「これ捨てるわよ」ピンチ!骨董愛好家…恐妻を出し抜いた方法

本記事は『妻に隠しごとがあるオーナー社長の相続対策』(幻冬舎MC)より一部を抜粋したものです。最新の法令・税制等には対応していない場合がございますのであらかじめご了承ください。

【期間限定/参加特典付】
医師だけしか買えない「不動産投資物件」ご紹介WEBセミナー 

骨董品大好きの社長に突然の災難が…

十津川倉庫の十津川社長は若い頃から骨董品が大好きだった。仕事を始めた頃は貧しく、気に入った壺や掛け軸などを見つけても買うことができなかったが、50代になって経済的な余裕ができると大金をつぎ込むようになった。見かねた妻と大喧嘩になり、買い集めた貴重な骨董品を捨てられてしまったことがある。

 

(※写真はイメージです/PIXTA)
(※写真はイメージです/PIXTA)

 

そんなことで諦められない十津川社長はその後、密かにマンションを借りた。さらに、もう一度骨董品を買い集め、広いリビングいっぱいに陳列スペースを設けた。かけたコストの総額は高級外車が買えるほどだ。休みの日にはマンションに通い、骨董品を眺めながら一杯飲むのが至福のひとときだ。

 

趣味を通じた仲間もでき、時々彼らを招いて骨董品談義に花を咲かせることもある。みな十津川社長のコレクションを素晴らしいと絶賛。集めたアイテムの中には有名作家の壺などもあるため、その価値は数千万円になるのではと評価する人もいた。

 

まだまだ充実させたいと趣味に燃える十津川社長だったが、最近になって健康面で異変が起きた。

新月税理士法人 代表社員

平成17年3月税理士登録 平成23年5月新月税理士法人設立
お客様の人生に添ったタックスプランを設計するタックスデザイナー。争いになる前の相続人同士の関係に配慮した細やかな調整から事業承継および相続のための株価算定、納税猶予などの資産税対策を通じてオーダーメイドの生涯タックスプランをデザインする。

著者紹介

連載幻冬舎ゴールドオンライン人気記事ピックアップ

妻に隠しごとがあるオーナー社長の相続対策

妻に隠しごとがあるオーナー社長の相続対策

佐野 明彦

幻冬舎メディアコンサルティング

どんな男性も妻や家族に隠し続けていることの一つや二つはあるものです。妻からの理解が得にくいと思って秘密にしている趣味、誰にも存在を教えていない預金口座や現金、借金、あるいは愛人や隠し子、さらには彼らが住んでいる…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧