弟絶句…同居・介護ナシの兄が「亡父の保険金1億円」独り占め

「我が家は大丈夫」と思っている家庭こそ、相続発生時、トラブルが発生してしまうものです。事前に知識を身につけ、もしもの時に備えましょう。今回は、遺産分割でトラブルに発展することが多い「保険金の受取」について見ていきましょう。

【期間限定/参加特典付】
医師だけしか買えない「不動産投資物件」ご紹介WEBセミナー 

「保険金1億円」の受取人は、介護をしていなかった兄

Q.父が亡くなりました。相続人は私(弟)と兄の二人だけです。

 

父の遺産は、土地と建物だけですが、合計で約1億円ほどの価値があります。これ以外で、父は自らに生命保険をかけており、保険金は1億円でした。

 

しかし、その受取人は兄に指定されており、兄がすべて受け取りました。父と同居して介護をしていた私には共済金が300万円程おりただけです。

 

兄は、父と同居して介護していたわけでもありません。それなのに、兄だけが遺産の総額に匹敵する1億円もの保険金を独り占めできるのは不公平です。

 

このまま遺産分割すれば、兄は、父の死で結果的に1億5000万円を手にしますが、私は遺産の半分の5000万円しか受け取れません。この保険金について、遺産分割の話し合いのなかで何か主張することはできないのでしょうか?

 

兄は介護していなかったのに…(画像はイメージです/PIXTA)
兄は介護していなかったのに…(画像はイメージです/PIXTA)

 

A.原則として特別受益にはなりませんが、金額が大きい場合には特別受益となる場合があります。

このケースでは、何も主張できないのが「原則」だが…

生命保険の保険金は「受取人」が全て取得でき、遺産分割の対象にはならない、ということは、相続を経験した人にとっては「常識」のような知識として存在していると思います。

 

したがって、上記の事案でも兄は保険金1億円全額を受け取ることができ、それに対して弟は何も主張できないのが「原則」です。

 

しかし、この原則には当然「例外」があり、生命保険の保険金が遺産分割において考慮される場合も存在します。

「相続人間の不公平が著しい」場合とは?

最高裁判所の判例によれば、その例外的な場合とは「保険金受取人である相続人とその他の共同相続人との間で生ずる不公平が民法903条の趣旨に照らし到底是認することができないほどに著しいものであると評価すべき特段の事情が存する場合」となります(最高裁判所平成16年10月29日判決)。

 

では、例外となる相続人間の不公平が著しい場合とはどういう場合か、という点について判断したのが東京高等裁判所平成17年10月27日決定のケースで、上記の事案のモチーフとなった事件です。

 

\\12/4開催//
「フィリピン×シンガポール」世界の富裕層が実践する資産保全術

こすぎ法律事務所 弁護士

慶應義塾大学大学院法務研究科卒業。神奈川県弁護士会に弁護士登録後、主に不動産・建築業の顧問業務を中心とする弁護士法人に所属し、2010年4月1日、川崎市武蔵小杉駅にこすぎ法律事務所を開設。

現在は、不動産取引に関わる紛争解決(借地、賃貸管理、建築トラブル)、不動産が関係する相続問題、個人・法人の倒産処理等に注力している。

毎月1回、大家さん向けの役に立つ裁判例のメールマガジン発行(メールマガジンご希望の方は、こちらの問合せフォームにて「メールマガジン登録希望」と書いてお申し込みください)。

北村氏が運営するメディア、 川崎・武蔵小杉の相続・離婚法律相談 はこちら!

著者紹介

連載事例で見る「相続・離婚トラブル」の解決法

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!