恐しい…老人ホーム「緊急連絡、病院搬送」が起きる魔の時間帯

どうやって老人ホームを選んだらいいのか? それには入居者の生の声を聞くのが一番と、国内最大の老人ホーム紹介センターを経営する著者は断言します。そこで著者は、数々の入居者のエピソードを通して、ホームでの暮らしの悲喜こもごもを紹介。現在、国内最大の老人ホーム紹介センターを経営する著者が、実は知らない老人ホームの真実を明らかにします。本連載は小嶋勝利著『老人ホーム リアルな暮らし』(祥伝社新書)の抜粋原稿です。

【オンライン開催(LIVE配信)】12/5(土)開催
「医師サバイバル」緊急セミナー開催!【医師限定】
勤務医のための「キャリア戦略&資産形成戦略」を考える
詳しくはこちら>>>

入浴は原則週2回、1人で入浴する「個浴」が主流

リアルに疑似体験─老人ホームの24 時間

 

入居者や家族は、老人ホームの日常をぜひ理解してほしい。これから書くことが実態であり、これが真実です。ここでは、介護付き有料老人ホームの一日を、時間軸で説明していきたいと思います。提供されるサービスの手厚さと利用料金は、比例しています。料金によっては、ここで記載されていることをしてもらえないホーム、逆に、さらに手厚くしてもらえるホームがあるということに、留意してください。

 

老人ホームの入浴は原則週2回だという。(※写真はイメージです/PIXTA)
老人ホームの入浴は原則週2回だという。(※写真はイメージです/PIXTA)

 

入浴は原則週2回

 

入浴は介護保険法で定められている回数になります。

 

一昔前は、大浴場で複数の入居者、複数の介護職員とで、ワイワイガヤガヤ入浴したものですが、最近は「個浴」と呼ばれる小さな家庭用のお風呂で、一人で入浴するホームが多いようです。

 

プライバシーの保持という観点では素晴らしいことだと思いますが、個浴は密室になり職員とマンツーマンになるため、職員による虐待やいじめの温床になるケースも多くなります。最近の老人ホームでの事件、事故を見ても、夜間帯や入浴中など、比較的他の職員の目が少ないところ、時間帯で起きています。

 

老人ホームの入浴は、昼間です

 

よくよく考えると、不思議なことなのですが、老人ホームの入浴は、普通、昼間に行なわれます。私もそうですが、多くの皆さんは、日常生活において休日以外で入浴を昼間にするというケースは稀ではないでしょうか。もちろん、温泉旅行などに行った場合などは、昼間から入浴ということはあると思いますが……。

 

今まで夜に入浴していた場合、老人ホームに入居した瞬間に、昼間に入浴することになります。ちょっとしたリゾート気分、毎日が日曜日ということを実感させられます。さらに、前記のように、老人ホームの入浴は原則週2回です。3回までは無料、4回目以降からは有料で入浴を支援するといったホームもあります。

 

ここでよく議論されることは、「毎日入浴したい」「自宅にいる時は、毎日入浴していた」という入居者が少なからずいることです。私の働いていたホームでも、毎日夜に入浴していた入居者が数名いました。この入居者の方々は、完全自立の高齢者で、入浴後の清掃もご自身で行なっていたほどです。もちろん、特別な料金は1円たりとも取っていませんでした。職員は入浴前に浴室内を点検し、入浴終了時に入浴者は、必ず職員に対し入浴が終わったことを連絡することがルールになっていました。

株式会社ASFON TRUST NETWORK 常務取締役

(株)ASFON TRUST NETWORK常務取締役。1965年神奈川県生まれ。日本大学卒業後、不動産開発会社勤務を経て日本シルバーサービスに入社。介護付き有料老人ホーム「桜湯園」で介護職、施設長、施設開発企画業務に従事する。2006年に退職後、同社の元社員らと有料老人ホームのコンサルティング会社ASFONを設立。2010年、有料老人ホーム等の紹介センター大手「みんかい」をグループ化し、入居者ニーズに合った老人ホームの紹介に加えて、首都圏を中心に複数のホームで運営コンサルティングを行っている。老人ホームの現状と課題を知り尽くし、数多くの講演を通じて、施設の真の姿を伝え続けている。

著者紹介

連載実は知らない老人ホームの真実

誰も書かなかった老人ホーム

誰も書かなかった老人ホーム

小嶋 勝利

祥伝社新書

老人ホームに入ったほうがいいのか? 入るとすればどのホームがいいのか? そもそも老人ホームは種類が多すぎてどういう区別なのかわからない。お金をかければかけただけのことはあるのか? 老人ホームに合う人と合わない人が…

老人ホーム リアルな暮らし

老人ホーム リアルな暮らし

小嶋 勝利

祥伝社新書

今や、老人ホームは金持ちが入る特別な存在でななく、誰もが入居する可能性の高い、社会資本です。どうやって老人ホームを選んだらいいのか?それには入居者の生の声を聞くのが一番と、国内最大の老人ホーム紹介センターを経営…

もはや老人はいらない!

もはや老人はいらない!

小嶋 勝利

ビジネス社

コロナより怖い、老人抹殺社会の現実がここに。老人ホームの裏の裏まで知り尽くす第一人者が明かす、驚愕の事実! 日本は世界に先駆けて超高齢化社会と言われています。老人の数は加速度的に増え、このままでいくと日本は老…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧