介護も貧困ビジネス…老後も「自己責任」で捨てられる貧乏人

いい老人ホームだと近所で評判だったのに、入居したら酷い目に遭った――。老人ホーム選びでは口コミがまるで頼りにならないのはなぜか。それは、そのホームに合うか合わないかは人によって全く違うから。複数の施設で介護の仕事をし、現在は日本最大級の老人ホーム紹介センター「みんかい」を運営する著者は、老人ホームのすべてを知る第一人者。その著者が、実は知らない老人ホームの真実を明らかにします。本連載は小嶋勝利著『誰も書かなかった老人ホーム』(祥伝社新書)の抜粋原稿です。

【オンライン開催(LIVE配信)】10/22開催決定!
~日本一富裕層に詳しい税理士が語る~
裕福に暮らすための節税・相続対策・投資テクニック

若いときから老後費用を準備することの重要性

私は現在50代ですが、この年になってもなかなか自分の高齢期に対する生活をイメージすることができません。ましてや、今の20代、30代の皆さんには、自分の高齢期のことなど想像することもできないと思います。当然ですが、来るか来ないかわからない自分の高齢期のことよりも、もっと目先のこと、つまり、今の仕事のことや家族のこと、場合によると自分の親のことで精一杯で、自分の老後のことまでかまってはいられない、というところでしょう。

 

しかし、私自身、自戒の念を込めて言わせてもらえれば、50代になった今、若い時から備えをしておく必要があったのではないかと、少しだけ後悔しています。読者の皆さんには、早めに備えをしておくことをお勧めします。そのためには情報の収集と理解が重要です。

 

収入が無くなった時点から貯えが亡くなる5年以内に死ぬのがいい。(※写真はイメージです/PIXTA)
収入が無くなった時点から貯えが亡くなる5年以内に死ぬのがいい。(※写真はイメージです/PIXTA)

 

自分が65歳になって、会社人生を完了した後、どのように生きていけばよいのでしょうか? 2つの選択肢が常に頭をよぎります。1つは、収入を獲得することができなくなった場合、獲得できなくなった時点から5年程度で「死ぬ」ということ。もう1つは、開き直って、すべてを使い果たした後は「生活保護」を受けよう、ということ。

 

これからの時代は、今の高齢者と比べた場合、おそらく年金が半分以下になると思います。したがって、老後に必要な金額が仮に30万円だとした場合、半分以上は自助努力でなんとかしなければならないということになります。私にも多少の貯えもありますが、とうてい盤石な老後を送ることなどできる金額ではありません。

 

さらに子供もおりますが、自分の老後の生活について、子供の収入を当てにするということも考えられません。なぜなら、自分が高齢者になって、仕事もできない年齢になった場合は、当然、自分の子供にも子供ができ、学費などで多くの出費がかさむ時期だからです。

 

このあたりのことに思いを巡らせていると、私の頭の中は徐々に整理され、出した結論は……収入が無くなった時点から5年程度は蓄えで生活はできるが、それ以上は難しい。したがって、収入が無くなった時点から5年以内に死ぬという選択肢が一番賢明なことだと考えています。

 

最近、よく政府発信で「健康寿命」というキーワードが出ています。さらに、1億総活躍社会と称して働き方改革を行ない、どのような人でも、その人に合った働き方で所得を得ることが大切だ、とも言っています。

株式会社ASFON TRUST NETWORK 常務取締役

(株)ASFON TRUST NETWORK常務取締役。1965年神奈川県生まれ。日本大学卒業後、不動産開発会社勤務を経て日本シルバーサービスに入社。介護付き有料老人ホーム「桜湯園」で介護職、施設長、施設開発企画業務に従事する。2006年に退職後、同社の元社員らと有料老人ホームのコンサルティング会社ASFONを設立。2010年、有料老人ホーム等の紹介センター大手「みんかい」をグループ化し、入居者ニーズに合った老人ホームの紹介に加えて、首都圏を中心に複数のホームで運営コンサルティングを行っている。老人ホームの現状と課題を知り尽くし、数多くの講演を通じて、施設の真の姿を伝え続けている。

著者紹介

連載実は知らない老人ホームの真実

誰も書かなかった老人ホーム

誰も書かなかった老人ホーム

小嶋 勝利

祥伝社新書

老人ホームに入ったほうがいいのか? 入るとすればどのホームがいいのか? そもそも老人ホームは種類が多すぎてどういう区別なのかわからない。お金をかければかけただけのことはあるのか? 老人ホームに合う人と合わない人が…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧