東京圏のブラックホール現象…約7万人の若者が吸い込まれる

少子化の進展により、労働力不足の問題が深刻化の一途を辿る日本。今後企業が生き残っていくには、経験豊かなシニア人材をいかに活用できるかが勝負です。とはいえ現状の危機をいまいち把握できていない企業が多いことも事実。ここでは生産年齢人口に着目し、今後の雇用情勢について解説します。※本連載は、石黒太郎氏の著書『失敗しない定年延長』(光文社)より一部を抜粋・再編集したものです。

【医師限定】節税、開業、資産形成…全部叶える!
資産家ドクターになる「不動産投資」講座 開催中>>

2045年には4分の1に…激減する「15~64歳」の割合

少子高齢化が進展する日本。今後、日本企業が国内の若者を安定的に採用することは困難になる一方です。前回の記事『「大卒」が当たり前の時代…中卒から高卒へシフトの過去に学ぶ』では総人口に着目し、今後見込まれる変化について解説しました(関連記事参照)。

 

(※写真はイメージです/PIXTA)
(※写真はイメージです/PIXTA)

 

総人口の推移に続き、生産年齢人口についてもマクロ変化を把握しておきましょう。図表1は、日本の人口を3つの年齢区分に分け、1920年から2095年までの175年間の推移をグラフにしたものであり、2020年以降のデータは予測値になります。

 

出所:国立社会保障・人口問題研究所「日本の将来推計人口(平成29年推計)」に基づき、筆者作成
[図表1]年齢3区分別人口の推移 出所:国立社会保障・人口問題研究所「日本の将来推計人口(平成29年推計)」に基づき、筆者作成

 

折れ線グラフの一番上の線が、生産年齢と言われる15歳から64歳の人口の推移を示しています。前節で日本の総人口のピークが2008年であったことに触れました。生産年齢人口のピークはそれより13年も昔の1995年であり、その数は8726万人です。これが2020年には7406万人にまで落ち込み、ピークから四半世紀で既に約1300万人減少しました。

 

しかし、生産年齢人口の減少はまだ始まったばかりと言っても過言ではありません。これから次の四半世紀でさらに約1800万人減少することが予測されています。具体的には、2045年に生産年齢人口が5584万人となり、2020年に対して約25%の減少、4人に1人がいなくなる計算です。

 

また、図表2は1995年と2020年、そして2045年の日本の人口ピラミッドを比較したグラフです。1995年から2045年までの50年間で人口が大きく減少し、2045年の生産年齢人口部分だけを見ると美しさすらある逆ハの字の、尻すぼみになってしまっています。つまり、生産年齢人口が減るだけでなく、日本全体の高齢化も同時に進んでいくという状況が見て取れます。

 

出所:国立社会保障・人口問題研究所「日本の将来推計人口(平成29年推計)」に基づき、筆者作成
[図表2]人口ピラミッドの比較 出所:国立社会保障・人口問題研究所「日本の将来推計人口(平成29年推計)」に基づき、筆者作成

雇用情勢が激変…今後は「企業が圧倒的不利」な時代

こういった生産年齢人口の減少は、日本の雇用情勢にはっきりとした影響を及ぼしています。図表3は、平成9年(1997年)から平成30年(2018年)までの約20年間の有効求人倍率と完全失業率の推移を示したグラフです。
 

出所:厚生労働省 職業安定局 雇用政策研究会 第1回資料(2018)
[図表3]有効求人倍率と完全失業率の推移 出所:厚生労働省 職業安定局 雇用政策研究会 第1回資料(2018)

 

「求人倍率が高い」とは、求職者にとって有利な状況を意味し、連動して失業率が低くなる傾向にあります。逆に「求人倍率が低い」とは、採用する企業側にとって有利な状況であり、失業率は高くなります。

 

このように、有効求人倍率と完全失業率の2つは相反関係にあることを念頭に置き、図表3をご覧ください。平成14年(2002年)頃から、平成20年(2008年)のリーマンショックによる不況期を除いて、有効求人倍率は右肩上がり、完全失業率は右肩下がりの傾向にあることが、容易に見て取れると思います。

 

このことから、今後も日本の雇用情勢は求職者側に有利、採用する企業側に不利な状況が、不況期を除いて続くことが想定されます。特に若手獲得競争は、少子化進展によって激化することはあっても、鈍化することはないでしょう。

地方の若者を吸い込む「東京圏のブラックホール現象」

地方企業について言えば、人材確保において憂慮すべきは日本全体の人口減少だけではありません。東京圏(一都三県:東京・神奈川・千葉・埼玉)への人口一極集中も大きなマイナス要因となり得ます。

 

図表4は、東京圏の転入・転出者数の推移を示したグラフです。それぞれの年の左の棒が転入した人の数、右の棒が転出した人の数を表しています。

 

出所:総務省「 住民基本台帳人口移動報告」に基づき、筆者作成
[図表4]東京圏の年齢別転入・転出者数の推移 出所:総務省「 住民基本台帳人口移動報告」に基づき、筆者作成

 

毎年、左の棒グラフ(転入者数)が右(転出者数)より高い状況にあることは一目瞭然です。つまり、日本全国では人口減少が進んでいる一方で、東京圏では人口が増えていることを意味しています。

 

また、世代毎の状況をよく見てみると、全体の転入と転出の差のほとんどが20歳代の若者によるものであることが分かります。東京圏以外の日本全国から、毎年、約7万人の若者が東京圏に吸い込まれ、わずか3年で中核市1つ分の人口と同数の若者が地方から消えています。これを「東京圏のブラックホール現象」と呼び、東京圏の物価水準の高さや子育てに不便な環境を引き起こし、少子化の一因になっているとも考えられています。

 

従って、読者のあなたが地方企業あるいは地方に拠点を持つ企業に勤務している場合、自社の所在地近辺の人口が今後どうなっていくかにも留意しておくべきでしょう。総務省発表の『2040年の人口の動向について』という資料の中に、2015年から2040年にかけての市区町村別の人口変動予測が紹介されていますので、是非チェックしてみてください。以下に、人口100万人以上の都市の状況だけ抜粋してみます。

 

<2015年~2040年の人口変動予測>

人口増加:さいたま市・川崎市・福岡市

±0〜▲10%:札幌市・横浜市・名古屋市・京都市・大阪市・広島市

▲10〜20%:仙台市・神戸市

 

こういった大都市ですら人口減少は避けられず、地方の小都市になるとマイナス30%や40%、あるいはそれ以上の減少率も予測されています。大変ショッキングな数字ですが、現実のものとして受け止めて長期的な人材確保の対策を講じましょう。

 

 

石黒 太郎

三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社

コンサルティング事業本部 組織人事戦略部長・プリンシパル

 

 

 近日開催!注目のセミナー 

※ 【9/25開催】マレーシア・新ランドマーク 『THE SAIL』~5つ星ホテル投資の全貌

 

※ 【9/25開催】\相続税対策/不動産小口化商品「セレサージュ」シリーズ、情報解禁!

 

 9-10月開催のセミナー 

※ 【9/15開催】関東在住or不動産オーナー必見…相続税を減らす「生前の不動産対策」

 

※ 【9/17開催】最長19年家賃収益保証+買取オプション付マレーシア「5つ星ホテル投資」

 

※ 【9/18開催】入居率99%を本気で実現する「堅実アパート経営」セミナー

 

※ 【9/18開催】1棟アパート投資で「利回り20%/売却益2千万」獲得!

 

※ 【9/24開催】10年・年10%利回り保証「ベトナム・5つ星スパリゾートホテル投資」

 

※ 【9/29開催】資産はあるけど活用方法にお悩みの方必見のオンラインセミナー!

 

※ 【9/30開催】自己資金0円で始める!次世代のアパート経営「ROBOT HOUSE」の全貌

 

※ 【10/2開催】「フィリピン×シンガポール」世界の富裕層が実践する資産保全術

 

※ 【10/2開催】節税+利回り6.16%!新感覚「グランピングリゾート」

 

※ 【10/13開催】次世代の医療~栄養状態に着目した診療ポイント【医師・歯科医師限定】

 

少人数制勉強会】30代・40代から始める不動産を活用した資産形成勉強会

 

医師限定】資産家ドクターになる「不動産投資」講座

 

【対話型セミナー/複数日】会社員必見!副収入を得るために何をすべきか?

 

【40代会社員オススメ】新築ワンルームマンション投資相談会

三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社 コンサルティング事業本部 組織人事戦略部長・プリンシパル

1973年生まれ。慶應義塾大学法学部政治学科卒業後、1996年、株式会社デンソー入社。以来17年間、人事部門に在籍し、うち約4年半を北米生産法人の人事・総務部門の責任者として海外駐在。

その後、事業部門の事業企画管理職を経て、2016年、コンサルタントにキャリアチェンジ。人事の実務および管理職としての国内外での経験、ノウハウ、現場感覚に基づき、顧客目線に立ったサービスを提供している。

著者紹介

連載令和時代、「シニア活用」こそ企業存続のカギ…失敗しない定年延長

失敗しない定年延長 「残念なシニア」をつくらないために

失敗しない定年延長 「残念なシニア」をつくらないために

石黒 太郎

光文社

シニア活用こそが、人材不足解消の最後の砦。 「定年延長」に失敗すれば、日本経済は必ず崩壊する…。 少子化の進展により、日本の生産年齢人口は急激に減少中。さらに、バブル期入社組の大量定年退職が秒読みに入ったこ…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧