子どもに「人のためになる行動」の大切さを教える意味

子どもは本来、学ぶことが大好きです。好奇心旺盛な幼児期に、適切な教育を受けさせることが重要となります。本連載では、25年前から幼児教育に取り組んでいる株式会社コペル・代表取締役の大坪信之氏が、子どもに「学ぶことの楽しさ」を教える方法を解説します。本記事では、子どもに「人のためになる行動」の大切さを教える意味について見ていきます。

相手の幸せを思えると、自らの幸福にも成果につながる

日々、人はいろんなことを考えていますが、何かを思った瞬間に、それにあったホルモンが放出されています。


ホルモンというのは、とても強大な力を持っていますので、どのような思いで日々過ごしていくのかということはとても重要です。


たとえば、誰かに対して怒りや妬み、恐れ、不安といったネガティブな感情を持つと、「ストレス物質」であるコルチゾールという物質が分泌され、記憶の重要回路である「海馬」が委縮して記憶しづらくなってしまうそうです。つまり、ネガティブな思いは、自分自身に悪影響を及ぼしてしまうというわけなのです。


逆に、ポジティブな思いでは、ベータエンドルフィンやドーパミン、オキシトシンなど「脳内快感物質」と呼ばれる物質が分泌されます。それらにより、多幸感や快感をもたらし、身体の免疫力を高めると同時に、脳を活性化させ記憶力が高まり、集中力も増していきます。


同じポジティブに見える思いでも、「ライバルに勝ちたい」というような攻撃的な思いには「怒りのホルモン」である、アドレナリンなどがでてしまいますが、「ライバルと共に成長していきたい」という、相手の幸せを思えるときは、自らの幸福にも成果にもつながっていく考え方です。


未来に対する夢や志をしっかり持ち、人間が未来をいきいきと思い描くとき、ポジティブな気持ちが生まれ、海馬の活動が活発になり、記憶力も高まるということです。

 

また、大事な人に幸せになってほしいと、自分のためでなく、誰かのためを思うことは、自分の脳にもよい影響を及ぼします。


したがって、心の底から人々の幸福を願っての利他的行動は、誰にほめられなくとも、幸福感や健康が得られるというわけなのです。

 

利他的行動が「持続的な幸福感」に結びつく
利他的行動が「持続的な幸福感」に結びつく

利他的行動が「持続的な幸福感」に結びつく

見返りを求めない、世のため人のためになるような利他的行動こそ、最も大きく、持続的な幸福感に結びついています。


ところが、同じ刺激の繰り返しは「慣れ」になり、分泌量は減っていきます。波風の立たない日々の連続では、脳にとっては何の感動もなく衰えてしまうということなのです。本来、脳は何らかの目標を達成することで、大きな喜びを感じるという性質があります。困難な目標を達成したときほど、大きな喜びを感じますよね。


平穏無事な人生よりも、小さな目標を達成し続ける人生のほうが、それを乗り越えるたびに深い幸福感を感じることができます。脳にとっての幸せとは、静的・安定的・固定的なものではなく、「変化のダイナミズム」のなかにあるのですね。


子ども達の幸せのために、“世のため人のためになる”ことの大切さを教えましょう。

 

 

大坪 信之

株式会社コペル 代表取締役

 

株式会社コペル 代表取締役
福岡大学 人間関係論 非常勤講師
一般社団法人徳育学会 会長
日本メンタルヘルス協会公認カウンセラー 

1963年、福岡県生まれ。
日本アイ・ビー・エム株式会社を経て、現在、子どもの瞳を輝かせ続ける徳育教室コペルの代表として心の教育を志し、様々な研究に取り組み続けている。
全国各地で、子育てセミナーや子どもの潜在能力を引き出すための講演活動を通じて、たくさんの親子にアドバイスを行う。
良好な親子関係を構築するファミリーダイアログなど、多様なオリジナルプログラムを開発実施して活躍している。
著書に『偉人を育てた母の言葉』(致知出版社)、『あなたの言葉で子どもは育つ』(プレジデント社)、『きみの可能性は無限大』(少年写真新聞社)がある。

著者紹介

連載子どもの可能性は無限大!幼児教育のプロが教える「育脳」の進め方

本連載は、株式会社コペルが運営するウェブサイト「コペル」の記事を転載・再編集したものです。最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧