「怒る」と「叱る」は違う!プラスのイメージで叱る重要性

「理論脳」だけでなく「感性脳」が発達すると、潜在能力の発揮のみならず、優れた人間性を育むことができます。本連載では、25年前から幼児教育に取り組んでいる株式会社コペル・代表取締役の大坪信之氏が、子どもに「学ぶことの楽しさ」を教える方法を解説します。本記事では、「怒る」と「叱る」の違いについて考えます。

[PR]株式会社コペル・代表取締役が登壇!セミナー情報はこちら

「怒る」と「叱る」は違うと理解しよう

子どもが思い通りにならないとき、親の心には「怒り」の感情がわいてきます。「怒り」の感情は、誰にでもあるものですから悪いことではありません。

 

ただし、その感情をそのままお子さんにぶつけてしまうと、「怒る」ことになります。今回は「怒る」と「叱る」の違いと、区別の仕方を学んでいきましょう。

 

◆レッスン1:『「怒る」は、自分の感情。「叱る」は、自分の行動』

 

「怒り」をぶつけられたお子さんはどうなるでしょうか? 自分の気持ちを外に出せる子は反抗し、反抗できない子は、内に向けて委縮したりします。

 

また、怒りをぶつけたお母さまも感情にのみこまれ、イライラし、ついまた怒ってしまうという悪循環なのです。

 

「叱る」は、相手を思いやっての自分の行動です。

 

子どもは、社会の知らないルールがたくさんあります。ですから、人に迷惑をかけたときや危険なとき、冷静に行動し、叱るのです。

 

◆レッスン2:『「怒る」は、あなたメッセージ。「叱る」は、わたしメッセージ』

 

怒るときは「あなたが○○だから…」と、あなたが主語のあなたメッセージになります。このようなあなたメッセージは、相手への否定になりますので、自尊感情を傷つけてしまうことがあります。

 

ですから、叱るときは、冷静に第一感情で、「わたしメッセージ」で叱ってくださるとよいでしょう。

 

道路に飛び出そうとしたら、「危ない!」と、叱った後に「おかあさんは、○○ちゃんが車にはねられるのではないかと心配したよ」と、“わたしは”を主語にして、自分の感情を、子どもの目線に下がり冷静に叱るのです。

 

そうすると、お子さんに「お母さんは僕のこと心配している」という気持ちが伝わり、行動が変わるきっかけになるのです。

正しい叱り方を身につけていきたい

レッスン3:『「怒る」をガマンすると噴火してしまう』

 

怒りの気持ちを我慢してフタをすると、いつか噴火してしまいます。

 

怒りレベルはどのようにして上がっていくのでしょうか? “0~+5段階”にわけてみてみましょう。

 

 

[PR]10月22日(木)、オンラインにてセミナー開催!

【オンライン開催(LIVE配信)】
〈企業オーナー必見〉補助金10割!
コロナに負けない「児童発達支援事業」の魅力とは?

~「社会貢献」×「長期安定」の優良教育事業の全貌~

 

 

最初は、優しく「やめようね。」(怒りレベル0)と言っているのですが、徐々に「やめなさいと言っているでしょ!」(怒りレベル+3)と、お母様の言い方もだんだんきつくなり、そして最後には「何回言ったらわかるの?!」(怒レベル+5)と、爆発してしまうのです。

 

それならば、噴火する前に、怒りレベルが低いうちから、キチンと叱るのです。

 

「止まって!狭いところで走ると、ぶつかって怪我をすることがあるの。小さい子に大けがをさせてしまうこともあるから本当に危ないの。と、しっかりと叱るのです。

 

噴火する前に怒りレベルが低いうちから、キチンと叱ることが重要
噴火する前に怒りレベルが低いうちから、キチンと叱ることが重要

 

レッスン4:『プラスのイメージで叱る』

 

「あなたが何度言ってもわからない」と、叱られて育った子どもの自分への自己イメージを考えてみましょう。

 

それは、「ぼくは、何度言ってもわからない子」となってしまうのです。

 

あまり心配なさらず、「この子は、無限の可能性を持った素晴らしい子」と、信じてください。

 

そうすると、うまくいかないときは「きょうは、たまたまできなかったのね」「いつかできるようになるよ!」と、言葉が変わってきます。

 

いかがでしょうか? 怒りに任せて怒ることは、子どもにとっても、お母さまにとっても辛いことです。正しい叱り方を身につけていきたいですね。

 

[PR]10月22日(木)、オンラインにてセミナー開催!

【オンライン開催(LIVE配信)】
〈企業オーナー必見〉補助金10割!
コロナに負けない「児童発達支援事業」の魅力とは?

~「社会貢献」×「長期安定」の優良教育事業の全貌~

 

株式会社コペル 代表取締役
福岡大学 人間関係論 非常勤講師
一般社団法人徳育学会 会長
日本メンタルヘルス協会公認カウンセラー 

1963年、福岡県生まれ。
日本アイ・ビー・エム株式会社を経て、現在、子どもの瞳を輝かせ続ける徳育教室コペルの代表として心の教育を志し、様々な研究に取り組み続けている。
全国各地で、子育てセミナーや子どもの潜在能力を引き出すための講演活動を通じて、たくさんの親子にアドバイスを行う。
良好な親子関係を構築するファミリーダイアログなど、多様なオリジナルプログラムを開発実施して活躍している。
著書に『偉人を育てた母の言葉』(致知出版社)、『あなたの言葉で子どもは育つ』(プレジデント社)、『きみの可能性は無限大』(少年写真新聞社)がある。

著者紹介

連載子どもの可能性は無限大!幼児教育のプロが教える「育脳」の進め方

本連載は、株式会社コペルが運営するウェブサイト「コペル」の記事を転載・再編集したものです。最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧