危機一髪!母にオレオレ詐欺の電話が…その時、50代息子は?

「親のお金」はあなたが思っている以上に多くの人が狙っています。悪徳業者や詐欺師など、気をつけるべき存在の見抜き方や騙されない方法について、ファイナンシャルプランナー・安田まゆみ氏の『そろそろ親とお金の話をしてください 』(ポプラ新書)より解説していきます。

巧妙な手口で狙われている「親の金」

シニアマネーを狙う犯罪

「高齢者ほど金持ち」とよく言われます。実際は、どうなのでしょう。

 

「平成30年版高齢社会白書(概要版)」によると、2人以上世帯の貯蓄現在高の平均値は1820万円。対して、世帯主が60歳以上の世帯のそれは2385万円と、約1.3倍です。さらに、同世帯では貯金現在高が4000万円を超える世帯は約18.6%。つまり、5世帯のうち約1世帯は、4000万円以上の貯えがあるというデータです。

 

が、これはあくまで、平均という数字上のこと。ひとり暮らしの高齢者(65歳以上)世帯は、無年金や低年金の世帯が多く、生活保護を受ける人は増え続けています。私の感触では、お金のある資産家の方の貯蓄額が影響して、実際よりは多い数字のような気がします。

 

いまの60代は退職金などの上乗せがあるものの、教育資金で使い果たす人もいますし、まだまだ教育ローンや住宅ローンの支払いが続くために、定年退職後も働かざるを得ない状況にあります。

 

再雇用、再就職では、それまでの給与に比べて半分近くに減収。そのため、退職金を取り崩す家庭も多く、老後資金となる預貯金は、少ないのが現状です。

 

しかし、団塊世代以上の年代ですと、前述のデータに近い資産を保有しているのは間違いなさそうです。だとしたら、この先、親が要介護の身となっても、子ども世代に負担がかかることはないだろう。そう思うかもしれません。

 

しかし、お金があると思えばそれを狙う人たちがいるもの。その最たるものが、オレオレ詐欺や架空請求といった特殊詐欺を働く輩(やから)です。

 

特殊詐欺の被害件数は依然として増え続け、警察庁の発表(広報資料「令和元年上半期における特殊詐欺認知・検挙状況等について」)によれば、2019年上半期の特殊詐欺の認知件数は全国で8025件、総被害額は146億1000万円。件数、被害額とも前年同期に比べると減っていますが、それでも1日あたり約8069万円が騙し取られているというのが現状です。

 

そして、被害者に占める高齢者(65歳以上)の割合は82.2%。おもに親族を装って騙す「オレオレ詐欺」に限ると、97.2%が高齢者。詐欺グループが、最初から高齢者を狙っていることは明らかです。

マネーセラピスト
ファイナンシャルプランナー
有限会社マイプランニングオフィス代表取締役
一般社団エンディングメッセージ普及協会代表理事
元気が出るお金の相談所所長 

大学卒業後、雑誌編集者を経て、外資系損害保険代理店に勤務。アメリカのリスクマネジメントを徹底的に学び1996年に独立、保険代理店「マイプランニングオフィス」を設立する。

自身の実父、舅の死や実母、姑の介護で「相続対策、財産管理の重要性」「介護に関するお金の必要性」を強く実感したことを機に、より有益でお客様の立場に立った情報を提供することを目指して、2012年に「元気が出るお金の相談所」、2013年に「一般社団エンディングメッセージ普及協会」を設立。

「お金の貯め方」から老後のお金の問題、介護や相続問題まで、クライアントの話をじっくり聴き、心に寄り添う独自の「マネーセラピー」を行ない、"相談すると元気が出る"と多くのファンを獲得している。これまでの相談件数は7000件以上、講演回数は1000回を超える。

著書、テレビ出演、雑誌インタビュー、寄稿も多数あり、毎週配信のメールマガジンや無料オンラインサロン「安田まゆみのここだけの話」、ブログ連載などで情報を発信中。



※安田まゆみの元気が出るお金の相談所
http://www.my-fp.net/

著者紹介

連載犯罪や税金から「親のお金」を守る方法

そろそろ親とお金の話をしてください

そろそろ親とお金の話をしてください

安田 まゆみ

株式会社 ポプラ社

離れて暮らす親の老いは、子どもにとって心配の種。 そのひとつに「お金」の問題があるが、親子の間でもお金の話はなかなか聞きづらく、つい先送りにしてしまっている人が多い。 だが、もし親が認知症になってしまったら、…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧