生命、健康、資産3つの寿命が尽きると…「残念な老後」に転落

「人生100年時代」といわれています。22歳から65歳まで現役で働いていた時間よりも、定年後の時間のほうが長いのです。定年後の避けては通れない課題は「お金」「健康」「生きがい」。これが定年後の3大リスクです。この「3大リスク」をうまくクリアできれば、第二の人生をバラ色にすることがきます。本連載は長尾義弘・福岡武彦著『定年の教科書 お金 健康 生きがい』(河出書房新社)の一部を抜粋し、再編集したものです。

NEW!! 【医師限定】オンライン対話型セミナーはこちら

NEW!! 富裕層のための「寄付・遺贈寄付特集」はこちら

定年前の準備次第で老後が天国にも地獄にもなる

「生命」「健康」「資産」

人には3つの寿命がある

 

人には3つの寿命があるのをご存じでしょうか。

 

それは「生命寿命」「健康寿命」「資産寿命」です。

 

人には「生命寿命」「健康寿命」「資産寿命」という3つの寿命があるという。(※写真はイメージです/PIXTA)
人には「生命寿命」「健康寿命」「資産寿命」という3つの寿命があるという。(※写真はイメージです/PIXTA)

 

「生命寿命」は、まさに死ぬまでの期間です。いつ死ぬのかは誰にもわからないので、目安として平均寿命を使います。

 

「健康寿命」は、健康上の問題によって何らかの制限をされることなく日常生活を送れる期間です。つまり平均寿命と健康寿命の差が「健康ではない期間」になります。

 

平均寿命は延びているのですが、健康寿命がそこまで追いついていないのが現状です。

 

「資産寿命」は、老後資金がいつまでもつかということです。

 

定年後は就労で得る収入がなくなり、年金が収入の中心になります。年金だけで生活費が足りないときは、老後資金を取り崩す必要があります。そのため、老後資金は大切なのです。

 

たとえば、2000万円の老後資金があった場合、毎月5万円を取り崩したとすると、5万円×12か月×34年=2040万円。

 

65歳からだと98歳くらいまでは、なんとかもちます。

 

ところが、毎月8万円を取り崩したら、21年で2000万円を超えます(8万円×12か月×21年=2016万円)。

 

つまり、86歳で資産寿命がつきてしまう計算になります。

 

資産寿命は、できるだけ長く延ばしておきたいものです。死ぬまで老後資金がつきなければいいですね。健康寿命が先につきても困ります。不健康なまま生きることになるからです。

 

生命・健康・資産。この3つが同時につきるのが、理屈上は理想的でしょう。

 

平均寿命と希望寿命の

意外な差とは

 

老後が天国になるか地獄になるかは、定年前の準備にかかっているといっても過言ではありません。

 

「人生100年時代です。長生きのリスクを考えましょう。定年後の長い時間に備えましょう」などとセミナーでお話しすると、こんな反応が返ってくることがあります。

 

「備え? オレはそんなに長生きしないから大丈夫」

 

その根拠はどこにあるのでしょう。「医者から余命宣告をされているんですか」と、尋ねたくなってしまいます。

 

人がいつ死ぬかは誰にもわかりません。自分の寿命がわかっていれば人生のプランも立てやすいですが、こればかりは知りえないことです。その人は本当に長生きしないかもしれません。けれど、100歳まで生きるかもしれないのです。

 

「いつまで生きたいか」──いわゆる希望寿命についての調査があります。

 

BIGLOBEの「年齢に関するアンケート調査」(2018年)によると、希望寿命は77.1歳でした。平均寿命と比べると、ずいぶん若い年齢です。

 

なぜ、このような開きがあるのでしょう。

 

アンケートでは、約8割の人が老後に不安を感じています。つまり、「不安がある」ので「長生きしたくない」という考えで、希望寿命が短くなっているのです。たしかに早死にすれば、老後を心配する必要はありませんからね。

 

しかし、現実を見てください。平均寿命から考えると、希望どおりにいかない可能性は大いにあります。

 

【オンライン開催(LIVE配信)】希望日時で対応(平日のみ)
富裕層の税金対策資産運用の悩みを一挙解決!
「日本一富裕層に詳しい税理士」による無料個別相談セミナー

詳しくはこちら>>>

ファイナンシャルプランナー
AFP
日本年金学会会員

大学卒業後、出版社に勤務。いくつかの出版社の編集部を経て、1997年に「NEO企画」を設立。出版プロデューサーとして数々のベストセラーを生みだす。お金のしくみ、保険のカラクリについての得する情報を発信している。著書には『最新版 保険はこの5つから選びなさい』『かんたん!書き込み式 保険払いすぎ見直しBOOK』(河出書房新社)、『コワ~い保険の話』(宝島社)、『保険ぎらいは本当は正しい』(SBクリエイティブ)が、監修には年度版シリーズ『よい保険・悪い保険』などがある。

著者紹介

株式会社ライフエレメンツ代表取締役
税理士

大前研一氏が設立した起業家・アントレプレナー育成学校アタッカーズ・ビジネススクールを経て、以来30年以上にわたってアントレプレナー支援、インバウンド税務会計に携わっている。大手監査法人KPMGの金融・国際取引税務部、米国海外勤務、外資金融企業勤務を経て三聖トラスト会計事務所を設立。法人向けサービスとして、各分野の辛口の専門家をタレント化するプロダクション部を設ける。また、福利厚生や社員研修の一環として、オンデマンド研修、ビデオコンテンツ制作等をおこなうWEBライブイルミネーター事業を展開している。

著者紹介

連載定年後は余生ではない…愉しい老後ライフを手に入れる心構えと知恵

定年の教科書 お金 健康 生きがい

定年の教科書 お金 健康 生きがい

長尾 義弘 福岡 武彦

河出書房新社

「人生100年時代」といわれています。22歳から65歳まで現役で働いていた時間よりも、定年後の時間のほうが長いのです。第二の人生を余生などと思っていると、大変なことになります。 この長い時間を生きるのに、年金だけの「…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧