子どもの文字書き練習で「書き順」を気にしてはいけないワケ

子どもは本来、学ぶことが大好きです。好奇心旺盛な幼児期に、適切な教育を受けさせることが重要となります。本連載では、25年前から幼児教育に取り組んでいる株式会社コペル・代表取締役の大坪信之氏が、子どもに「学ぶことの楽しさ」を教える方法を解説します。本記事では、文字書きを教える際の留意点を見ていきます。

子どもに文字書きを教えるときに気をつけたい親の姿勢

鉛筆をスラスラと動かすのには、力加減が必要です。子どもは力を入れすぎたり、力が足りなかったりして、書くスピードを加減することが難しいのです。

 

そのため、いきなり鉛筆を持ってひらがなを書かせても、弱々しいガタガタした線になったり、力を入れ過ぎて、緩やかに曲線を書くことができず、うまくいきません。

 

では、親は、どのように子どもの練習を見守り、支えるべきでしょうか?

 

今回は、進めるときの親が気をつけたいポイントをお伝えします。

 

[PR]株式会社コペル・代表取締役が登壇!無料セミナー@幻冬舎(東京)
補助金「10割」に!社会貢献と安定収益を両立する「児童発達支援事業」の魅力
~企業オーナー必見!「事業多角化」の有力選択肢にも。

 健康保険によるサポート制度の現状と法改正を受けての児童のための教室づくりのポイント

 

①同じことを繰り返す

 

幼児期の脳の特徴として、子どもは繰り返しが大好きです。そして、繰り返し見たものは、脳にインプットされ、自然に身につきます。ですから、書きの取り組みも繰り返しおこなっていくことが大事です。

 

とはいえ、子どもは飽きやすいのも特徴です。10分もすれば他のことに興味がいくでしょう。長時間の無理強いを避け、やりたがらない日はお母様が書いてあげてもいいのです。

 

パターン認識され、正しい書き順がインプットされると同時に、親自身が楽しそうに書くと「書くことは楽しいこと!」という感情が一緒にインプットされるでしょう。

 

「書くことは楽しいこと!」という感情を一緒にインプット
「書くことは楽しいこと!」という感情を一緒にインプット

 

②隣で見守る

 

子どもは何かするとき、お母様がいてくれるだけで安心感が生まれ、やる気がアップします。少しの時間でいいので、子どもの隣に座って、見守ってあげることが大切なのです。

 

なかなか書けないと、イライラして「早くしなさい!」など急がしてしまうこともあるでしょう。

 

しかし、できるようになるには時間が必要なのです。だんだんできるようになりますので、一緒に書いてあげるなどの方法で楽しく続けましょう。

やる気を育てるには「ほめ言葉」が一番

③ほめる

 

子どものやる気を育てるには、お母様のほめ言葉が一番です。

 

「きょうも、書く練習するんだね!」と、まずは取り組むことをほめましょう。そして「だんだん筆圧が強くなってきたね」「このカーブかっこいいね!」など、具体的にほめましょう。

 

お母様が積極的にほめる点を探すと、子どものやる気はさらにアップします。

 

④書くことを楽しむ

 

お母様やお友達とのお手紙交換は、お子さんにとってとても楽しいことです。お母様からもお手紙を出してみましょう。

 

また、お祖父ちゃんやお祖母ちゃんにお手紙を書かせるなどして、丁寧に書くきっかけを与えてあげるのもよいでしょう。

 

自分が書いたお手紙が相手に読めるように、丁寧に書く意識を持ってくれると嬉しいですね。

 

とはいえ、本当にきれいに書けるようになるのは小学校の高学年から中学生くらいでしょう。

 

「字が汚い!」「書き順が違う!」など、言いたくなるときもありますが、大切なのは子どものやる気を失わせないことです。

 

声かけは「この字は、もっときれいに書けるよね!」「この書き方のほうがかっこいいよ!」というように、やる気を失わせないその子にあった声かけの方法を心がけましょう。

 

 

[PR]株式会社コペル・代表取締役が登壇!無料セミナー@幻冬舎(東京)
補助金「10割」に!社会貢献と安定収益を両立する「児童発達支援事業」の魅力
~企業オーナー必見!「事業多角化」の有力選択肢にも。

 健康保険によるサポート制度の現状と法改正を受けての児童のための教室づくりのポイント

 

株式会社コペル 代表取締役
福岡大学 人間関係論 非常勤講師
一般社団法人徳育学会 会長
日本メンタルヘルス協会公認カウンセラー 

1963年、福岡県生まれ。
日本アイ・ビー・エム株式会社を経て、現在、子どもの瞳を輝かせ続ける徳育教室コペルの代表として心の教育を志し、様々な研究に取り組み続けている。
全国各地で、子育てセミナーや子どもの潜在能力を引き出すための講演活動を通じて、たくさんの親子にアドバイスを行う。
良好な親子関係を構築するファミリーダイアログなど、多様なオリジナルプログラムを開発実施して活躍している。
著書に『偉人を育てた母の言葉』(致知出版社)、『あなたの言葉で子どもは育つ』(プレジデント社)、『きみの可能性は無限大』(少年写真新聞社)がある。

著者紹介

連載子どもの可能性は無限大!幼児教育のプロが教える「育脳」の進め方

本連載は、株式会社コペルが運営するウェブサイト「コペル」の記事を転載・再編集したものです。最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧