「ボロい商売」と勘違い…老人ホーム事業のヤバすぎる過当競争

新型コロナより怖い、老人抹殺社会の現実が忍び寄ってきている。「老人はもう長生きしない。なぜなら、老人を殺してもおかしくない社会になっているからだ」――。老人ホームの裏の裏まで知り尽くす第一人者が明かす、驚愕の事実。超高齢化社会ニッポンが抱える問題点を明らかにする。本連載は小嶋勝利著『もはや老人はいらない!』(ビジネス社)から一部を抜粋、編集したものです。

NEW【最新セミナー】“医師専門”の資産形成コンサルによる
30代勤務医だけのための投資セミナー〜不動産投資〜

オンラインで配信します。詳細はこちら↑スマートウォッチがもらえます。

多くの企業は老人ホーム事業は儲かると勘違い

なぜ老人ホームは、過当競争になっているのか?

 

一番重要な問題を記しておきます。それは介護保険を利用する国民に対し、保険者である行政がまったく教育を行なっていない点です。つまり介護保険を利用する国民に対し、利用の仕方、礼節や節度をもって利用をすることの重要性を説明していないことが問題だと私は考えています。それはケアマネジャーの仕事だという方もいるでしょう。しかし私の周囲にいるケアマネジャーで、この部分を説明できる人など存在していません。私はケアマネジャーが単に「介護保険の使い方について説明をしていない」などと言っているのではありません。私が言っているのは、利用者の礼儀や作法のことです。この礼儀や作法がないため、今の介護保険業界は無法地帯になっています。

 

老人ホーム事業は儲かると勘違いをして、多くの企業が参入してきた。(※写真はイメージです/PIXTA)
老人ホーム事業は儲かると勘違いをして、多くの企業が参入してきた。(※写真はイメージです/PIXTA)

 

事業者間で無益な競争が起き、その結果、事業者は倒産や廃業に追い込まれていきます。最終的には、利用者や納税者に迷惑をかけるということになっているのです。税金で運用している事業であるなら、事業者はもとより利用者教育をもっとしっかりとやるべきだと思います。

 

前記したように老人ホームは今、大過当競争時代に入っています。2000年の介護保険制度の開始から右肩上がりに市場が拡大し、それまでの自立で裕福な高齢者が主体だった老人ホーム市場は、要介護高齢者が主体となりました。現在では、生活保護受給者しか受け入れないような老人ホームまで出てくるありさまです。つまり何でもあり、です。

 

それでは、なぜ過当競争になってしまったのでしょうか? 一言で言えば、多くの企業(医療機関を含む)が老人ホーム事業は儲かると勘違いをして、老人ホーム事業に進出してきたからにほかなりません。

 

2000年当時、介護保険事業は素晴らしいビジネスであるという触れ込みで、世の中に対し介護保険事業への進出を推奨する機運がありました。大げさな表現をすると、介護保険事業というボロい商売があるのだから、取り組まない手はないといった気運です。

 

これは不動産や株が右肩上がりに上がっていた頃、不動産や株を買わない人は馬鹿じゃないの?という気運と同じレベルの話だと私は思っています。したがって多くの民間企業が、我も我もと介護保険事業に参入してきました。中でも老人ホーム事業は、きわめて効率的な事業に多くの人には見えたはずです。ここが現在の老人ホームの過剰供給をもたらしている元凶です。

 

卵が先か鶏が先かのたとえで言えば、私のイメージでは介護保険法の施行により、介護専業型の老人ホームが増えました。老人ホームが増えたので当然、入居希望者にとっても身近なものになります。入居希望者が多いということは、そこにビジネスチャンスがあるのだから老人ホームを造る事業者も増えてきます。

株式会社ASFON TRUST NETWORK 常務取締役

(株)ASFON TRUST NETWORK常務取締役。1965年神奈川県生まれ。日本大学卒業後、不動産開発会社勤務を経て日本シルバーサービスに入社。介護付き有料老人ホーム「桜湯園」で介護職、施設長、施設開発企画業務に従事する。2006年に退職後、同社の元社員らと有料老人ホームのコンサルティング会社ASFONを設立。2010年、有料老人ホーム等の紹介センター大手「みんかい」をグループ化し、入居者ニーズに合った老人ホームの紹介に加えて、首都圏を中心に複数のホームで運営コンサルティングを行っている。老人ホームの現状と課題を知り尽くし、数多くの講演を通じて、施設の真の姿を伝え続けている。

著者紹介

連載老人ホームを知り尽くす第一人者が明かす長生きが喜ばれない高齢社会の実態

誰も書かなかった老人ホーム

誰も書かなかった老人ホーム

小嶋 勝利

祥伝社新書

老人ホームに入ったほうがいいのか? 入るとすればどのホームがいいのか? そもそも老人ホームは種類が多すぎてどういう区別なのかわからない。お金をかければかけただけのことはあるのか? 老人ホームに合う人と合わない人が…

老人ホーム リアルな暮らし

老人ホーム リアルな暮らし

小嶋 勝利

祥伝社新書

今や、老人ホームは金持ちが入る特別な存在でななく、誰もが入居する可能性の高い、社会資本です。どうやって老人ホームを選んだらいいのか?それには入居者の生の声を聞くのが一番と、国内最大の老人ホーム紹介センターを経営…

もはや老人はいらない!

もはや老人はいらない!

小嶋 勝利

ビジネス社

コロナより怖い、老人抹殺社会の現実がここに。老人ホームの裏の裏まで知り尽くす第一人者が明かす、驚愕の事実! 日本は世界に先駆けて超高齢化社会と言われています。老人の数は加速度的に増え、このままでいくと日本は老…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧