「キレそうだから帰る」弟が逃亡した認知症父のあり得ない一言

「親が認知症で要介護」という境遇の人は今後、確実に増加していくでしょう。そして、介護には大変、悲惨、重労働といった側面があることも事実です。しかし、介護は決して辛いだけのものではなく、自分の捉え方次第で面白くもできるという。「見つめて」「ひらめき」「楽しむ」介護の実践記録をお届けします。本連載は黒川玲子著『認知星人じーじ「楽しむ介護」実践日誌』(海竜社)から一部を抜粋、編集した原稿です。

医師の方はこちら
無料メルマガ登録はこちら

「姉貴、悪い、本当にごめん。俺は今日帰る」

弟逃亡事件

 

じーじを日中一人にしておくわけにはいかないので、月曜日から金曜日はデイサービスを利用している。私が夜遅くなる時にはヘルパーさんに夕飯をお願いしたり、たまに息抜きがしたい時にはショートステイを利用するなど介護保険をフル活用している。

 

一番困るのが、お通夜などの突発事項が起きた時だ。今回は準夜勤ちゃん(私の娘)も仕事を休むわけにもいかず、たまたま日曜日だったので都内に住む弟に急遽、じーじのお世話係を任命したのだが……事件は起こった!

 

慣れないじーじの世話に弟がついに切れたという。(※写真はイメージです/PIXTA)
慣れないじーじの世話に弟がついに切れたという。(※写真はイメージです/PIXTA)

 

その日、弟は以前からじーじに依頼されていたという戸籍謄本(なぜか、弟のもの)を持ってやってきた。そろそろ出かけようと支度をしていると、なにやらじーじが戦闘態勢! 戸籍謄本を机に叩きつけ「これじゃない」と怒鳴っている。

 

よくあることだから、と聞こえないふりをしていたが、「満鉄のことを調べに、満州に行ってこい」とか「俺は戸籍がないから山口の土地が売れない」とか、意味不明なことを言っている。そもそも、じーじの戸籍はさいたま市にあるし、山口県に土地は所有していないはずだが……。

 

弟はめったなことでは怒らない。だいたい、怒ったことは見たことがない。「そっか、そっか」と根気よくじーじの話を聞いてくれる弟に、じーじは「俺は自立するんだから、お前らの世話にはならん。帰れ」と、何が気に入らないのか猛攻撃!

 

そ、そしてついに弟がキレた!

 

「姉貴、悪い、本当にごめん。俺は今日帰る。このままだと大声出しそうだから……」

 

ぎゃ~! 弟、逃亡! 中学時代の大恩師のお通夜、何があっても参列したいが、急なことでヘルパーさんも頼めず、緊急ショート*も無理だった。

 

こうなったら放置だ! 裏の関所のおばちゃんに事情を説明し、じーじを一人残して外出。私より一足早く戻った準夜勤ちゃん(私の娘)によると、

 

「ロダンの彫刻みたいに固まってた」のだそうだ。

 

無事5時間半、お留守番ができました。めでたし、めでたし。

 

緊急ショート
居宅サービス計画(ケアプラン)において利用計画のない利用者を緊急で受け入れをすること。余談になるが、急な受け入れをしてくれた事業所には、緊急短期入所受入加算というのが付く。

 

【オンライン(LIVE配信)】6/24(木)開催
「日本一富裕層に詳しい税理士」が教える
大増税時代の「節税」「資産運用」テクニック 
詳しくはこちら>>>

 

医療福祉接遇インストラクター
東京都福祉サービス評価推進機構評価者

埼玉県生まれ。博報堂勤務を経て、埼玉県内の介護事業会社勤務。医療福祉接遇インストラクター、東京都福祉サービス評価推進機構評価者。2001年より成長期の大手介護事業会社において、広告宣伝室室長として、社外向けの広報誌の作成、入居者促進業務に携わる。
2015年、株式会社ケー・アール・プランニング設立。編集プロダクションとして介護・福祉を専門とした雑誌の編集を行う傍ら、接遇マナーインストラクターとして、介護付有料老人ホームやデイサービス等で介護の現場に即した研修を行っている。

著者紹介

連載見つめてひらめく介護のかたち「楽しむ介護」実践日誌

認知星人じーじ「楽しむ介護」実践日誌

認知星人じーじ「楽しむ介護」実践日誌

黒川 玲子

海竜社

わけのわからない行動や言葉を発する前に必ず、じーっと一点を見据えていることを発見! その姿は、どこか遠い星と交信しているように見えた。その日以来私は、認知症の周辺症状が現れた時のじーじを 「認知症のスイッチが入っ…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧