本業以外でもボロ儲け!現役医師による「ビジネス」の成功例

今回は、現役医師による医業関連ビジネスの成功例を見ていきます。※医師を取り巻くキャリア環境が激変しています。医局に頼ってきた従来とは異なり、自らキャリアを形成し、開業医を目指す医師が増えているのです。しかし、安易な開業が取り返しのつかない失敗を招く場合もあります。本連載では、開業医を志す医師に向け、開業を成功に導くポイントと、開業を磐石なものにする資産形成の方法を解説します。

「医師向けコミュニティサイト」で東証マザーズに上場

近年では本業の医業と関連しつつ、医業とは別のビジネスで起業を目指す医師も増えています。

 

たとえば、医師向けコミュニティサイトを立ち上げ、2014年に東証マザーズに上場した「メドピア株式会社」のCEO、石見陽さんもその一人です。石見さんは東京女子医大の循環器内科に勤務し、心臓のカテーテルの専門家を目指していたそうです。

 

しかし、2001年に起きた東京女子医大事件によって特定機能病院という区分が剥奪され、そもそも患者がいない状態になってしまったといいます。

 

そこで石見さんは、空いた時間を利用して異業種交流会に参加。サイドビジネスで事業を始めてみようとスタートしたのが、医師に特化した人材送客ビジネスの「医局@人事」です。順調にビジネスを伸ばし、「mixi(ミクシィ)」の医師限定版のような形で「メドピア」のサービスを開始したそうです。

 

医師による起業の前例はほとんどありませんでしたが、それでも悩む医師たちをつなげようと、30歳で医師向けコミュニティサイト「メドピア」を開設したのです。現在では10万人の医師が登録する大型サイトへと成長しました。手術動画や薬剤情報などのコンテンツを無料で公開し、高い評判を得ているそうです。

 

将来は「医師と患者をつなげる」ことを目標に、遠隔診療などに商機を探っているといいます。

 

一方、木畑宏一さんは臨床医を2年間勤めた後、マッキンゼーへ転職。その後、MBAを取得し、投資ファンド会社の勤務などを経て起業したのが、医師の実名による医療情報サイトを運営する「メディカルノート」です。『家庭の医学』のような確かな情報をインターネットで調べられるように900人の医師に記事の監修を依頼し、情報の信憑性の高さから、医療界で幅広い信頼を得ているサービスです。

 

木畑さんが起業した理由は、「医師が患者に伝えるべき情報を十分に伝えられていない」という問題意識があったといいます。そんな思いで始めた患者向け情報発信のNPO活動が、現在のビジネスにつながっているそうです。

 

多くの患者に支持されるだけでなく、医師たちからの信頼も厚い。今後は起業で得た人脈やノウハウを活用して、医療事業継承ビジネスや医療相談サービスのアプリ開発にも力を注いでいくそうです。

業務の幅に制限のない「株式会社」で自己実現を果たす

上場を果たした「メドピア」や医療界から幅広い信頼を得ている「メディカルノート」といった大規模な会社だけではなく、最近は株式会社を設立して自己実現のためのビジネスを起こしている医師が増えており、私の会社への相談も来ています。

 

医療法人は業務の幅に制限が多いのですが、一般の株式会社であれば制限はされません。その魅力を感じて、自己実現を株式会社で行う医師が少なくありません。

 

たとえば、梅酒やサプリメントで世界を救いたいという思いから、メディカルサービス(MS)法人で医療と連携した食品卸販売会社をつくった医師もいました。一方でニッチなマーケットを狙う健診の出張サービスを行う株式会社を設立している医師もいます。

女性医師が目指したビジネスチャンス

女性医師の中にも医師業だけでなく、新たなビジネスチャンスを目指して活動している医師がいます。たとえば、ある病院で働きながら起業を目指している女性医師は、女性医師同士のコミュニティづくりにビジネスチャンスを見出していらっしゃるようです。

 

女性医師のコミュニティをつくろうと思ったのは、女性医師として仕事のしづらさや生きにくさを感じていたということだそうです。患者さんや家族のために頑張っている女性医師が出会いと学びを得られる場所を目指してサービスを検討しているそうです。

 

このように本業の傍ら、起業を目指す医師が増加しているわけですが、そのような時にもいざという時、収入を補填してくれるような資産があれば心強いでしょう。

 

 

藤城 健作

ウェルス・コンサルティング株式会社 代表取締役社長

 

→毎日読むのが楽しみ!「幻冬舎ゴールドオンライン」無料メルマガ登録はこちら​

 

 

幻冬舎ゴールドオンラインの主催・共催・協賛セミナーをいち早くお届けする、

LINE@アカウントを始めました!お友達登録はこちらからお願いします。

 

友だち追加

 

ウェルス・コンサルティング株式会社 代表取締役社長

千葉県出身。不動産デベロッパー、経営コンサルティングファームを経て、2009年4月ウェルス・コンサルティング株式会社を設立し、代表取締役に就任。
相続・事業承継問題を円滑に解決するための「日本相続研究所」、医師監修の医療メディア「DocReco」、クリニック経営を教える「開業会議」など、主に医師に向けた多様なサービスを展開する。
会計士や行政書士などの専門職をチームとしてまとめ上げるプロデュース力が高く評価され、多くの勤務医や開業医などを顧客に持っている。

著者紹介

連載勤務医の「キャリア&資産形成」戦略

勤務医の「キャリア&資産形成」戦略

勤務医の「キャリア&資産形成」戦略

藤城 健作

幻冬舎メディアコンサルティング

医局の影響力が弱まった、新研修医制度の施行ーー以降、医師のキャリアを取り巻く環境が激変しています。本書では、勤務医が今後のキャリアを考えるために役立つ情報を提供するとともに、著者の豊富なコンサルティング事例から…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧