「故障して馬に引かれて帰ってくる…」黎明期のトラック運送

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、ステイホームが呼びかけられる昨今。通販などのサービスを利用することが増えた方も多いのではないでしょうか。加えて、東日本大震災や熊本県を中心に襲った豪雨を受けて、物流ネットワークの重要性にも近年注目が集まっています。本連載では、「物流」の歴史を紐解きながら、物流会社がどのような役割を果たしているのかについて見ていきます。今回は江戸時代から明治初期までの変遷を中心に解説します。

【期間限定/参加特典付】
医師だけしか買えない「不動産投資物件」ご紹介WEBセミナー 

当たり前すぎて意識されることが少ない「物流」

私たちの日々の生活を支える重要な社会インフラの一つである、物流。

 

もはや当たり前になっている現代の便利な生活は、全国に張り巡らされた物流網と、24時間止まることなくモノを運ぶ物流会社があってこそ成り立っています。もし物流会社の業務が一斉に止まってしまうような事態となったら、途端に経済活動も止まり、人々の生活が立ち行かなくなります。

 

いかなるときもモノを運び続け、社会を支え続ける。

 

それが「物流会社の矜持」であり、その思いを胸に全国に散らばる何万社もの物流会社が、現在も昼夜を問わず奮戦しています。

 

現代だけではなく、物流ははるか以前から日本社会を支え続けてきました。

 

ただ、そうした事実は、人々に普段なかなか意識されることはありません。

 

昨今では「送料無料」や「時間指定」、「再配達」のサービスが当たり前となり、物流が人々にとって「私たちの生活を支えている」という意識はあまりなく、「当然あるべきもの」となっています。

 

そのことが垣間見えたのが2020年のコロナ禍でした。

 

当時、新型ウイルスの感染に人々が恐れるなか、自宅を訪れる宅配業者に対して、過剰に恐れ拒否したり、接触を拒んだりする人がいたと聞きます。

 

自らも感染するリスクを承知で「それでも物流を途絶えさせるわけにはいかない」と必死で荷物を運ぶスタッフへのこうした扱いには、胸が痛みました。

 

世の中の心ない対応の原因は、未知のウイルスに対しての恐怖心だけでなく、そもそも物流がいかなるものか、物流業界ではどういった人がどんな思いで働いているかが、あまり知られていないからではないか――。

 

運送会社の経営者としての視点から、日本の運送業がどのように発展してきたのかを解説していきます。

 

(※画像はイメージです/PIXTA)
(※画像はイメージです/PIXTA)

 

\\11/2(火)開催//
2023年3月末日まで 投資金額4,200万円 ⇒ 2,900万円の 「一括償却」 “コインランドリー事業”

丸共通運株式会社  代表取締役

1975年、愛知県生まれ。東海大学工学部を卒業し、三菱自動車に入社。生産システム立ち上げ、メンテナンス等の生産技術業務に従事。生産支援システム等では海外との折衝などで活躍する。その後、ファーストリテイリング柳井社長の著書に影響を受け、経営に興味を持つ。実家の丸共通運を継ぐ決意をし、入社。4年ほど現場作業を経験したのち、管理者に就任する。2012年には同社社長に就任。

顧客満足度向上、従業員満足度向上、そして社内教育システムの確立、また地域・お客様・従業員に愛される会社づくりを目指して、日々邁進中。

著者紹介

連載ステイホームで注目される物流…戦後・震災を乗り越えた秘策

※本連載は、鈴木朝生氏の著書『物流の矜持』(幻冬舎MC)より抜粋・再編集したものです。

物流の矜持

物流の矜持

鈴木 朝生

幻冬舎

大正3年、まだ大八車や馬車が物流の主な手段だった時代から、地域とともに歩み、発展を遂げてきた丸共通運。その歴史から、物流業界の変遷、日本の発展を振り返る。 丸共通運は大正3年に創業し、まだ大八車や馬車が物流の主…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧