足立区「かぼちゃの馬車で破滅」借金2億円大家の壮絶な地獄

「かぼちゃの馬車」事件で不動産投資ブーム、終結。ウィステリア・グループ株式会社の代表である藤本好二氏は、書籍『不動産投資業者のリアル』(幻冬舎MC)にて、新築1R業者・客付仲介会社・管理会社・買取販売会社をはじめ、ブームの陰で暗躍していた「極悪な業者」の実態を大暴露している。黒幕は、スマートデイズか、スルガ銀行か。それとも…。

詐欺に巻き込まれると「訴訟」にまで発展することも

スマートデイズでは、「お得意先」の金融機関であるスルガ銀行に提出する審査書類を改ざんし、投資家の資産背景などをよく見せることで融資額を吊り上げていたことが明らかになっています。この事実だけを見ると、都合よく改ざんされた書類に基づいて融資を引き出されたスルガ銀行は被害者ともとれますが、ここにも裏があります。

 

(※写真はイメージです/PIXTA)
(※写真はイメージです/PIXTA)

 

スマートデイズを巡っては、サブリース賃料の支払いを停止した問題で、オーナーが同社や関連会社などを相手取って計2億円の損害賠償を求める訴えを東京地裁に起こしています。

 

その声明文を見ると、スマートデイズだけではなくスルガ銀行に対しても訴訟がなされていることが分かります。声明文には、オーナー側がどういった被害を受けたのかが詳しく書かれていますから、ここで紹介しておきます。

 

***************************************************************

2018年4月19日付けの弁護団声明

「スマートデイズに対する管理命令に関して」

スルガ銀行・スマートデイズ被害弁護団

 

1.東京地方裁判所民事第20部が4月18日付で民事再生手続開始申立を棄却し、保全管理人による管理を命ずるとともに破産手続への移行の方針を示したことは適正なものと評価します。当弁護団は、保全管理人(後々の破産管財人)による本件の真相解明ならびに配当原資の確保に期待し、そのための諸手続に全面的に協力して、被害者のために全力を傾注します。

 

2.この間の調査やスルガ銀行との交渉などにより、スルガ銀行によるサブリース事業への融資に重大な違法があることが明らかになりました。

 

第1に、被害者が不動産販売会社などに提出した銀行融資のための預金通帳・口座の取引記録・源泉徴収票等の資料のコピーが、ほとんどの事例で偽造されていた事実が、スルガ銀行及び販売会社が開示した被害者名義の通帳等のコピーなどから明らかになりました。しかも、そのことにスルガ銀行の役員及び同行横浜東口支店の支店長や担当職員が関与していたとしか考えられない事情が解明されつつあります。

ウィステリア・グループ株式会社 会長兼代表取締役社長

1980年生まれ、大阪府出身。

日本大学卒業後、新築区分マンションを販売する不動産会社に就職。その後、金融コンサルティング企業、IT上場企業で経営全般に関する知識を得て、2006年、株式会社ウィー・イング・シーを起業して独立。2016年11月、ウィステリア・グループ株式会社を設立。建業や不動産売買仲介業、管理業に従事していた人材を集め、投資家のニーズに全方位から応えられる体制を築く。

現在は、各投資家の属性や家族構成、性格、趣味・趣向などに合わせたオリジナリティのある企画を立て、モテる物件にリノベーションするという異色の不動産事業を展開。その鋭い分析力と斬新な企画力は、業界でも屈指のレベルを誇る。

著者紹介

連載不動産投資業者のリアル

不動産投資業者のリアル

不動産投資業者のリアル

藤本 好二

幻冬舎メディアコンサルティング

「かぼちゃの馬車」事件で不動産投資ブーム、終結。 新築1R業者、客付仲介会社、管理会社、買取販売会社。ブームの陰で暗躍していた「極悪な業者」の実態を大暴露。

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧