「WEB業界の異常」なぜ広告代理店は信頼できないのか?

ウェブマーケティング業界は楽して儲けようという人が多いと指摘するのは後藤ブランド社長の後藤晴伸氏だ。「高い費用をかけても売り上げは伸びなかった」「報告書を読んでも、担当者に聞いても何をしているのかわからない」「契約したとたん対応が悪くなった」……。同業者にとって耳の痛いウェブマーケティングの実態を暴き、本当の魅力を伝える。本連載は後藤晴伸著『増補改訂版 ウェブマーケティングという茶番』(幻冬舎MC)の抜粋原稿です。

広告サービスの管理画面さえ隠す異常事態も

●大手代理店でもディレクター不足に悩まされている

 

こうして見ると広告代理店には、周りが持っているイメージとは異なり、ディレクションができる人材があまりいないことが分かります。

 

大手広告代理店の人が書いた本にも「ディレクターがいない広告代理店は存在意義がなくなる」と書いてあるのを読んだことがあります。大手広告代理店でも、ディレクションをする人材の不足に危機感を持っているのが分かります。まして中堅中小の広告代理店はどうでしょう。広告主にここに出したいと言われて、ではそうしましょうという伝書鳩のようなことをしていたら、その代理店はやがて消えていくと私は思います。

 

管理画面ををクライアントに見せない広告代理店が多い。(※写真はイメージです/PIXTA)
管理画面ををクライアントに見せない広告代理店が多い。(※写真はイメージです/PIXTA)

 

ウェブマーケティングに限らず、ビジネスの全体を見てクライアントの課題を把握し、解決策を提案できるのがディレクターです。そういう人が身近にいれば、いろいろな相談にも乗ってもらえます。

 

●広告サービスのアカウントも取り上げる

 

グーグルやヤフーなどの媒体の広告サービスを利用するときに、広告代理店がその管理画面をクライアントから隠してしまうという話を前にしました。ただ見せないだけでなく、アカウントを代理店が作成してIDとパスワードを所有し、クライアントは管理画面にアクセスすることすらできなくなっていることがしばしばあります。

 

アカウントを持っていなければ、クライアントは広告の中身や設定が分かりません。代理店に抗議しても、当社のノウハウだから見せられないとか、会社が開示しない方針なのでダメという一点張りで受け付けません。

 

しかも契約書には「契約が終了してもアカウントはお渡しできません」と記載されているケースもあります。

 

この状態でもし契約を解除すると、クライアントのそのアカウントはIDとパスワードが分からないので使えません。それまで何年間も出稿していても、そのデータの蓄積は全部代理店が持ち、クライアントはまた別のところでアカウントを作って一からやり直しになります。

後藤ブランド株式会社 代表取締役

青山学院大学国際政治経済学部を卒業後、凸版印刷株式会社入社。
電通・電通テック担当として、大手企業の紙媒体を中心とした広告制作を担当。
大手インターネット広告代理店、株式会社セプテーニへ転職し、SEMコンサルタントとして数十社のリスティング広告の運用を担当。
その後取締役としてウェブマーケティング会社の立ち上げに参画。
孫請け、ひ孫請けとしてウェブマーケティングに携わる中、業界特有の構造への疑問が強くなり、2014年に独立し、後藤ブランド株式会社を設立。
経営改善にまで踏み込んだ提案力、クライアント企業への遠慮のない物言いで、数々の中小企業の売上増に貢献。
後藤ブランド株式会社代表取締役。
2016年に、「ウェブマーケティングという茶番」(幻冬舎メディアコンサルティング)を出版。
その後、書籍の反響もあり、多くの広告代理店、制作会社からの要望から、下請け案件を専門とする子会社、株式会社グランデッツァを2018年に設立。
金融業界や医療業界など様々な業界にて、ウェブマーケティングに関する講演依頼があとを絶たない。

著者紹介

連載悪しき業界を大掃除!ウェブマーケティングの闇

増補改訂版 ウェブマーケティングという茶番

増補改訂版 ウェブマーケティングという茶番

後藤 晴伸

幻冬舎メディアコンサルティング

業界を知り尽くした著者がウェブマーケティング業界の闇を暴露する衝撃の一冊。 インターネットがビジネスでも必須の存在となり、ウエブを活用した賞品宣伝や集客が当たり前になり、検索順位を上げたり、広告から商品の購入に…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧