スルガ銀行以外でも…中小企業に対する「不適切融資」の実態

今回は、中小企業に対して行われている「不適切融資」の実態について見ていきます。※本記事は、2018年9月4日 (火)に掲載された古山喜章氏のブログ『ICO 経営道場』から抜粋・再編集したものです。

本来、返済能力が低い会社には貸さないのだが…

スルガ銀行問題が、収まりません。創業家である岡野家の資金流用問題まで噴出しています。前金融庁長官の森氏が「スルガ銀行はこれからの地銀のモデルだ!」と声を上げていただけに、“森のおそまつ”といった様子になってきました。

 

スルガ銀行問題は、個人の預金データを改ざんし、本来なら返済能力のない人物にまで、融資を行ったことです。これが世にいう不適切融資です。誰もが、「それはヒドイ!」と言います。

 

しかし、似たようなことは、中小企業でも行われています。決算書を拝見すると、どう考えても返済能力が欠けているのに、銀行が資金をジャブジャブ貸している、という状況を目にする機会があるのです。

 

銀行は、返済能力の高い低いを、「債務償還年数」という経営指標で評価します。計算式は次のとおりです。(短期借入+長期借入+社債)÷(営業利益+減価償却費)(3億円÷6千万円)なら、5年、となります。単位は(年)です。

 

債務償還年数が7年以内なら、問題ありません。8年~15年なら、黄色信号です。融資を受けられても、銀行は「ああだこうだ」といろいろ条件を求めます。15年~20年は、赤信号です。銀行はできれば貸したくありません。まず、高額は厳しくなります。20年超だと、まず貸しません。

 

なのに、計算すると15年や20年超の会社でも、融資を受けている状況が目に付くのです。特に地方の銀行です。それだけ、貸す先が、無いのです。貸す先がふんだんに有るなら、債務償還年数のルールに基づいて評価し、返済能力が低い会社には、貸さないのです。

 

危ないのは、その状態が数年以上も続いている会社です。しかもそのような会社の融資条件は、悪いです。普通なら借りられないのに、借りられているのですから、交渉もろくにしていません。銀行員の言うがままの条件です。当然、金利は高く、担保・個人保証はびっちり取られています。

「経営者個人から回収すればいい」と融資を続ける銀行

このような会社は、今の経済環境が変わったらどうなるのでしょうか?

 

なぜ、そこまで貸すのか? 追及すると、見えてくることがあります。なかでも多いのが、経営者の個人資産を銀行がおさえこんでいる、という例です。

 

経営者が個人所有する土地・建物を担保にとる。経営者個人の預金を定期に入れさせて拘束する。このような状況に陥っているのです。銀行にすれば、会社の財務状況が悪くても、いざとなったら経営者個人から回収すればよい、として、会社への融資が行われているのです。

 

しかし、そのような会社の多くは、もうこれ以上借りられないくらい、借りています。長期を返すために短期を借りて、返済資金に充てたりしています。短期借入のコロガシで、生命維持装置が作動しているだけです。これは、安倍政権の金融緩和政策のもと、銀行に現預金がジャブジャブ入ってきているから、できていることです。

 

しかし、いつかその蛇口は締められてゆきます。そうなれば、「もう次回は短期での融資はできませんので」と銀行から告げられます。

 

となると、慌てて他の銀行へ出向きます。しかし、そこでも、「御社の財務状況では、融資はできかねます」となります。資金調達ができなくなるのです。資金調達ができなければ、返済ができません。返済できなければ、約定違反です。約定違反が起これば、銀行は即座に回収に入ります。押さえていた不動産や預金をすべて、債権回収に充当します。経営者は身ぐるみはがれた状態になります。事業どころではありません。当然、事業は破綻します。

 

さらに、経営者の家族内でもめごとが起こります。離婚や一家離散が発生します。経営者は行方知れずになります。あるいは、自ら命を絶つ経営者もいます。だから金融庁は、銀行が個人保証をとることで、経営者個人を路頭に迷わせるな、と、個人保証を禁止してるのです。

 

結局、財務体質にそぐわない、借り過ぎが原因なのです。借り過ぎでも約定書に印鑑を押し、破綻への道を自ら歩んでいるのです。行き過ぎた借入金を抱えることほど、こわいものはないのです。

→毎日読むのが楽しみ!「幻冬舎ゴールドオンライン」無料メルマガ登録はこちら​

 

 

幻冬舎ゴールドオンラインの主催・共催・協賛セミナーをいち早くお届けする、

LINE@アカウントを始めました!お友達登録はこちらからお願いします。

 

友だち追加

 

株式会社アイ・シー・オーコンサルティング 代表取締役

昭和40年 大阪府生まれ。

平成元年 関西大学卒業後、兵庫県の中堅洋菓子メーカーに入社。経理、総務、人事、生産管理、工程管理、広報など、主たる管理部門で実力を発揮。

平成17年 株式会社アイ・シー・オーコンサルティングに加わり、経営指導業務を開始する。
以降、長年の現場実務経験と、師匠である井上和弘(アイ・シー・オーコンサルティング会長)の《井上式経営術》を武器に、日々、中小企業の黒子としての経営指導に邁進している。

指導実績:財務改善、税務・銀行対策、労務問題改善、経営企画、管理会計、IT・システム化、事業承継など。
また、日本経営合理化協会主催「後継社長塾」(塾長:井上和弘)、に塾長補佐として参加し、後継社長の育成にも尽力している。

著者紹介

連載経営者必読!融資を勝ち取る銀行交渉術

本連載は、株式会社アイ・シー・オーコンサルティングの代表取締役・古山喜章氏のブログ『ICO 経営道場』から抜粋・再編集したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。ブログはこちらから⇒http://icoconsul.cocolog-nifty.com/blog/

経営者の財務力を一気に アップさせる本〔補訂版〕

経営者の財務力を一気に アップさせる本〔補訂版〕

古山 喜章,井上 和弘

東峰書房

数字が苦手な人にこそ読んで欲しい! 本書では、会社経営にまつわる数字を読み解き財務力をアップさせる方法を解説します。数字が苦手だからこそとことんわかりやすく理解する方法を見出した筆者。そのノウハウをお伝えし、経…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧