トヨタが危機管理で「唯一失敗した」リーマンショックの教訓

2020年、新型コロナの感染拡大で世界の自動車産業も大きな打撃を受けた。しかし、トヨタ自動車の2021年3月期の連結決算は、売上高27兆円、純利益は2兆2452億円と急回復させた。なぜトヨタは何が起こってもびくともしないのか。この危機で命運を分けた最大の理由はトヨタの優れた危機対応力にあった。本連載は野地秩嘉著『トヨタの危機管理 どんな時代でも「黒字化」できる底力』(プレジデント社)より一部を抜粋し、再編集したものです。

医師の方はこちら
無料メルマガ登録はこちら

震災、リーマンショック…創業以来の赤字を計上

トヨタの危機管理が本格的に始まったのは1995年の阪神・淡路大震災だった。その次に訪れた危機は災害ではなく、景気後退による需要の急減で、2008年のリーマン・ショックである。

 

同年9月のことだった。アメリカの投資銀行、リーマン・ブラザーズが破綻した。それをきっかけに世界的な株価下落、金融不安が起き、同時不況となったのである。

 

自動車業界も影響を受け、トヨタは翌2009年の決算で4610億円の赤字となった。これは創業期以来のことだった。リーマン・ショックでは先進国の新車需要は止まり、トヨタだけでなく自動車各社は赤字になっている。GM、クライスラー、サーブは破綻し、富裕層の固定客を持つ、あのポルシェまでもが苦境に陥った。

 

「他社に比べればトヨタはまだいい方じゃないか」

 

そんな声もなかったわけではない。

 

しかし、トヨタの現場には悲愴感が漂っていた。

 

「不況の時、減産に対しても利益を確保できる」ことがトヨタ生産方式の特徴とされていたのに、リーマン・ショックではそれがまったく通用しなかったからだ。

 

「不況の時、減産に対しても利益を確保できる」ことがトヨタ生産方式の特徴とされていたが、リーマン・ショックではそれがまったく通用しなかったという。(※画像はイメージです/PIXTA)
「不況の時、減産に対しても利益を確保できる」ことがトヨタ生産方式の特徴とされていたが、リーマン・ショックではそれがまったく通用しなかったという。(※画像はイメージです/PIXTA)

 

業績好調がゆえに…異常の顕在していた「危機」以前

同社の原則、トヨタ生産方式が形骸化していたことが明らかになったのがリーマン・ショックだった。

 

危機に至るまでの経緯は次のようなもので、リーマン・ショック直前までトヨタの業績は右肩上がりだったのである。

 

「2007年末時点でのトヨタの海外生産拠点(エンジンなどユニット工場を含む)は、27カ国・地域で53事業体を数え、それまでの10年間で1・5倍に増加した。また、日野自動車とダイハツ工業を加えた連結ベースの世界生産台数は、2000年の594万台から、2007年には950万台へと拡大していった。7年間で356万台の増加であり、年平均で約50万台の成長が続いた。トヨタの生産拡大は海外を中心に、年産能力20万台規模の工場を毎年2~3カ所新設するハイペースで進んだことになる」(『トヨタ自動車75年史』)

 

毎年、50万台の増産とは2年に1度、スバル(年産約100万台)と同じ規模の自動車会社ができるのと同じだ。人も設備も機械もどんどん増やしていって、コントロールが効かない状態になっていたのである。

 

そして、新設した工場ではトヨタ生産方式の指導が行き渡っていなかった。新設工場では部品在庫も完成車在庫も膨らんでいたのである。

 

当時の経営目標は「生産台数で世界1になること」。

 

経営陣が明言したわけではない。しかし、策定されていた「グローバルマスタープラン」は拡大偏重主義だった(赤字の年に社長になった豊田章男はすぐにそのプランを破棄している)。

 

現場では「1000万台を達成する」ために車を増産し、ヤードには車があふれ、完成車を積み込む自動車専用船の手当てに悩む状態だった。

 

そんな状態だったのに、誰も「止めろ」と言わなかった。

 

トヨタ生産方式の原則のひとつが異常の顕在化である。ヤードがあふれているのは異常だ。生産現場は自主的にラインを止めなくてはならなかったはずだ。ところが止められなかった。

 

リーマン・ショック時のトヨタはトヨタ生産方式を忘れていた。異常を見る目を持っていなかったし、顕在化させる決断もできなかった。

 

全社員が世界1の生産台数という目標に向かって走っていたため、現実よりも目標数字を見ていたのである。

 

まさしく危機だった。

 

では、彼らはどうやって危機に対処し、それを乗り越えたのか。

 

【オンライン開催(LIVE配信)】8/22(日)11:00~開催
成長を続ける教育ビジネスで「信頼と安心」のブランド力
「ECCの個別指導塾ベストワン」という選択
詳しくはこちら>>>

ノンフィクション作家

1957年東京都生まれ。早稲田大学商学部卒業後、出版社勤務を経てノンフィクション作家に。人物ルポルタージュをはじめ、ビジネス、食や美術、海外文化などの分野で活躍中。

『TOKYO オリンピック物語』でミズノスポーツライター賞優秀賞受賞。

『キャンティ物語』『サービスの達人たち』『企画書は1行』『なぜ、人は「餃子の王将」の行列に並ぶのか?』『高倉健インタヴューズ』『高倉健ラストインタヴューズ』『トヨタ物語』『トヨタ現場のオヤジたち』『スバル ヒコーキ野郎が作ったクルマ』『トヨタに学ぶカイゼンのヒント71』『日本人とインド人』ほか著書多数。

著者紹介

連載トヨタ自動車の「危機対策本部」の舞台裏を大公開!

トヨタの危機管理 どんな時代でも「黒字化」できる底力

トヨタの危機管理 どんな時代でも「黒字化」できる底力

野地 秩嘉

プレジデント社

コロナ禍でもトヨタが「最速復活」できた理由とは? 新型コロナの蔓延で自動車産業も大きな打撃を受けた―。 ほぼすべての自動車メーカーが巨額赤字となる中、トヨタは当然のように1588億円の黒字を達成。 しかも、2021…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧