認知症患者は830万人、金融資産215兆円の凍結リスクに唖然

「人生100年時代」といわれています。22歳から65歳まで現役で働いていた時間よりも、定年後の時間のほうが長いのです。定年後の避けては通れない課題は「お金」「健康」「生きがい」。これが定年後の3大リスクです。この「3大リスク」をうまくクリアできれば、第二の人生をバラ色にすることがきます。本連載は長尾義弘・福岡武彦著『定年の教科書 お金 健康 生きがい』(河出書房新社)の一部を抜粋し、再編集したものです。

医師の方はこちら
無料メルマガ登録はこちら

5人に1人は認知症を発症、資産を守る方法とは

認知症と高齢者の金融資産に関する研究

 

高齢者に対する金融機関の取り組み、金融商品の説明などの研究も進められています。これらの研究を「金融ジェロントロジー」、または「金融老年学(ファイナンシャルジェロントロジー)」と呼びます。

 

「ジェロントロジー」とは「老年学」の意味で、ギリシア語の「ジェロント(老人)」と「オロジー(学問)」を合成した言葉です。

 

高齢化社会の問題を解決するために、医学、看護学、工学、法学、心理学などさまざまな分野からアプローチしています。アメリカでは金融と組み合わせて「資産寿命」「健康寿命」などの研究がおこなわれてきました。そして、日本でも「高齢社会における金融・経済・医療に関する研究会」が立ち上げられています。

 

金融資産全体の約1割、200兆円超が凍結されて動かせない状態になるかもしれないという。(※写真はイメージです/PIXTA)
金融資産全体の約1割、200兆円超が凍結されて動かせない状態になるかもしれないという。(※写真はイメージです/PIXTA)

 

認知症と高齢者の金融資産との関係も金融ジェロントロジーで議論されている問題です。

 

両者の関係をうまくまとめた報告書があります。それは「老後2000万円問題」で大きなニュースとなった金融審議会市場ワーキング・グループ報告書「高齢社会における資産形成・管理」です。

 

「2000万円」の部分だけクローズアップされましたが、この報告書は客観的データが詰まっているなかなかよい報告書です。老後の資産形成においても、参考になる資料がまとまっているので、一度読まれるとよいかもしれません。麻生財務大臣は報告書を受け取らなかったのですが、ネットでは見ることができます。

 

この報告書によると、1999年の時点では金融資産を持っている人の中で70歳以上の高齢者が持っている割合が18.4%でした。それが、2014年には33.6%に増えており、2035年にはなんと39.8%とほぼ倍になるということです。

 

第一生命経済研究所の「認知症患者の金融資産200兆円の未来」というレポートによると認知症患者の保有する金融資産額は、2030年には215兆円に達するそうです。家計の金融資産全体に占める割合としては、10.4%になる見込みです。

 

ということは、金融資産全体の約1割が凍結されて動かせない状態になるかもしれません。経済にとってお金は血液のようなものです。その資産が凍結されたら、日本経済にとっても大きなマイナスになるでしょう。

 

認知症になっても資産を守れるシステムをつくる

 

資産を守る一番の方法は、認知症にならないこと。そうはいっても、5人に1人は認知症を発症する時代です。自己管理だけでは完全に防ぎきれません。

 

対応策としては、認知症になったときに困らないシステムを作ることです。万が一、認知症を発病しても、資産を有効に管理できるようにしておくのです。

 

方法としては、成年後見制度、金銭信託、民事信託・家族信託などがあります。それぞれメリット・デメリットがあり、自分の状況によってベストな組み合わせを検討してください。

ファイナンシャルプランナー
AFP
日本年金学会会員

大学卒業後、出版社に勤務。いくつかの出版社の編集部を経て、1997年に「NEO企画」を設立。出版プロデューサーとして数々のベストセラーを生みだす。お金のしくみ、保険のカラクリについての得する情報を発信している。

著書には『最新版 保険はこの5つから選びなさい』『かんたん!書き込み式 保険払いすぎ見直しBOOK』(河出書房新社)、『コワ~い保険の話』(宝島社)、『保険ぎらいは本当は正しい』(SBクリエイティブ)が、監修には年度版シリーズ『よい保険・悪い保険』などがある。

【ホームページ:http://neo.my.coocan.jp/nagao/

著者紹介

株式会社ライフエレメンツ代表取締役
税理士

大前研一氏が設立した起業家・アントレプレナー育成学校アタッカーズ・ビジネススクールを経て、以来30年以上にわたってアントレプレナー支援、インバウンド税務会計に携わっている。大手監査法人KPMGの金融・国際取引税務部、米国海外勤務、外資金融企業勤務を経て三聖トラスト会計事務所を設立。法人向けサービスとして、各分野の辛口の専門家をタレント化するプロダクション部を設ける。また、福利厚生や社員研修の一環として、オンデマンド研修、ビデオコンテンツ制作等をおこなうWEBライブイルミネーター事業を展開している。

著者紹介

連載定年後は余生ではない…愉しい老後ライフを手に入れる心構えと知恵

定年の教科書 お金 健康 生きがい

定年の教科書 お金 健康 生きがい

長尾 義弘 福岡 武彦

河出書房新社

「人生100年時代」といわれています。22歳から65歳まで現役で働いていた時間よりも、定年後の時間のほうが長いのです。第二の人生を余生などと思っていると、大変なことになります。 この長い時間を生きるのに、年金だけの「…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧