財産は兄が総取りも借金4億円は折半…弟絶句、遺産相続の真相

「我が家は大丈夫」と思っている家庭こそ、相続発生時、トラブルが発生してしまうものです。事前に知識を身につけ、もしもの時に備えましょう。今回は、遺産分割でトラブルに発展することが多い「借金の相続」について見ていきましょう。

【医師限定】節税、開業、資産形成…全部叶える!
資産家ドクターになる「不動産投資」講座 開催中>>

借金の相続は相続人の話し合いだけでは決まらないのか

Q.父が亡くなりました。相続人は、長男と次男である私の二人です。

 

父が遺した遺言書には、「遺産をすべて長男に相続させる」という内容が記されています。父の遺産は、不動産や預貯金で合計4億円ほどありましたが、金融機関からの借金も約4億円判明しました。

 

遺言によれば私は何も相続できませんが、借金については被相続人や相続人の話し合いだけで決めることはできない、というようなことを専門家から聞きました。そうなると、私は遺産は何も相続できないのに、借金については法定相続分の2分の1を相続して返済義務を負うことになるのでしょうか。

 

借金のみ相続しなければならないのか…(画像はイメージです/PIXTA)
借金のみ相続しなければならないのか…(画像はイメージです/PIXTA)

A.民法899条は

 

「各共同相続人は,その相続分に応じて被相続人の権利義務を承継する。」

 

と規定しています。

 

したがって、被相続人の借金については、相続人はその返済義務を法定相続分に従って承継することとなります。

相続放棄をすれば遺留分の請求ができなくなってしまう

しかし、本事例のように、遺言で相続分が指定されていて、それが法定相続分と異なる割合のような場合に、借金については法定相続分で承継するとされてしまうと、遺言では法定相続分を下回る分しか相続できない相続人にとっては酷な結果となってしまいます。

 

相続放棄をすることで借金の相続は免れることはできますが、そうなると遺留分の請求もできなくなってしまうというジレンマに陥ります。

 

では、遺言書で、プラスの財産の相続割合だけではなく、マイナスの財産(借金)の相続割合を決めるということはできないのでしょうか

「長男が相続債務をすべて承継する」べきではあるが…

この点についての判断指針を示したのが、最高裁判所平成21年3月24日判決です。本件と似たような事案で、長男、次男と二人相続人がいたところ、長男にすべてを相続させるという遺言があったという事案でした。

 

裁判所は、

 

「相続人のうちの1人に対して財産全部を相続させる旨の遺言により相続分の全部が当該相続人に指定された場合,遺言の趣旨等から相続債務については当該相続人にすべてを相続させる意思のないことが明らかであるなどの特段の事情のない限り,当該相続人に相続債務もすべて相続させる旨の意思が表示されたものと解すべきであり,これにより,相続人間においては,当該相続人が指定相続分の割合に応じて相続債務をすべて承継することになると解するのが相当である。」

 

と判断しました。

 

\\9/25(土)開催//
【相続税対策】人気不動産小口化商品「セレサージュ」シリーズ新商品、情報解禁!

こすぎ法律事務所 弁護士

慶應義塾大学大学院法務研究科卒業。神奈川県弁護士会に弁護士登録後、主に不動産・建築業の顧問業務を中心とする弁護士法人に所属し、2010年4月1日、川崎市武蔵小杉駅にこすぎ法律事務所を開設。

現在は、不動産取引に関わる紛争解決(借地、賃貸管理、建築トラブル)、不動産が関係する相続問題、個人・法人の倒産処理等に注力している。

毎月1回、大家さん向けの役に立つ裁判例のメールマガジン発行(メールマガジンご希望の方は、こちらの問合せフォームにて「メールマガジン登録希望」と書いてお申し込みください)。

北村氏が運営するメディア、 川崎・武蔵小杉の相続・離婚法律相談 はこちら!

著者紹介

連載事例で見る「相続・離婚トラブル」の解決法

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!