バブル崩壊、大震災、コロナ…社会の苦難に伴走し続ける物流

新型コロナウイルスの感染拡大による外出自粛への呼びかけにより、宅配便等として生活を支える「物流」の重要性が再認識されましたが、物流ネットワークの重要性は、震災や豪雨といったトラブルが起こるたび注目を集めます。一方で物流は、まるで心臓から押し出される血液のごとく、景気の状況によって勢いに大きな変化が起こります。本記事では「物流」の歴史を紐解きながら、物流会社が社会で果たす役割や使命について見ていきます。

【期間限定/参加特典付】
医師だけしか買えない「不動産投資物件」ご紹介WEBセミナー 

バブル崩壊で沈む景気、そこに阪神・淡路大震災が…

1991年を過ぎると、さまざまなところで「泡のはじける音」が聞こえるようになりました。1975年以来上昇を続けてきた地価が徐々に下がり始め、その後、高級絵画やゴルフ会員権といった資産の値もどんどん下落……。

 

そうしてバブル経済は崩壊し、1993年前後から、日本は「失われた20年」と呼ばれる長い不景気のトンネルに入りました。

 

物流業界では、1991年から景気の減速が始まり、翌年、翌々年と国内貨物輸送量は下がり続けました。

 

また、国内景気の低迷によって、荷主である製造業や流通企業が物流コストの削減に走り、バブル期とは一転して、運賃が下がっていきます。物流2法の規制緩和による競争の激化も、運賃の下落に拍車をかけました。

 

そのあおりをもっとも大きく受けたのは、中小の運送事業者でした。保有トラックが10台に満たない小規模な業者は、社員に給料を払うことも厳しいような状況に追い込まれていきました。

 

そんな厳しい時代のなか、丸共通運は、幸いにもバブル崩壊の余波をさほど受けることなく、事業を続けていました。

 

当時の経営の柱となっていた飼料と食品の輸送は、不景気下でも必ず一定の需要があるものです。オイルショック時と同じように、輸送量はそこまで落ち込みませんでした。

 

バブル崩壊で沈む日本の景気……それにさらに追い打ちをかけるように、悲劇が起きます。

 

1995年1月17日、淡路島北端付近の深さ16キロメートルを震源とするマグニチュード7.3の地震、「阪神・淡路大震災」が発生しました。

 

都市直下型地震であったことから、その被害は甚大でした。

 

死者約6434人、負傷者約4万3792人。被害を受けた都市の広い範囲で停電、断水し、ガスの供給も絶え、家屋倒壊は10万戸を超えました。

 

阪神高速や新幹線の高架線がおよそ600メートルに渡って崩れ落ち、大規模な液状化が発生、大阪―姫路間の東西100キロメートルの都市部が被災した結果、日本の東西を結ぶ鉄道・高速道路・一般道が長期間寸断されました。

 

国土庁(現・国土交通省)による概算では、震災の被害総額が9兆6000億円にも及び、そのうち鉄道、港湾などの運輸関連施設の被害額が約1兆6000億円と、全体の約17%強を占めました。

 

鉄道はJR西日本、阪急電鉄、阪神電鉄など合計13社の路線において、高架橋落橋、トンネルや駅舎の損壊などの大きな被害が発生しました。ダメージが大きく、地震発後に運行が再開できなかった区間は、新幹線が京都―岡山間の219キロ、JR在来線が123キロ、民鉄線が296キロ、合計638キロに及んだといいます。

 

港湾施設は、兵庫県、大阪府、徳島県に渡り、24港で被害が生じました。特に被害の大きかった神戸港では、ポートアイランド地区、六甲アイランド地区のコンテナ埠頭など大半の施設が被災し、使用不可能な状態に陥りました。

 

幹線道路も、中国自動車道、阪神高速神戸線、湾岸線、国道2号線といった主幹道路が寸断され、物流網にも壊滅的な打撃を与えました。

 

トラック業界では、1183の事業者が被災。1日平均約55万トンを超える貨物が停滞し、全国的にも1日あたり最大で約3.5%以上のトラック貨物輸送量が影響を受けたといいます。その後、すぐに支援物資や復興資材の運搬が始まり、貨物輸送量は増加しています。これはひとえに、全国の物流業者が協力して災害に立ち向かい、人々の生活を支えるべく奮闘した証です。丸共通運でも、支援物資を積んだトラックを被災地区に送り、できる限りの復興支援を行いました。

輸送量は増加も、規制緩和で競争激化する物流業界

バブル崩壊、そして大震災……。

 

その後遺症は、1997年からさらに強く表れてきます。

 

1997年に増税された消費税の影響などにより、個人消費は冷え込む一方。モノが売れなければ企業の経営は苦しくなり、借金をして凌ぐしかありません。しかし銀行は、バブル崩壊以来、融資の蛇口を固く締め、中小企業への貸し出しは減り続けました。この「貸し渋り」から、倒産する中小企業が続出。失業者が増え、そうした世相に不安を覚えた消費者はさらにモノを買わなくなり……まさに負のスパイラルに陥っていました。

 

ヤオハン、京樽、三洋証券、山一證券といった大企業の倒産も相次ぎました。大蔵省(現・財務省)によると、1998年1月時点での不良債権の総額は76兆円にのぼったといいます。

 

2000年前後から、トラック業界全体としての輸送量は増加傾向にありましたが、「物流2法」による規制緩和後、事業者数が約5割増加して競争が激化、原油価格の高騰や環境規制への対応などで、厳しい状況が続いていました。

 

(※写真はイメージです/PIXTA)
(※写真はイメージです/PIXTA)

 

\\11/2(火)開催//
2023年3月末日まで 投資金額4,200万円 ⇒ 2,900万円の 「一括償却」 “コインランドリー事業”

丸共通運株式会社  代表取締役

1975年、愛知県生まれ。東海大学工学部を卒業し、三菱自動車に入社。生産システム立ち上げ、メンテナンス等の生産技術業務に従事。生産支援システム等では海外との折衝などで活躍する。その後、ファーストリテイリング柳井社長の著書に影響を受け、経営に興味を持つ。実家の丸共通運を継ぐ決意をし、入社。4年ほど現場作業を経験したのち、管理者に就任する。2012年には同社社長に就任。

顧客満足度向上、従業員満足度向上、そして社内教育システムの確立、また地域・お客様・従業員に愛される会社づくりを目指して、日々邁進中。

著者紹介

連載ステイホームで注目される物流…戦後・震災を乗り越えた秘策

※本連載は、鈴木朝生氏の著書『物流の矜持』(幻冬舎MC)より抜粋・再編集したものです。

物流の矜持

物流の矜持

鈴木 朝生

幻冬舎

大正3年、まだ大八車や馬車が物流の主な手段だった時代から、地域とともに歩み、発展を遂げてきた丸共通運。その歴史から、物流業界の変遷、日本の発展を振り返る。 丸共通運は大正3年に創業し、まだ大八車や馬車が物流の主…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧