夫婦で月24万円だったが…「年金足りず」老後資金額に絶句

「人生100年時代」といわれています。22歳から65歳まで現役で働いていた時間よりも、定年後の時間のほうが長いのです。定年後の避けては通れない課題は「お金」「健康」「生きがい」。これが定年後の3大リスクです。この「3大リスク」をうまくクリアできれば、第二の人生をバラ色にすることがきます。本連載は長尾義弘・福岡武彦著『定年の教科書 お金 健康 生きがい』(河出書房新社)の一部を抜粋し、再編集したものです。

【期間限定/参加特典付】
医師だけしか買えない「不動産投資物件」ご紹介WEBセミナー 

「第二人生」をバラ色に変える方法とは

定年後は「余生」ではなく、「第二の人生」だ!

 

老後を「余生」なんて思っていると、「こんなはずじゃなかった!」ということになります。

 

昭和の時代ぐらいまででしたら定年後を「余生」という表現も、ある程度当てはまっていたかも知れません。しかし、平成・令和は「余生」なんて思っていると、とんでもないことになります。

 

後悔をしても、遅いのです。

 

どうして、以前は「余生」でもよかったのが、いつの間にか「第二の人生」になったのか? 考えてみたいと思います。そして、「第二の人生」をバラ色に変える方法を考えていきましょう。

 

この50年で老後生活は16年延長されたという。(※写真はイメージです/PIXTA)
この50年で老後生活は16年延長されたという。(※写真はイメージです/PIXTA)

 

昭和の時代は、「老後生活」は短かった!

 

国民的漫画の「サザエさん」をご存じだと思います。朝日新聞で、昭和26年から何度か休載はありましたが、昭和49年まで連載が続けられました。

 

サザエさんの父、「磯野波平」の年齢が54歳という設定になっているのをご存じでしょうか? 今の54歳の人に比べるとかなり老けているような印象を受けます。

 

昭和30年というのは、55歳が定年です。ちなみに55歳定年制は、1994年に改正高年齢者雇用安定法が60歳未満の定年が原則禁止になるまで続きました。

 

昭和30年から昭和45年の平均寿命を見てみると、下記のようになります。

 

1955年(昭和30年)男性63.60、女性67.75

1960年(昭和35年)男性65.32、女性70.19

1965年(昭和40年)男性67.74、女性72.92

1970年(昭和45年)男性69.31、女性74.66

 

定年が55歳で、1960年の平均寿命は約65歳ですので、老後の期間というのは約10年です。

 

50年間で老後生活が16年延長になった!

 

2020年は長寿化が進んでいて、65歳以上の高齢者が総人口に占める割合は28.4%です(総務省「人口推計」2019年)。

 

現状は、60歳定年が一般的で、65歳までは再雇用として働くというのもめずらしくありません。一方、平均寿命は延びて、男性81.41歳、女性87.45歳です(厚生労働省「簡易生命表」2019年)。また男性の4人に1人は、90歳まで生きるのが平均です。

 

90歳まで生きるとしたら、65歳で再雇用が終わってから25年間あります。そして90歳に近づく頃にはさらに平均寿命が延びると予想されます。

 

1960年(昭和35年)の時代と50年後の2020年の定年後を比較すると、平均寿命は16年延びています。老後生活が16年長くなると言うことです。このことが老後生活に対してどんな影響を与えたのか、そして、どんな不安(リスク)があるのかを「お金・健康・生きがい」について検証してみましょう。

 

【オンライン開催(LIVE配信)】22年1/21(金)開催
不動産経営の法人化による税金対策と事例紹介
賃貸マンション経営オーナのための
緊急「税金対策」セミナー 詳しくはこちら>>>

ファイナンシャルプランナー
AFP
日本年金学会会員

大学卒業後、出版社に勤務。いくつかの出版社の編集部を経て、1997年に「NEO企画」を設立。出版プロデューサーとして数々のベストセラーを生みだす。お金のしくみ、保険のカラクリについての得する情報を発信している。

著書には『最新版 保険はこの5つから選びなさい』『かんたん!書き込み式 保険払いすぎ見直しBOOK』(河出書房新社)、『コワ~い保険の話』(宝島社)、『保険ぎらいは本当は正しい』(SBクリエイティブ)が、監修には年度版シリーズ『よい保険・悪い保険』などがある。

【ホームページ:http://neo.my.coocan.jp/nagao/

著者紹介

株式会社ライフエレメンツ代表取締役
税理士

大前研一氏が設立した起業家・アントレプレナー育成学校アタッカーズ・ビジネススクールを経て、以来30年以上にわたってアントレプレナー支援、インバウンド税務会計に携わっている。大手監査法人KPMGの金融・国際取引税務部、米国海外勤務、外資金融企業勤務を経て三聖トラスト会計事務所を設立。法人向けサービスとして、各分野の辛口の専門家をタレント化するプロダクション部を設ける。また、福利厚生や社員研修の一環として、オンデマンド研修、ビデオコンテンツ制作等をおこなうWEBライブイルミネーター事業を展開している。

著者紹介

連載定年後は余生ではない…愉しい老後ライフを手に入れる心構えと知恵

定年の教科書 お金 健康 生きがい

定年の教科書 お金 健康 生きがい

長尾 義弘 福岡 武彦

河出書房新社

「人生100年時代」といわれています。22歳から65歳まで現役で働いていた時間よりも、定年後の時間のほうが長いのです。第二の人生を余生などと思っていると、大変なことになります。 この長い時間を生きるのに、年金だけの「…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!