恐ろしい…老人ホームで働く、多くの「1級ヘルパー」の正体

新型コロナより怖い、老人抹殺社会の現実が忍び寄ってきている。「老人はもう長生きしない。なぜなら、老人を殺してもおかしくない社会になっているからだ」――。老人ホームの裏の裏まで知り尽くす第一人者が明かす、驚愕の事実。超高齢化社会ニッポンが抱える問題点を明らかにする。本連載は小嶋勝利著『もはや老人はいらない!』(ビジネス社)から一部を抜粋、編集したものです。

NEW【最新セミナー】“医師専門”の資産形成コンサルによる
30代勤務医だけのための投資セミナー〜不動産投資〜

オンラインで配信します。詳細はこちら↑スマートウォッチがもらえます。

介護保険で「介護付き有料老人ホーム」が広がった

老人ホームはこう進化した

その昔、老人ホームは、一部の富裕層のためのものでした。地域の有力企業の経営者が社長の座を子供に譲り、ご夫婦で有名リゾート地にある老人ホームに入居したという話が私の身近にも多々ありました。そこには老人介護といったキーワードはまったくなく、悠々自適なシニアライフというキーワードがぴったりです。天然温泉が付いていたり、カラオケなどの娯楽室があったりと、至れり尽くせりです。おまけに提携医療機関が有名病院だったりします。

 

老人ホームに数千万から数億円の入居金を支払い、多くの高齢者は喜んで生活をしていました。そのような老人ホームの運営事業者の多くは、一流有名企業の関連会社だったりして商売というよりも、どちらかと言うと一流企業の社会貢献や企業のイメージアップを狙った広告宣伝的な側面のあった事業だったと思います。

 

2000年の介護保険法施行以降、介護付き有料老人ホームが拡大していった。(※写真はイメージです/PIXTA)
2000年の介護保険法施行以降、介護付き有料老人ホームが拡大していった。(※写真はイメージです/PIXTA)

 

そして多くのケースの場合、要介護状態になり、周囲に迷惑をかけるような状態になると、老人ホームから退去を強いられ、関連病院などに入院するという流れになっていたはずです。これが介護保険施行前までの民間の有料老人ホームの話です。特別養護老人ホームの話ではありません。

 

ご存知のように、2000年から介護保険法が施行されました。これを契機に、一気に日本中に介護付き有料老人ホームが広がっていきます。当時、私の勤務していた介護事業会社も、この波に乗って介護付き有料老人ホームを首都圏を中心に拡大成長させていきます。民間経営の有料老人ホームの場合、2000年前までは自立の高齢者が中心の高級老人ホームが主流でした。2000年以降は、介護保険報酬を狙った要介護状態の高齢者が主流になっていきます。

 

高級か高級ではないかという視点で話を振り返ると、2000年当時は、まだまだ老人ホームは高級路線だったと記憶しています。が、介護保険制の導入を皮切りに、年々多くの企業が老人ホームビジネスに参入し、右肩上がりに老人ホームは供給されていきます。

 

当然、地域内での老人ホーム間での競争は年々激しくなり、料金は自然と下がり続けていきます。当時よく業界内で話されていたのは、「老人ホームビジネスは、後出しジャンケンのほうが強いよね」という話です。

 

つまり既存ホームの近隣に新しい老人ホームが出店すると、そのホームのほうが当然、新しい綺麗広いそして安いということになり、既存ホームのその地域内での価値観が損なわれていきます。もちろん既存のホームもこの状況に手をこまねいて見ているわけにはいきませんから、反撃に出ます。「当ホームは、この地域で介護一筋10年間の実績があります」とやります。つまりホームは少々古くなっていますが、そこで提供されている介護の質は高いですよ、何と言っても長年やっていますからと言うのです。

株式会社ASFON TRUST NETWORK 常務取締役

(株)ASFON TRUST NETWORK常務取締役。1965年神奈川県生まれ。日本大学卒業後、不動産開発会社勤務を経て日本シルバーサービスに入社。介護付き有料老人ホーム「桜湯園」で介護職、施設長、施設開発企画業務に従事する。2006年に退職後、同社の元社員らと有料老人ホームのコンサルティング会社ASFONを設立。2010年、有料老人ホーム等の紹介センター大手「みんかい」をグループ化し、入居者ニーズに合った老人ホームの紹介に加えて、首都圏を中心に複数のホームで運営コンサルティングを行っている。老人ホームの現状と課題を知り尽くし、数多くの講演を通じて、施設の真の姿を伝え続けている。

著者紹介

連載老人ホームを知り尽くす第一人者が明かす長生きが喜ばれない高齢社会の実態

誰も書かなかった老人ホーム

誰も書かなかった老人ホーム

小嶋 勝利

祥伝社新書

老人ホームに入ったほうがいいのか? 入るとすればどのホームがいいのか? そもそも老人ホームは種類が多すぎてどういう区別なのかわからない。お金をかければかけただけのことはあるのか? 老人ホームに合う人と合わない人が…

老人ホーム リアルな暮らし

老人ホーム リアルな暮らし

小嶋 勝利

祥伝社新書

今や、老人ホームは金持ちが入る特別な存在でななく、誰もが入居する可能性の高い、社会資本です。どうやって老人ホームを選んだらいいのか?それには入居者の生の声を聞くのが一番と、国内最大の老人ホーム紹介センターを経営…

もはや老人はいらない!

もはや老人はいらない!

小嶋 勝利

ビジネス社

コロナより怖い、老人抹殺社会の現実がここに。老人ホームの裏の裏まで知り尽くす第一人者が明かす、驚愕の事実! 日本は世界に先駆けて超高齢化社会と言われています。老人の数は加速度的に増え、このままでいくと日本は老…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧