子どもが友達を叩いた…叱るときに気をつけたいポイントとは?

子どもは本来、学ぶことが大好きです。好奇心旺盛な幼児期に、適切な教育を受けさせることが重要となります。本連載では、25年前から幼児教育に取り組んでいる株式会社コペル・代表取締役の大坪信之氏が、子どもに「学ぶことの楽しさ」を教える方法を解説します。本記事では、イヤイヤ期の子どもの叱り方について見ていきます。

赤ちゃんは「ママ」と「自分」の区別がはっきりしない

◆イヤイヤ期とはどのような時期?

 

イヤイヤ期とは、どんな時期なのでしょう。

 

それは、「ママとは違う自分」いわゆる「自我」を育てる時期です。赤ちゃん時代は、「ママ」と「自分」の区別がはっきりしていません。

 

徐々に「ママ」や「自分」がいることに気が付き始め、1歳半~3歳ごろになると急激に自我が育ってきます。その「自分でやりたい」という欲求は抑えがたいほどで、これが自立の第一歩になります。

 

◆イヤイヤ期の子どもの受け止め方

 

イヤイヤ期の子どもの行動はとても理不尽ですから、善悪で考えるとイライラしてしまうご両親も多いことでしょう。

 

でも、これは「発達のための必要な過程だ」ということと、「いつまでも続かない」ということを、ぜひ心に留めておいてください。

 

では、そのような時期の子どもをどのように受け止め、叱っていくべきなのでしょうか?

 

この時期の子どもの感情は、激しく叱っても親の言葉は届きにくいものです。

 

「ダメなことはダメと教えなくていいの?」と、親も感情がエスカレートしてしまうこともあるかもしれませんので、叱るときのポイントを押さえておきましょう。

 

親の言葉が届きにくいイヤイヤ期の子ども
親の言葉が届きにくい「イヤイヤ期の子ども」

 

◆イヤイヤ期の子どもの叱り方

 

叱るときのポイントは3つです。

 

●1分以内で叱る

●行為を叱る

●人格を否定しない

 

お友達を叩いたら、叩いたことを叱りましょう。そのとき、怒る必要はありません。

 

「お友達を叩いたらダメよ」と、目を見て叱るのです。

 

また、叱るときの基準も3つあります。

 

●危険なことをしたとき

●人を傷つけることをしたとき

●社会のルールに反し、人に迷惑をかけたとき

 

この3つをしたときは、中途半端に止めるのではなく、きっぱりと「ダメ!」と叱りましょう。

 

駐車場で走ったり、お友達に危険が及んだりするときは、暴れてもしっかり抱きしめ「危ないよ!」と、叱りましょう。

 

これ以外では、親は負けてよし!です。

 

3歳を過ぎると少しずつ社会性がつき、4歳から5歳になれば、周囲に合わせて我慢もできるようになってきます。

 

[PR]株式会社コペル・代表取締役が登壇!無料セミナー@幻冬舎(東京)
補助金「10割」に!社会貢献と安定収益を両立する「児童発達支援事業」の魅力
~企業オーナー必見!「事業多角化」の有力選択肢にも。

 健康保険によるサポート制度の現状と法改正を受けての児童のための教室づくりのポイント

子どもは「親の後姿」から学んでいる

◆子どもは言ったことではなく、見たことで育つ

 

子育てをしていると、お箸の持ち方、食べ方、姿勢、言葉づかいなど、親としては気になり、注意したり指摘したくなるような子どもの行動はたくさんありますね。

 

そのたびに教えるのは大変ですが、知らないことは伝えないとわかりませんので、やはり言葉で伝えることは大切なことです。

 

しかし、伝えてもなかなかできないと、イライラしてしまうことがあるのではないでしょうか?

 

そのようなときの子どもとの向き合い方、考え方について、お伝えしていきたいと思います。

 

◆子どもは親を見て育つ

 

そんなとき、いつもお伝えしていることは「子どもは親御さんの後姿から学んでいますから、親御さん自身が気を付けていらっしゃれば、子どもは自然にできるようになりますよ」ということです。

 

子どもと一緒に成長するって素敵なことですね。また、子どもは親からだけではなく、体験から学ぶこともたくさんあります。

 

宿題をあとからすることにしたわが子は、ご飯を食べたら眠くなり、宿題が間に合わないこともありました。

 

でも、そんな体験から失敗した時の対応の仕方を学んできました。

 

◆小さい失敗をすることで学ぶ

 

けんかもそうですよね。

 

つい「危ない! やめなさい!」と言ってしまいますが、小さいときに痛さを味わった子は、大きくなったとき相手の痛さが分かり「やってはいけないこと」を知る子に育つのではないでしょうか。

 

小さいときの失敗は、大きくなってからの失敗に比べると小さいですね。ぜひ、小さいときにたくさんの経験をさせてあげてくださいね。

 

 

[PR]株式会社コペル・代表取締役が登壇!無料セミナー@幻冬舎(東京)
補助金「10割」に!社会貢献と安定収益を両立する「児童発達支援事業」の魅力
~企業オーナー必見!「事業多角化」の有力選択肢にも。

 健康保険によるサポート制度の現状と法改正を受けての児童のための教室づくりのポイント

 

株式会社コペル 代表取締役
福岡大学 人間関係論 非常勤講師
一般社団法人徳育学会 会長
日本メンタルヘルス協会公認カウンセラー 

1963年、福岡県生まれ。
日本アイ・ビー・エム株式会社を経て、現在、子どもの瞳を輝かせ続ける徳育教室コペルの代表として心の教育を志し、様々な研究に取り組み続けている。
全国各地で、子育てセミナーや子どもの潜在能力を引き出すための講演活動を通じて、たくさんの親子にアドバイスを行う。
良好な親子関係を構築するファミリーダイアログなど、多様なオリジナルプログラムを開発実施して活躍している。
著書に『偉人を育てた母の言葉』(致知出版社)、『あなたの言葉で子どもは育つ』(プレジデント社)、『きみの可能性は無限大』(少年写真新聞社)がある。

著者紹介

連載子どもの可能性は無限大!幼児教育のプロが教える「育脳」の進め方

本連載は、株式会社コペルが運営するウェブサイト「コペル」の記事を転載・再編集したものです。最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧