ご紹介WEBセミナー 

「保全マン」は生産ラインが止まっているときに活躍

新型コロナ危機では国内、海外の工場とも閉鎖をした。しかし、生産ラインが止まっている間も、彼らは工場にやってきて予防保全活動を行った。

 

答えるのは工場長、斉藤富久である。

 

「ラインが止まっている今だからこそ保全マンとしてやるべきことをやる。そして生産が戻ってきたとき、今以上に安定した生産で稼ぐために、洗い出した課題を前出しして、メンテナンスをする。設備が止まっている時間をムダにしないのが保全マンなんだよ。

 

たとえば、ケーブル関係はいつも動いとる。すると、だんだん劣化していくんです。その数、全ラインで500本以上の交換です。時間がある今がチャンスだとケーブル関係は特に徹底的に予防保全をやりました。

 

あとは実際の設備を使った人材教育です。実機を使ってまずは設備の4Sから始め、分解し、整備していく。現地現物での教育が1番身につくんです」

 

鉄道の保線マンたちは真夜中に働く。電車が止まっている間に線路の劣化を見たり、敷石を補塡したりする。

 

トヨタの保全マンの仕事はそれと似たところがある。

 

ラインが動いている間、彼らは場内の設備をチェックする。そして、学習の時間を持つ。技術を磨く。いったんラインが止まったら、それっと出て行って、機械設備の保全を行う。終わったら、また、スキルアップを目指す。

 

そうした毎日を過ごしてきて、新型コロナ危機になった。充分にメンテナンスをする時間ができた。

 

今回、彼らは海外にある工場へのリモート支援を行った。

 

中国では新しいラインを立ち上げる工場があり、保全マンはリモートで設備と機械の設置について指導したのである。

 

「世界中の機械設備は同じですよ。TNGAで車台、部品を共通化したから、設備も同じ。向こうの設備を映してもらい、こちらは同じ設備を映しながら説明する。事前に作業要領も送ってあるから、リモートで充分できる。個別にいろいろな設備を作っちゃうと、個別対応せないかんけど、同じだからどこが悪いのかすぐにわかる。TNGAは製造から見ても『世界同一品質』(注同じ設備で同じ品質を作り出すこと)のラインシステム。だからできる」(斉藤)

 

(※画像はイメージです/PIXTA)
(※画像はイメージです/PIXTA)

ノンフィクション作家

1957年東京都生まれ。早稲田大学商学部卒業後、出版社勤務を経てノンフィクション作家に。人物ルポルタージュをはじめ、ビジネス、食や美術、海外文化などの分野で活躍中。

『TOKYO オリンピック物語』でミズノスポーツライター賞優秀賞受賞。

『キャンティ物語』『サービスの達人たち』『企画書は1行』『なぜ、人は「餃子の王将」の行列に並ぶのか?』『高倉健インタヴューズ』『高倉健ラストインタヴューズ』『トヨタ物語』『トヨタ現場のオヤジたち』『スバル ヒコーキ野郎が作ったクルマ』『トヨタに学ぶカイゼンのヒント71』『日本人とインド人』ほか著書多数。

著者紹介

連載トヨタ自動車の「危機対策本部」の舞台裏を大公開!

トヨタの危機管理 どんな時代でも「黒字化」できる底力

トヨタの危機管理 どんな時代でも「黒字化」できる底力

野地 秩嘉

プレジデント社

コロナ禍でもトヨタが「最速復活」できた理由とは? 新型コロナの蔓延で自動車産業も大きな打撃を受けた―。 ほぼすべての自動車メーカーが巨額赤字となる中、トヨタは当然のように1588億円の黒字を達成。 しかも、2021…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!