高齢者の理想的住まい方は、結局「子供たちと同居」という結論

新型コロナより怖い、老人抹殺社会の現実が忍び寄ってきている。「老人はもう長生きしない。なぜなら、老人を殺してもおかしくない社会になっているからだ」――。老人ホームの裏の裏まで知り尽くす第一人者が明かす、驚愕の事実。超高齢化社会ニッポンが抱える問題点を明らかにする。本連載は小嶋勝利著『もはや老人はいらない!』(ビジネス社)から一部を抜粋、編集したものです。

NEW【最新セミナー情報】

“医師専門”の資産形成コンサルによる

勤務医だけのための投資セミナー~不動産投資~

他の情報とは違うと言い切れる理由があります。

理由はコチラ

人間は不幸な未来と正面から向き合えない

わかっているけれどできない現実。そこがもどかしい

 

老人ホームは、自分の今の状態に一番マッチした老人ホームを選ぶことが重要になるのです。

 

ここまでの話の中で一番重要な肝は何かと言いますと、〝自身が認知症になったら〞〝身体が不自由になったら〞どうなるのかを元気なうちからイメージしておきたいということです。考えたくないことですが、考えなければならないことです。人間は嫌なことや都合の悪いことは考えたくありません。だから考えないように先送りしてしまいます。

 

人間は嫌なことや都合の悪いことは考えたくありません。(※写真はイメージです/PIXTA)
人間は嫌なことや都合の悪いことは考えたくありません。(※写真はイメージです/PIXTA)

 

しかし、よく考えてみてください。もしあなたが85歳ぐらいまで生きるつもりであれば、50%程度の確率で認知症になるのです。自身が認知症になる確率は高いと判断しなければなりません。しかし多くの人は、認知症にならない50%のほうに自分だけは入ると考えまさらに自分は80歳まではとても生きないから大丈夫だとも言います。いくらわかっていても、いくら頭で理解できていても、人間とは不幸な未来と正面から向き合うことはできないようにできているのです。タバコは身体に悪いとわかっていながら火を点けてしまい、もう飲まないと決めながら今日もお酒を飲んでいるのが実態です。

 

かく言う私も定期的に届く年金定期便を見るにつけ、「この金額だけで老後を暮らすことは難しい。ましてや老人ホームに入居するなど不可能だ」と考え、「何とかしなければ」と考えています。頭では、「虎の子の金融資産を株や外国為替などで運用すれば、少しは増えるかもしれない、いや今からの時代、このような財テクに取り組むことは重要なのだ。だから勉強しなければならない」とも考えています。しかし実際には、何もやっていません。次の瞬間には、そのことを考えないようにしているのです。きっと深層心理の中で、「何とかなるだろう」と高をくくっているのだと思います。人に対し、もっと老人ホームのことを勉強しろ! などと偉そうなことを言っている立場ではないのです。反省することばかりです。

 

私が自立の高齢者の方々にいつもお願いしていることは、自立用の老人ホームに入居したその瞬間から自分が要介護高齢者になった場合、どのような介護支援が世の中にあり、その支援にはどのくらいの費用がかかるのかを把握してほしいということです。つまり介護のことを勉強してくださいということです。そして今住んでいる自立用の老人ホームに対し、介護支援サービスは求めてはならないということです。

株式会社ASFON TRUST NETWORK 常務取締役

(株)ASFON TRUST NETWORK常務取締役。1965年神奈川県生まれ。日本大学卒業後、不動産開発会社勤務を経て日本シルバーサービスに入社。介護付き有料老人ホーム「桜湯園」で介護職、施設長、施設開発企画業務に従事する。2006年に退職後、同社の元社員らと有料老人ホームのコンサルティング会社ASFONを設立。2010年、有料老人ホーム等の紹介センター大手「みんかい」をグループ化し、入居者ニーズに合った老人ホームの紹介に加えて、首都圏を中心に複数のホームで運営コンサルティングを行っている。老人ホームの現状と課題を知り尽くし、数多くの講演を通じて、施設の真の姿を伝え続けている。

著者紹介

連載老人ホームを知り尽くす第一人者が明かす長生きが喜ばれない高齢社会の実態

誰も書かなかった老人ホーム

誰も書かなかった老人ホーム

小嶋 勝利

祥伝社新書

老人ホームに入ったほうがいいのか? 入るとすればどのホームがいいのか? そもそも老人ホームは種類が多すぎてどういう区別なのかわからない。お金をかければかけただけのことはあるのか? 老人ホームに合う人と合わない人が…

老人ホーム リアルな暮らし

老人ホーム リアルな暮らし

小嶋 勝利

祥伝社新書

今や、老人ホームは金持ちが入る特別な存在でななく、誰もが入居する可能性の高い、社会資本です。どうやって老人ホームを選んだらいいのか?それには入居者の生の声を聞くのが一番と、国内最大の老人ホーム紹介センターを経営…

もはや老人はいらない!

もはや老人はいらない!

小嶋 勝利

ビジネス社

コロナより怖い、老人抹殺社会の現実がここに。老人ホームの裏の裏まで知り尽くす第一人者が明かす、驚愕の事実! 日本は世界に先駆けて超高齢化社会と言われています。老人の数は加速度的に増え、このままでいくと日本は老…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧