NHKから執筆依頼?…認知症父は夜遅くまで執筆で昼寝の毎日

「親が認知症で要介護」という境遇の人は今後、確実に増加していくでしょう。そして、介護には大変、悲惨、重労働といった側面があることも事実です。しかし、介護は決して辛いだけのものではなく、自分の捉え方次第で面白くもできるという。「見つめて」「ひらめき」「楽しむ」介護の実践記録をお届けします。本連載は黒川玲子著『認知星人じーじ「楽しむ介護」実践日誌』(海竜社)から一部を抜粋、編集した原稿です。

【期間限定/参加特典付】
医師だけしか買えない「不動産投資物件」ご紹介WEBセミナー 

認知症父「デイサービスには行かないから」

YAZAWAかいっ!

 

じーじは月曜日から土曜日、デイサービスに出勤(わが家では出勤と言っている)しているのだが、最近土曜日のデイサービスから帰ってくるや否や、般若のような表情で怒っていることが多くなった。

 

「オレは今度いつ、あそこに行くんだ! いいか、あそこのデイは、水道から氷水が出るんだ。おまけに、部屋の中は、満州より寒いんだ。このままでは、凍え死んでしまうぞ。そしてな、行くとすぐ荷物を取り上げられて、帰るまで返してくれないんだ。あそこは、シベリアの収容所だ!」

 

黒川玲子著『認知星人じーじ「楽しむ介護」実践日誌』(海竜社)
黒川玲子著『認知星人じーじ「楽しむ介護」実践日誌』(海竜社)

満州にいたことは事実だけど、シベリア収容所に入ったなんて聞いてないけどなあ、なんて事実関係を確認している場合じゃないほど、怒っている。

 

デイサービスでの様子はどうなのか、ケアマネジャーやスタッフに確認するも、さすがじーじは外ヅラ良夫君(外面がいい)なので、思い当たることはないとの回答。翌週、デイサービスから帰ってくるや否や、

 

「俺はもうデイサービスには行かないから、そこんとこヨロシク!」
「そこんとこヨロシク! って、YAZAWAかいっ!」

 

なんて笑っている場合じゃない。なんとしても、土曜日にデイサービスに行ってもらわないと、私はおちおち仕事をしていられない状況になってしまう。そこで、まずは、落ち着いてもらうために、じーじの安定剤であるビールを献上し、よくよく話を聞いてみたところ。

 

「あの、デイは、Pという、大阪が本社の会社だっていうのは本当か?」
「そうだよ」
「やっぱりそうか、あそこは昔から会社の体制に問題があるんだ。俺が若い頃、いろいろあって、あのPにはどれだけ嫌がらせをされたか知っているか。俺が昔Tという会社の仕事をしていることをどこかで知ったんだな。だから、水道から氷水が出るんだ」

 

ひえ~、じーじが行きたくない理由は、運営会社が大嫌いなP社だったからか! 結局、それ以降じーじは土曜日にはデイサービスに行かなくなったので、この事件は未解決のままなのである。

医療福祉接遇インストラクター
東京都福祉サービス評価推進機構評価者

埼玉県生まれ。博報堂勤務を経て、埼玉県内の介護事業会社勤務。医療福祉接遇インストラクター、東京都福祉サービス評価推進機構評価者。2001年より成長期の大手介護事業会社において、広告宣伝室室長として、社外向けの広報誌の作成、入居者促進業務に携わる。
2015年、株式会社ケー・アール・プランニング設立。編集プロダクションとして介護・福祉を専門とした雑誌の編集を行う傍ら、接遇マナーインストラクターとして、介護付有料老人ホームやデイサービス等で介護の現場に即した研修を行っている。

著者紹介

連載見つめてひらめく介護のかたち「楽しむ介護」実践日誌

認知星人じーじ「楽しむ介護」実践日誌

認知星人じーじ「楽しむ介護」実践日誌

黒川 玲子

海竜社

わけのわからない行動や言葉を発する前に必ず、じーっと一点を見据えていることを発見! その姿は、どこか遠い星と交信しているように見えた。その日以来私は、認知症の周辺症状が現れた時のじーじを 「認知症のスイッチが入っ…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧